激しい朝活女子の真実。

公開日: : 最終更新日:2019/04/16 健康と美容, 生き方と考え方

Aurora Soho

某女性芸人の朝の過ごし方に密着している番組がありました。

チラ見だったのでどういう趣旨だったのかはよくわかりませんが、とにかく件の芸人は早朝から営業しているカフェでノートを広げてネタを考えるなどして2~3時間過ごす「朝活女子」だという話。

1日の始まりをいかに快適なものにするかにこだわり、朝食メニューはもちろんのこと、店内レイアウトや座席の座りごこちなど、細かいポイントをリサーチしたカフェリストを作っているのだとか。

あ、ちょっと気持ちわかるわ。朝って余裕が必要よね、と思いました。

激しい朝活女子の真実

daikanyama14

「朝活女子」という呼称についてはまあ置いておいて、私もここのところ朝活派です。それも、かなり激しめの。

何しろ、10時とか11時入りでいい仕事でも、7時には現地に着いている。その2~3時間どうしているのかといえば、カフェで朝食をとっているのです。さすがにネタ帳はつけてないけれど、原稿書いたりはする。いや、それ普通に仕事だから「朝活」とはちょっと違うかもだけどとにかく、朝は早い。

これは私が最近になって夜型から朝型に移行したことや、ラッシュアワーに電車に乗りたくないことなどが大きな要因なのだけど、最大のきっかけは何だっけ?

朝活出発点についてさらに深掘りして考えてみると、もっと決定的な原因に思い当たりました。身も蓋もない話で恐縮ですが、トイレです。

目的地になるべく早く到達したい理由

益子駅 トイレ

同じ朝の時間を過ごすなら、自宅のほうが何かと好都合ではあります。朝食メニューのバリエーションだって、広げるも固定するも自分次第で容易に叶う。

しかし、それでも外に出てしまうのは満員電車の問題だけではなく、トイレ事情が大きい。

朝、コーヒー飲んだり、ごはん食べたりしたら、おいでになるじゃないですか。いや、むしろそのための朝食じゃないですか。腸の活発さには自信アリなので、通常は食後数分以内に気配を感じるのだけど、私とて生身の人間ですから、そうともいかない日だってある。

それが、怖いのですよ。

あれ、今日はタイミングが遅めだな。まあ仕方ない、では行ってきます。と、涼しい顔して満員電車に突入する勇気が私にはない。もしも途中であの人がやってきたら? ギリギリの時間に電車乗ってたら、途中下車でもうアウト、遅刻は確定。そうでなくても駅ホームにトイレなんてないし、階段上り下りしてたら結構な時間食っちゃうし、遅刻云々以前の大惨事になる恐れだってはらんでいる。

毎日、毎朝、そんなスリルとサスペンスを? 無理だ、私にはできない。日々を平和に無事に過ごすために、毎朝やってくるお客人を心静かに送り出すための時間と場所と余裕が絶対的に必要だ。絶対に。

すっかり朝型生活が板につき、おかげで時間を有効に活用し、多少生産性も上がったとは思います。

活動時間を増やす 自分に最適な睡眠時間を知る方法。

しかし、最大のきっかけと目的は、トイレット。これが激しい朝活女子の真実です。

やたらと朝早い人ってこのパターン多いんじゃないかと思うんですが、どうでしょう。それともみなさんお腹の急降下に案外お強いのかしらん。

素焼きアーモンドの威力に驚いた話




関連記事

年を取ると涙もろくなる理由とは。

By: Lindsey Turner[/caption] 一般的に 「歳を取ると涙もろくなる」

記事を読む

こんなことをしていて私の人生は大丈夫なのだろうか装置。

海の日がそうでしたけど、平日が祝日で休みになると、普段とは違う景色を見ることになりますよね。

記事を読む

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

直接的じゃなく誰かとか何かを伝って欲しい答えがやってくる、みたいなのありますよね。 ふと開

記事を読む

復活の狼煙 動くべきか、動かざるべきか。

2週間ぶりの復活です。 激しく踊っても崩れないベースメイクと気温問題。 またまた

記事を読む

複数のコミュニティに参加することの重要性。

コミュニティ。 そう表現するのはいささか大げさな気もしますが、全然違う生き方や考え方を

記事を読む

大人のジュエリーは年齢を強調するアイテム論。

By: Roderick Eime[/caption] おしゃれな人の旅支度、という見出しが

記事を読む

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

音声入力で「自分の人生ロクでもないことばかり」をなくす方法。

音声入力に初めてチャレンジしてみました。昨日書いた記事がそうです。 才能に頼らない方法 正しさとパ

記事を読む

リライズ

暫定首位を獲得した白髪対策と次の一手。

夏の終わり頃に使い始めたヘアマニキュア、「カラーアゲインプラス」を1本使い終わりました。

記事を読む

積み重ね、積み減らす。2019年やることリスト。

今年の目標を紙に書き出して壁に貼り付けておく。そんな受験生方式を取り入れて、早3年目となりま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑