70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

公開日: : ミニマルライフ

kobe_18aw

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

前回の登場は今年の正月帰省だったので、約8ヶ月ぶりですね。

まもなく大台を迎える我が両親。ここ数年は夏と冬の年2回の帰省でご機嫌を伺うようにしておりますが、元気でいるか、変わったところはないか、会う前は毎回緊張が走ります。

両親の暮らしぶりに、ホッとする

本人たちも常々

「家の中が散らかっていたり、掃除が行き届いていなかったら、『いよいよきたか』と思え」

と言っています。それくらい、両親宅は常に整理整頓され、美しく整えられている。

そもそももの自体が少なく、使ったものをそのまま放置するという文化が存在せず、すべてがいつも定位置に収まっている。また、洗面所の鏡や窓ガラスが汚れていることはまずないし、ゴミが溜まっていることも、冷蔵庫に食材がみっちり詰まっていることもない。

ただし、絶望的にセンスがない。スッキリきれいではあるけれど、おしゃれではない。ヘンなピエロの置物とか飾りたがるし、見ている側が不安になるような毒々しい花柄のシャツや、どこで買ったのか問いただすのも怖いデザインのサングラスを嬉々として着用する。それが、我が両親なのであります。

70代ミニマリスト主婦のファッション。

2019年の夏も、彼らの暮らしに変化なし。父の部屋が少し模様替えされていて、棚がひとつ空になっていた以外に、大きな動きはありませんでした。母はまだまだ、ものを減らしたいらしいけれど。

70代ミニマリスト主婦のセレブ生活

mother_t

私が神戸の両親宅に到着した翌朝、父は掃除当番だかなんだかで、早い時間から出かけていきました。その日の夜もまた、ご近所さんから

「郵便再配達の電話申し込み方法がわからない」

という電話があり、馳せ参じる世話焼きな父。

相変わらず、自治会行事をはじめとするご近所づきあい全般は、父の担当となっています。

70代ミニマリスト主婦の年明け ’17。

一方で、ご近所さんとも古い友人知人とも、なんなら親戚や娘とも必要最低限の付き合いしかしない母。もともと社交性がなく一人静かに過ごす時間を好む性質なので、一切合切の面倒を父に押し付けられる今の生活はとてもたのしいと語る一方で

「セレブ生活も、ラクじゃないのよ」

と大真面目な顔で言う。

曰く、母自身は毎日静かに過ごしたいと考えているが、ちょっと外を歩けば見知らぬ人に声をかけられ、いつものスーパーで買い物をしていると、店員さんがこぞって挨拶にやってくる。つまり、

「みんな私と話したがるから、それなりに相手しなくちゃいけなくて、大変」

ということのようです。変わらぬマドンナ体質に安堵するものの、母にとってセレブの定義とは。

ミニマリスト主婦の退屈な毎日。

しかし母のようなちょっとアレなタイプって、判断に困りますね。

70代老夫婦のシンプルライフ

sumasui_1709_25

部屋はいつも通りキレイでホッとしたけれど、父は前回帰省した時より足元がおぼつかなくなっていました。

筋力が低下したのか、歩く速度が遅く、ちょっとよろけたりもする。すぐに自転車に乗りたがるのも、そういう事情があるからなのでしょう。

元来活動的で体力に自信ありだった父の変化。娘としてはやはりショックだけれど、80歳なんて何があってもおかしくはない年齢。相変わらず真っ黒に日焼けしてはいても、高齢者なんだよなあと実感せざるを得ません。

老いていくってこういうこと。

一方で、厄介なのが母。

セレブらしく未だにパンプスを履きこなし、背筋もしゃんと伸ばしてちゃかちゃか歩けているけれど、元がこういう人だからこそ、変化に気づき難いだろうな。若い頃からまともな発言をしているところを見たことがないので、痴呆の症状が出ていてもわからない可能性大。

そういや「子育てとばして介護かよ」の作者さんも当初、ご両親の変化をそれとは認識できず、ヘンなこと言うなあくらいしか思ってなかったと言っていたっけ。

なんにせよ、センス皆無な老夫婦のシンプルライフが、この先もおだやかなものでありますように。

「正月はまた、鍋で飲もうよ。それまではとりあえず、生きといて」

鍋ものが大好物で酒飲みの父と、料理が嫌いな母と、次の約束を交わす。すっかりレギュラー化しているミニマリスト主婦シリーズ、長く続くといいね。

 




関連記事

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(真夏)。

現在使っている冷蔵庫はシェアハウスに備え付けのミニ冷蔵庫。ビジネスホテルなんかについてるあれ

記事を読む

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

何を捨て、何を残すか。大切なのは数じゃない。

By: muha...[/caption] コンパクトカメラの修理にようやく着手した、と書き

記事を読む

ケチな人間が嫌いなタイプの無駄遣い。

月末までに済ませねばならない支払いがあったので、いつものようにオンラインバンキングで処理を試

記事を読む

宝物をいくつ持っているか。

By: Dave Fayram[/caption] 雨の日にはなんだか部屋の中が狭く思えてま

記事を読む

今日捨てたもの 2/12 10年選手。

By: asenat29[/caption] 飽きっぽい性格の癖に妙に物持ちがいいです。

記事を読む

荷物を減らして、おしゃれなんかしない冬。

そろそろ考えようかな、ということで。 関連 旅の荷物を減らすコツは、荷造り前のひと手間

記事を読む

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

田舎暮らしを検討したけど断念した理由。

根っから都会っ子の私は生まれてこの方都市部にしか住んだことがありません。 生まれも育ち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ごぼうの甘辛炒め
大きさで解決できる問題がある。

どっしりと太いごぼうをこれまたどっしりと大きめに切って、こっ

100均に寄り付かない人間がまとめ買いしたもの。

ものを増やさずにシンプルに暮らしたい。そう考える人にとって、

納豆チーズオムレツ
納豆チーズオムレツ、なめこおろし献立。

居酒屋で見かけるとつい頼んでしまいたくなる地味メニュー、納豆

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

→もっと見る

PAGE TOP ↑