老いていくってこういうこと。

公開日: : 生き方と考え方

sugamo2_25

神田駅のホームで、ご老人がじっとこちらを見ている。

何か困ったことでもあるのだろうかと近づくと「アラキ」に行きたいのだとおっしゃる。

アラキ、ですか。

巣鴨に行くには内回りか外回りどちらに乗れば、くらいの質問だとばかり思っていたものですから、ちょっと焦りました。



頭がおかしいものですから

アラキ。山手線じゃない。京浜東北線にそんな駅あったか?

アラキ?アラキ…と唱えながらスマホを取り出すと

「千葉県のアラキ。新しい木で新木」

とのこと。あ、荒木だと思ってたら新木でしたか。無知ですみません。でも、いずれにせよ調べないことには行き方がわからずに検索。

「常磐線で、行くのです。乗り換えがわかりません。私はもう、頭がおかしいものですから」

私がぽちぽちやっている横で、ご老人は何度か呟く。

ちょうど京浜東北線が入ってくる直前だったので、これに乗って上野で降りれば常磐線に乗り換えができますよと伝えると、こちら、この、今来るこの電車、はあ、はいはい。と、頷きながらそそくさと去って行かれました。

お気をつけて、と声をかけるも、返事はなし。わかっているんだか、いないんだか、いまひとつ掴みきれない頼りなげな後ろ姿を、ホームでなんとなく見送る。

こんな状況、少し前なら文句のひとつも言いたくなったかもしれない。わざわざ調べて親切に教えたのに、礼も挨拶もなしか、とか。これだから年寄りはイヤなんだよ、とか。でもこの時は自分の中に怒りや落胆とは別の感情が湧いていることに気がつきました。感情というか、単に、ああ、老いるってこういうことなんだな、と思った。

老いていくって、こういうこと

yanagin36

80代と思しきご老人は身なりも足取りもしっかりはされており、言葉遣いも丁寧で、「きちんとした人」という印象がありました。しかしご自身について幾度も

「頭がおかしい」

と表現される。推測するに、考えることが億劫になったとか、忘れっぽくなったとか、それこそ電車の乗り換え駅が覚えられなくなった、という意味での「おかしい」なんだろうけど、以前できていたことができなくなっている自覚があるがゆえの発言なのでしょう。

まだ40代の自分ですらほんのりと物忘れの片鱗が見えつつある今。ご老人が、礼や挨拶よりも電車に乗ることを優先するその感覚はものすごくよくわかる。だって、忘れないうちに乗らなきゃ、帰れなくなるかもしれないもの。偽善意識でも、年取るってイヤだねなどという憐れみでもなく、ごく普通にそう感じ、なんとなく自分の父親を思い出す。出先で困ったことがあったら、父も見知らぬ誰かを頼れているだろうか。

この世には純粋な意地悪ばあさんとか横柄じじいも存在するので、ご老人がみな悪気なく行動しているとは全然思わないけれど、老いていくって多分こういうこと。自分の親だってもう既に似たような状態だろうし、運が良ければ私だって同じように老いていく。加齢のせいで行動言動がままならなくなるのはさほど愉快なことではないけれど、それも自然の摂理であるならば、今目の前にある季節を味わう以外にすべきことなどあるものか。

あの後、無事常磐線に乗り換えされましたか。

おばさん権を行使せよ。

 




関連記事

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

By: Tsahi Levent-Levi

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

sugamo2_25

仕事が忙しくなるとその他も充実しまくるの法則。

予定のない日が好きで、時間の無駄遣いが得意な私ですが、そうも言っていられない状況になりまして

記事を読む

taiwan-foods57

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

key

40代、親戚づきあいについて改めて考えた。

少々辛気臭い記事になりますが。 先日友人と話していて気がつきました。 「私たち、

記事を読む

money

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました

記事を読む

setagaya_15

何度も同じことばかり言ってしまう。

最近気付いたのですが、どうも同じことばかり言ってしまいます。 同じ人に、同じこと。聞か

記事を読む

cebu-diary-06-2

今見えている現実は真実ではない。セブ日記 10

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように青い空なのだから、そろそろまた

記事を読む

Taichung-hotel-10

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

モアルボアル チリバー

漠然とした不安の正体は。

平常心平常心。 そうつぶやきながら微笑むあの坊主は誰だったけ、一休さんか? なん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

焼きかぶのトマト和え
焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

わかめと卵の炒めもの
卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格

sumasui_1709_25
70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代

minatoku11
好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だ

→もっと見る

PAGE TOP ↑