仕事も、人生も。「常識からはみ出す生き方」。

公開日: : 最終更新日:2017/05/10 ミニマルライフ, 読書

manybooks

年末から暫く、頭の中が騒がしい気がしています。

その理由はあれこれやりたいことがあるおかげで、それらについてついつい考えてしまうから。

心配事があって眠れないとか体調が悪いといったことが原因ではなく、決して悪い状況ではないのですが、どうやら寝ている時にもずっと考え事をしているようで朝起きた時もいまいち思考が整理されていないように感じます。

うーん。ちょっと脳みそをクールダウンさせる必要があるな。



 

常識からはみ出す生き方

幸いにも、こうしてブログを書いている時や本を読んでいる時は「考え事」に頭を支配されずに済みます。
無の境地。
考え事しながら文章書けないし、読めないですからね。

というわけで暫くやや多めに本を読むつもりなのですが、人に勧められてたまたま読んだ本「常識からはみ出す生き方」に以前ここでも紹介した本が引用されていたので思わずシェア。

セレンディピティ。いや、単なる偶然ですが。

 

考え方を変えれば、可能性は無限だと実感できる。
「こんなものさ」と決めつける前に、自分には何ができるか、何がしたいか思い起こそう。「普通はこうだから」なんて無難な枠は、きれいさっぱり取り払おう。

タイトルから察するに世界一周に憧れる20代向けの本かなあと思っていたのですが、実際読んでみると著者のクリス・ギレボー氏の考え方に共感できる部分が多くありました。

というか、このテの本に「世界一周に憧れる20代向け」とレッテルを貼ってしまうところがイヤな感じですね。自由人のフリして、結構あたまカタいんじゃないの? 私も。

 

欲しいものだけに照準を合わせる人生

さて、本書の内容はざっくりいうと

「本当に自分が求めるものを知り、送りたい人生を手に入れよう」

というもの。

これ、まさに私自身の現在のテーマでもあるんですよね。
モノを持たない生活をしていることだって、移動をラクにしたいからという理由以外には「何が自分にとって必要なのかを確かめる」ためでもあるし。

と、読み進めているとやはり第3部にこんな章が。

いらないものを断つ習慣と豊かさの追求

  • 「不要なもの」を減らし「本質的なもの」を増やす
  • 不要なものをキッパリ断る習慣
  • TO-STOP-DOING(やめること)リスト
  • 100個のものだけで生活する
  • いますぐやめることができる義務やルーティン
  • 本当の豊かさの追求

 

あれ?これってミニマルライフ本だったの?
と思わず2度見するような見出し。

そして、この項目にピンと来た方。
そうです、この本で引用されているのは「100個チャレンジ 生きるために必要なモノは、そんなに多くない!」でした。

参考 モノを減らしても、残念ながら人生は変わりません。

あら、ひょんなところでお会いしましたね、という気分。
もちろん本書はノマドライフに関する本なので、持たない暮らしと全く無関係ではないのですが。

この中で今の私に必要なのは「TO-STOP-DOING(やめること)リスト」かもしれない。
特に必要じゃないのについつい時間を費やしているいくつかの習慣をやめれば、もっとクリアな頭で(起きている間に)「やりたいことについて考える」時間が捻出できるなあと。

いや、時間は今でも十分あるんですけどね。
私が使い方が下手なだけなんです。

そして共感したのは「過去の栄光を気持ちよく手放す」という項目。

君がこれまでにやってきたことは、たしかにすばらしい。だが、未来はもっとすばらしいはず。そちらに焦点をあわせよう。

過去の栄光、仕事の実績。
どんな経験も宝物だけど、それに縛られていては未来は開けないことを、私もよく知っています。

参考 思い出のモノを整理することで、昔の自分と対峙する。

うん、この項目はいいリマインダーでした。
騒がしい思考を分析してみると、過去のことを考えている時間も少なくない。

シンプルに暮らしているつもりでも、まだまだ頭や心に必要ないものを抱えているのかもしれないなあ。

モノを持たない暮らし

人に勧められるがままに何の前知識も持たずに読んだ本でしたが、2015年は再スタートするぞ、という気持ちにさせてくれる一冊となりました。

ガーっと集中して一気に読んで、そのままガーっとこの記事を書いたので、散らかった頭も少しはスッキリした、かな?

関連 活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

 




関連記事

By: Luis Marina

靴下が片方ない(怒)

By: Eden, Janine and Jim[/caption] 子供って生意気ですよね

記事を読む

door.min

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久しいですね。 2017年

記事を読む

By: Hide

3月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Hide[/caption] またまた月初の定例ポストです。 どんどんモノを減

記事を読む

nudeshoes

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならない

記事を読む

lightdenim

もう買わないデニムの話。

By: Robert Sheie[/caption] 毎月バカスカ服を買う生活を止めてから3

記事を読む

By: Steven S.

持たない暮らし、長く使えばいいというものでもない。

By: Steven S.[/caption] 毎日暑いので、ここのところ基本的に足元はギョ

記事を読む

By: Tammy Strobel

小さな暮らしも素敵だけど、大きな家ってやっぱりいいよね。

By: Shubert Ciencia[/caption] 子供の頃から「大きな家」に住むの

記事を読む

puccibag

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

By: Clemens v. Vogelsang

目に入るたびに捨てたくなる。

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] あーやっと捨てられた!

記事を読む

flag.min

「365日のシンプルライフ」を観た。(ネタバレなし)

先日取り上げた映画「365日のシンプルライフ」を観てきました。 >>参考

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

むね肉のにらだれ
むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

1905kakegawa_29
天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の

→もっと見る

PAGE TOP ↑