70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

公開日: : ミニマルライフ

kobe_18aw

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

前回の登場は今年の正月帰省だったので、約8ヶ月ぶりですね。

まもなく大台を迎える我が両親。ここ数年は夏と冬の年2回の帰省でご機嫌を伺うようにしておりますが、元気でいるか、変わったところはないか、会う前は毎回緊張が走ります。

両親の暮らしぶりに、ホッとする

本人たちも常々

「家の中が散らかっていたり、掃除が行き届いていなかったら、『いよいよきたか』と思え」

と言っています。それくらい、両親宅は常に整理整頓され、美しく整えられている。

そもそももの自体が少なく、使ったものをそのまま放置するという文化が存在せず、すべてがいつも定位置に収まっている。また、洗面所の鏡や窓ガラスが汚れていることはまずないし、ゴミが溜まっていることも、冷蔵庫に食材がみっちり詰まっていることもない。

ただし、絶望的にセンスがない。スッキリきれいではあるけれど、おしゃれではない。ヘンなピエロの置物とか飾りたがるし、見ている側が不安になるような毒々しい花柄のシャツや、どこで買ったのか問いただすのも怖いデザインのサングラスを嬉々として着用する。それが、我が両親なのであります。

70代ミニマリスト主婦のファッション。

2019年の夏も、彼らの暮らしに変化なし。父の部屋が少し模様替えされていて、棚がひとつ空になっていた以外に、大きな動きはありませんでした。母はまだまだ、ものを減らしたいらしいけれど。

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活

mother_t

私が神戸の両親宅に到着した翌朝、父は掃除当番だかなんだかで、早い時間から出かけていきました。その日の夜もまた、ご近所さんから

「郵便再配達の電話申し込み方法がわからない」

という電話があり、馳せ参じる世話焼きな父。

相変わらず、自治会行事をはじめとするご近所づきあい全般は、父の担当となっています。

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

一方で、ご近所さんとも古い友人知人とも、なんなら親戚や娘とも必要最低限の付き合いしかしない母。もともと社交性がなく一人静かに過ごす時間を好む性質なので、一切合切の面倒を父に押し付けられる今の生活はとてもたのしいと語る一方で

「セレブ生活も、ラクじゃないのよ」

と大真面目な顔で言う。

曰く、母自身は毎日静かに過ごしたいと考えているが、ちょっと外を歩けば見知らぬ人に声をかけられ、いつものスーパーで買い物をしていると、店員さんがこぞって挨拶にやってくる。つまり、

「みんな私と話したがるから、それなりに相手しなくちゃいけなくて、大変」

ということのようです。変わらぬマドンナ体質に安堵するものの、母にとってセレブの定義とは。

ミニマリスト主婦の退屈な毎日。

しかし母のようなちょっとアレなタイプって、判断に困りますね。

70代老夫婦のシンプルライフ

sumasui_1709_25

部屋はいつも通りキレイでホッとしたけれど、父は前回帰省した時より足元がおぼつかなくなっていました。

筋力が低下したのか、歩く速度が遅く、ちょっとよろけたりもする。すぐに自転車に乗りたがるのも、そういう事情があるからなのでしょう。

元来活動的で体力に自信ありだった父の変化。娘としてはやはりショックだけれど、80歳なんて何があってもおかしくはない年齢。相変わらず真っ黒に日焼けしてはいても、高齢者なんだよなあと実感せざるを得ません。

老いていくってこういうこと。

一方で、厄介なのが母。

セレブらしく未だにパンプスを履きこなし、背筋もしゃんと伸ばしてちゃかちゃか歩けているけれど、元がこういう人だからこそ、変化に気づき難いだろうな。若い頃からまともな発言をしているところを見たことがないので、痴呆の症状が出ていてもわからない可能性大。

そういや「子育てとばして介護かよ」の作者さんも当初、ご両親の変化をそれとは認識できず、ヘンなこと言うなあくらいしか思ってなかったと言っていたっけ。

なんにせよ、センス皆無な老夫婦のシンプルライフが、この先もおだやかなものでありますように。

「正月はまた、鍋で飲もうよ。それまではとりあえず、生きといて」

鍋ものが大好物で酒飲みの父と、料理が嫌いな母と、次の約束を交わす。すっかりレギュラー化しているミニマリスト主婦シリーズ、長く続くといいね。

 




関連記事

今日捨てたもの 8/26 一度も履かなかったchloeのサンダル。

今月行ってきた 「毎日一捨キャンペーン(?)」 も残り1週間を切りました。

記事を読む

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

荷物の少ない旅。スーツケースは不要?

By: MIKI Yoshihito[/caption] 今回の旅では初めてLCC(Low

記事を読む

5月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Sam Howzit[/caption] またまた定例ポストです。 毎月決まったこ

記事を読む

持たない暮らし。引越し費用は安くつく?

先日現在所有している一番大きなものは何かについて書きました。 参考 持ち物の中で、一番

記事を読む

洋服の収納がぐちゃぐちゃ、でも問題は先送り。

By: Floodwall Project[/caption] 私がモノを減らしているのは身

記事を読む

今日捨てたもの 冬に向けての衣替え。

By: Vincent Anderlucci[/caption] 明日からいよいよ12月で冬

記事を読む

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました

記事を読む

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

お正月は帰省して両親宅で過ごすと決めているので2016年もいつもと同じような年明けを迎えまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑