トマトとエシャロットの炒めもの、レタスとのりのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

トマトとエシャロットの炒めもの献立

生まれて初めて入手したエシャロットが旨かったので、再び購入。

京都の酒 玉乃光 純米吟醸 28Pf Summerで晩酌塩鶏と大根のスープ煮

バカのひとつ覚えよろしく、塩昆布和えで食べるつもりだったのだけど、調理直前になって謎の方向転換をしてしまいました。

いかようにも組み合わせられる食材が揃っている日は、どうも迷走パターンに陥りがちです。

トマトとエシャロットの炒めもの、レタスとのりのサラダで晩酌

トマトとエシャロットの炒めもの献立

  • 豆腐とねぎの味噌汁
  • レタスとのりのサラダ
  • きんぴらごぼう
  • トマトとエシャロットの炒めもの

豆腐とねぎの味噌汁

豆腐とねぎの味噌汁

もめん豆腐と白ねぎのごく普通の味噌汁。出汁はいりこ。

レタスとのりのサラダ

レタスとのりのサラダ

ちいさくちぎったレタスに太白ごま油をからめてからしょうゆをかけ、仕上げにちぎったのりを散らします。

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう

ささがきにしたごぼうと小口に切った唐辛子をごま油で炒めます。みりん、酒、しょうゆで味付けして水分を飛ばすようにさらに炒め、最後にすりごまを加えます。これまたごく普通のきんぴらは、別日に作ったものの残りもの。

トマトとエシャロットの炒めもの

トマトとエシャロットの炒めもの

フライパンに油をひき、塩、胡椒で下味をつけた豚ひき肉と薄切りにしたエシャロットを炒めます。火が通ったところにくし型に切ったトマトを投入、ざっと炒め合わせたら塩、酒、ごま油で味を整えます。

冒頭でいかようにも組み合わせられる食材が揃っている、といったのは、当初豆腐とトマトの炒めものを作る予定だったから。それがなぜか豆腐は味噌汁に、トマトはエシャロットの相方に。トマトの味噌汁と豆腐とひき肉の炒めもの、というパターンも考えられます。迷う。

日本酒にあうおつまみレシピ

迷った挙句に炒められたエシャロット。これはこれでアリだけど酒のアテにするならば、やはり生でいくのがいいのかな。炒めると独特の辛味が消え失せてすっかりマイルドになっておりました。

そして久しぶりに一玉買い求めたレタスは、しょうゆ味のサラダにして食む。この食べ方を知ったのはもう何十年も前のこと、確か有元葉子さんのレシピ本だったように記憶しています。

こういう食べ方ってシンプルだけど妙に旨くて、小玉レタスまるごといけちゃうんじゃなかろうかと思ってしまいますね。さすがにそれはしませんけどね。

 




関連記事

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その6. 池上駅 全美行 池上鐵路月台便當。

台湾を鉄道でぐるっと一周しながら各地の駅弁を堪能する旅もそろそろ終盤。 これまでは出発

記事を読む

ピーマンと卵の炒めもの

ピーマンと卵の炒めもの、たぬき豆腐献立。

「むじなそば」なるものの存在を知ったのは割と最近のことです。 油揚げと天かすが両方入っ

記事を読む

コンビーフと春キャベツのパスタ

春キャベツとコンビーフのパスタ、水菜とトマトのサラダ。

コンビーフ、久しぶりに食べました。またまたいただきものです。 コンビーフといえばあの特

記事を読む

豆腐の卵とじ、アンチョビかぼちゃなど5品で晩酌。

キッチンで晩ごはん準備をしている途中のこと。 窓から圧倒的な夕焼けが見えたので急いで部

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 8/7 きくらげときゅうりの酢の物。

暑いときには体を冷やす食材を積極的に採って体内コントロールするとか、不便な時代を生きた方の知恵っ

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献立。

しっかりとした肉をモリモリいきたい。そんな気分の時は結構な確率で鶏むね肉を選びます。

記事を読む

半熟茹で卵の上手な作り方 8/20 半熟煮卵の晩酌おつまみ。

今日は朝一で健康診断。 よって、昨夜は早めに夕食を済ませ、当然今朝は朝食抜き。

記事を読む

アジアンチキン

家飲みおつまみ ナンプラー手羽焼き、きのこおろし。

いやあ、日中は暑いくらいでしたね。 陽気に浮かれ、さらに日本酒のストックが切れそうだっ

記事を読む

家呑み献立 9/9 塩豚、キャベツ、セロリ、きのこ、豆腐で酒肴。

昨日はスープで簡単に済ませてしまったので、今日は通常モードであれこれつまもうと決めていました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑