少ない服の着まわし、失われた季節感。

公開日: : ファッション, ミニマルライフ

ツイードジャケットコーデ

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。
東京はここしばらく、やけに肌寒い朝が続いています。午前6時には家を出る朝型人間にとっては寒すぎる夏。

激しい朝活女子の真実。

この時期の18度あたりって、案外ヒヤッとするものですね。おまけにやっぱり、室内も寒い。

防寒一辺倒の真冬は別として、ここのところ春〜秋のファッションの変化が少なくなってました。手持ちの服が減った事の他に、夏が寒い事も大きな要因ではあります。

寒すぎる夏、汗だくの彼

charge_cafe

室内の寒さに関しては度々不平不満を訴えており、今更改めて述べるまでもありませんが、ひんやりとした5月並みの今、なぜに室内の温度設定は平年並みに保たれているのか不思議でなりません。節電意識はどこへ行ったのだ。

強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

ところで最近新たに常用を開始したカフェがあって、同時間にやってくる常連客の顔ぶれをほぼ覚えたのだけれど、そのうちの一人が、いつ見ても汗だくなんです。

毎朝今まさにサウナから出てきたかのような発汗っぷりで、一介のサラリーマンが日常携帯するにはややオーバーサイズと思われるハンドタオルを首に巻きつけ、シャツの前を大きくはだけながら、ふうふうと息を切らして汗を拭く。なんなら、靴も脱いで素足までもタオルで拭っている。

息切れの様子からすると、ランニング…?と思えなくもないがしかし、服装はシャツにスラックスに革靴と至ってノーマルな通勤スタイルゆえ、通勤前のエクササイズ、というわけではなさそう。いや、もしかしたら毎朝ギリギリに家を出てランなしでは立ち行かないスケジュールになっているのか。しかし、それならカフェでのんびりモーニングタイムを設けるのは無理がある。

少ない服の着まわし、失われた季節感

ストール

理由はわかりませんが、彼にとってはこのひんやりとした店内は天国なのかしら。いや、その状態からの急冷は、体に負担が大きかろう。エアコン直下で涼んでいる場合ではないよお父さん、と、大きなお世話が頭を過ったり過ぎらなかったりします。

なんだっけ。

そう、私には寒すぎるけど、他の誰かにとっては快適なのであろう室内温度。しからば私は自己防衛にて調整するしかありません。

夏らしい暑さが戻ってきたら、さすがにジャケット類はお役御免。しかしこの夏も大判ストールは常に携帯し、基本は靴下履きの靴を選び、さっと羽織れるカーディガン類をヘビーローテーションすることでしょう。

無地のストール一枚で魅せるマダムの威力。

で、これって春・秋とあんまり変わらない。せめてオフの日くらいは肩出しのワンピースにギョサンなど、浮かれた夏の装いでほっつき歩きたいものですが、さて梅雨明けはいつですか。

これまでの服が似合わなくなったら。 「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える!




関連記事

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

今日捨てたもの 8/5 大切な人にしてあげたいこと。

By: Arian Zwegers[/caption] 引越しをきっかけに大量のものを処分した去

記事を読む

今日捨てたもの 捨てて壊してストレス発散。

By: Alan O'Rourke[/caption] 身長、体重、年収に貯蓄。はたまた服や

記事を読む

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないこと

記事を読む

必要なもの、いらないものは変わり続ける。

ニューヨーク滞在中、7thアヴェニューを散策していてふと気づく。 あ、そうだ、確かこの

記事を読む

JALプレミアムエコノミーラウンジ

鞄ひとつで旅に出たい。

出かける機会のないまま過ぎ去りそうな2017年前半戦。 後半には2回くらいは遠出したい

記事を読む

服を減らして旅から手ぶらで戻るには。

旅の荷物を減らすポイントは洋服類と化粧品類。この2点に全てがかかっていると言ってもいいでしょ

記事を読む

カメラ、携帯、家電…買ったものの箱は瞬時に捨て去る。

新しいレンズが届いてすっかりご機嫌な私ですが、レンズを本体にセットしてふと思いました。 新しく

記事を読む

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(春)。

By: torbakhopper[/caption] しばらく家を空けるので昨日で生ものはキ

記事を読む

春への衣替え、ペラペラ布団と花粉症。

冬から春への衣替え儀式。去年はいつ頃だったかしらと振り返ってみれば、もうちょい先だったみたい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑