秋田の酒 ど辛 純米で晩酌 肉玉子炒め、じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし。

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 家飯, 食べること ,

ど辛 純米

今日は忘れずに酒屋に寄って帰宅。

酒屋で店頭の入荷情報貼り紙を見ると、秋田の酒のがちらほら入っているようで。

おお、ということは、勝手に日本酒全国ツアー、東北エリアコンプリート!

私が何を成し遂げたわけでもないのに、なんとなく達成感。コレクターの人の気持ちが少しわかった気がしたのでした。

ど辛 純米(秋田県・山本郡)

ど辛純米

以前「ど」の活性にごりを手に取りかけて別の酒を選んだことがあって、気になっていた銘柄。「ど辛」というネーミングに辛口派としてはかなり惹かれます。

参考 商品一覧(白瀑・山本合名会社)

平成20年に当社で発見された蔵付き分離「セクスィー山本酵母」で仕込みました。「セクスィー」で失笑した方には天罰が下ると思います。

笑ったりしませんが、セクスィーと命名された意図は知りたいです。

まずは冷たいまま一口。
いきなりピリピリとした酸味が押し寄せてきて???と驚く。こういうアプローチでくるとは思っていなかったのでえええ、なんだこれ?というのが最初の感想。そしてしっかりと辛く飲み干した後のキレがすごい。あー、これは好きだ。燗もつけてみたけれど、冷たいほうが好みかも。辛口の酒でゆっくり晩酌したい派のお気に入りになりそうな1本です。今度にごりも試してみるかな。

ど辛 純米 データ

蔵元 山本合名会社(秋田県・山本郡)
種類 純米
精米歩合 めんこいな 65%
日本酒度  +15
酸度  –
アルコール度  15%

タアサイと豚肉の酒蒸しで家飲み

肉玉子炒め

  • 奈良漬
  • 味噌汁
  • 大根のサラダ
  • じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし
  • 肉玉子炒め

大根のサラダ

大根のサラダ

千切り大根に塩昆布、鰹節を合わせて少量のオリーブオイルとポン酢で和えたサラダ。

じゃがいもとにんじんのごま塩まぶし

じゃがいもごま塩まぶし

じゃがいもとにんじんを柔らかく茹でて熱いうちにいりごまと塩をまぶしたもの。

肉玉子炒め

肉玉子炒め

塩を加えたとき卵をふんわり焼いて取り出しておきます。フライパンに太白ごま油と千切り生姜を入れて香りがたったら塩、胡椒、酒、片栗粉で下味をつけた豚薄切り肉を加え、色が変わったところでタアサイを投入し鶏ガラズープを加えさっと火を通します。酒、醤油で調味し水溶き片栗粉でとろみをつけたら焼いた卵を戻し入れごま油で香りづけして完成。

後は残り物の味噌汁と漬物。

せっかく酒を買って帰ったのになんともちぐはぐな献立になってしまいました。それもこれも、最後まで卵炒めにするか、タアサイの卵あんかけにするか迷っていたからに他なりません。まあどっちにしても大した変わりはないんですけども。

家飲みブログ

日々ちまちまと違う銘柄の日本酒を飲み続けている成果か、なんとなく自分の好みとか傾向がわかるようになりつつあります。継続は力なり、ってまるで努力の賜物のような言い草ですが、単に呑みたいから呑んでるだけですね。

この酒にはこのつまみ、とドンピシャ合わせる繊細な技に踏み込むにはまだまだ修行も酒量も足りませんが、健康な限りは飽きそうもないこの日本酒ツアー、まだまだ続けたいと思います。




関連記事

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ。

しつこくも塩もみ野菜の話。レッドキャベツの使い道をいろいろ試しています。 休肝日ごはん

記事を読む

焼きかぶのトマト和え

焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。 焼きかぶのトマト和え、

記事を読む

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

きのこ鍋

鍋で家飲み きのこ鍋。

いやー、こう寒くちゃもう朝から鍋のことしか考えられない。 早々に手を出すと真冬に耐えら

記事を読む

秋鮭とじゃがいものグラタン

秋鮭とじゃがいものグラタンで白ワイン。

ワンパターン、とまではいかないけれど、スリーパターンくらいしかないじゃないですか、うちの晩

記事を読む

鶏出汁春雨

鶏出汁春雨、蕪の梅サラダで家飲み。

先日作った蒸し鶏の副産物、鶏スープでたっぷりの野菜を煮て1品。 と思っていたのに、出来上が

記事を読む

休肝日の献立 せりの味噌汁

休肝日ごはん 小松菜の納豆和え、せりと揚げの味噌汁献立。

週の初めは休肝日。かつては 「酒が飲めないならごはんも食べたくない」 などと恐ろ

記事を読む

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え

キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒い。 菜の花の出現にもう

記事を読む

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。 毎度おなじみ肉

記事を読む

満寿泉純米

富山の酒 満寿泉 純米で晩酌 砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダ。

ここのところ東を攻めていたのですが。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 関東勢で残る

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑