ものがなく、いつでも動ける身軽な人。

deskcafetime

ペーパーレス化がぐいぐい進んだことも理由でしょうか。フリーアドレスを採用するオフィスがかなり増えてきたように感じます。

フリーアドレス、自由な住所。つまり、自席が固定されておらず、日によってワークスペースを変えられるという、アレです。

パソコンさえあれば一通りの仕事は可能な人も多い今。フリーアドレスやリモートワークが進むのは当然のことと言えましょう。

が、それなりの規模の企業がフリーアドレス化するには、それなりの苦労があるようです。

ものがなく、いつでも動ける身軽な人

Taichung-hotel-10

すっかり定着したように感じるこのワークスタイル、実は30年前にも一度ブームがあったのですね。

フリーアドレスとは?メリット・デメリットと他社事例に学ぶ成功ポイント(あしたのオフィス)

最初に流行ったのは1980年代後半から1990年代です。携帯電話は普及しておらず、コンピューターも持ち運びが不便なものばかりの時代です。フリーアドレスを進めるにも、こういった技術面が十分ではなかったことが、定着しなかった大きな要因のひとつです。

確かに、ちょっと早すぎた感はある。ノートパソコンやスマホの存在がある今だからこそ、うろうろできるというものでしょう。

それでもフリーアドレス化に向けて、必ず立ちはだかるであろう、荷物問題。

デスクの上がいつもキレイに片付いている人、ほとんどものを置かない人、書類の山が年々高くなっていく人、そして職場を自宅化する人など、ワークスペースの使い方は人それぞれ。オフィスは共用スペースゆえ、視覚的にはすっきりした使い方が好まれるのでしょうが、それでは落ち着かない、仕事が捗らない人というのも一定数存在します。

特に「書類の山」の人は、山の中から必要なものを器用に取り出す能力に長けていることから、山あってこそのデスク、なのでしょう。無造作に積まれているように見えて、意味ある山なのだなと感心する。

一方、オフィスで敬遠されがちなのは「自宅化」でしょうか。デスク周りに私物やお気に入りのキャラクターグッズなどを散りばめ、さながら自室のような設えを演出。ラブリーなピンクのひざ掛けやぬいぐるみなどの存在から、ああここは若い女性の席なんだな、と一目でわかることもままあります。

とはいえ、これは若い女性に限ったことではない。椅子にものすごく強そうなイボイボのいっぱいついた背もたれとか、しっとりと尻が沈む高機能クッションなどを設置している健康グッズ傾倒おじさんもいることから、方向性は異なれど、年齢性別問わずある傾向かと思われます。

ものがなく、いつでも動ける身軽な人

moooncafe

フリーアドレスを採用しているオフィスが荷物問題対策として、仕事周りのあれこれを効率よく収納できる個人ロッカーや、それらを簡単に持ち運べるお揃いのバスケットを完備している、と紹介されているのを見たことがあります。

確かに、ちょっとしたもの、例えば筆記用具とかファイルとか、そういうものをバスケットに入れておけば、バスケットとパソコンを持ち運ぶだけで簡単に別の席に移ることができ、見た目もよい。単純な対策ながらへえ、と思ったのでした。

そもそも会社員じゃない私はフリーアドレスオフィスにも、リモートワークにも縁がなく、人生丸ごとフリーアドレス状態。が、クライアント企業オフィスで過ごす時間もあり、その際はデスクもパソコンも使わせていただいている。もちろん、借りぐらしの身なので、デスクには何も置かないし、置きたいものも、置くべきものもない。

ものがなく、いつでも動ける身軽な人。という意味では、それなりに現代的な働き方をしているのだろうし、ロケーションに依存せず仕事ができるっていいよね派の私は、このやり方に特に不満はない。けれど、どこでも仕事できるからこそ働き方が改革どころか退化している面もある。

どこにいても仕事はできる。

コミュニケーション活性化だの、省スペース化だのと、利点も多いフリーアドレスだけれど「自宅化」によって落ち着きが得られ、パフォーマンスも上がる人にとっては厄介な風潮なのではなかろうか。

職場の自宅化って、趣味が違えば違うほど周りは迷惑を被るんだけど、こだわりの強さがそうさせるのだと思うと、なんだか羨ましくもある。

モノがなく、愛もない部屋で。

こだわらないからこそ身軽でいつでも動けるんだけど、何に対しても一切こだわらないってのもどうなんだと。

つまりはこういうのを「無い物ねだり」と言います。

組織にいながら、自由に働く




関連記事

今日捨てたもの 12/28 清々しく新年を迎える準備。

By: Nick Page[/caption] 久しぶりの「捨て記事」です。 年末は否

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

今日捨てたもの 7/22 思い出が詰まった愛車。

By: Tejvan Pettinger[/caption] 手持ちのものが随分少なくなった

記事を読む

タイニーハウスはいらないけれど。スマートサイジング 価値あるものを探す人生

「タイニーハウス」を知っていますか? タイニーハウスとは、その名の通り「小さな家」のこと。

記事を読む

積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連 先延ばしを片付けた達成感を味わ

記事を読む

服がない、おしゃれに無縁の1ヶ月。セブ日記 6

服がない。正確には、手元にない。 ここに到着して1週間と少し。すでにコーディネートはロ

記事を読む

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

40代のファッション

着ていない服がたくさんあるという幸せ。

ちょっとふわっとマイルドにしておいたほうが好都合、ではあるよね。「大人のおしゃれDo!&am

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑