今もなお古着をディグるおばさんの秋。

公開日: : 最終更新日:2021/09/26 ファッション

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです。

毎年恒例の「 今年買ったもの」企画、2021年版は成立するのだろうかなどと、どうでもいいことが気になる秋。特に、服はほとんど買ってない気がします。まあ、出かける機会が少なかったので当然の結果でしょうか。

おばさんの服が少なくなってゆく理由。

秋ものを買うタイミングが見つからないとぼやいておりましたがしかし、寒くなるまでの時期に活躍しそうな服を1着新調しましたよ。

新調だけど、新しくはない。なぜなら、古着だからです。

今もなお古着をディグるおばさんの秋

現代のようにオンライン買取などという便利システムが確立されておらず、というかネットもスマホもなかった10代の頃から、古着屋にそこそこ通う若者でした。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

ファストファッションなんてまだなかった時代。お手軽価格がありがたかったことも古着を活用する理由ではあったけれど、60〜70年代っぽいサイケ柄シャツとかディグるのが好きだったのですよ。20代の頃地元の古着屋で入手した真っ赤なコートなんて、今だに着てるもんね。

毛皮のコート 誰も着ないのにクローゼットにある理由。

そんな記憶を胸に、先週久しぶりに立ち寄った古着屋で目についたのは、小さめサイズのデニムジャケット。私好みの色合い風合いで、いい具合にこなれており、しかも定価の1割以下が記された値札からさらに半額!という大特価品でした。ここまでくれば、ほとんど無料。

国内デニムブランドものかつ、全然使える状態なのにこの価格。大セールの理由はおそらく、サイズにありとみました。

全体的にかなり小さめの作りで、小柄な私が羽織ってジャスト。肩幅や胸がある人にはかなり窮屈であろうこのサイズ感が、叩き売りされた原因なのではないかと睨んでいます。今ってオーバーサイズが求められがちだものね。

私とて最近はゆるめ大きめシルエットの服を好んで着ておるのですが、デニムジャケットに関しては、変態デザインの超ビックシルエットものを1枚保有している。よって、このタイトなジャケットはまた全然別物として機能させられると踏んだ次第です。

そそくさと洗濯を済ませ、さっそく手持ちのアイテムとあわせてみると、あら大正解。ヘビーユースしているパンツ類はもちろん、合わせるものがなくてこの時期なかなか登板させられないワンピース類との相性も、いいじゃないか。

買い物頻度が減っているのでセレクト勘が鈍ってはいないだろうかと危惧しておりましたが、こりゃヒットの予感。2021年秋、久々のおニューの古着?を心ゆくまで着たおしてやろうと思います。

ちなみに先述した「変態デザイン」のジャケット、偶然にもアイリスとお揃いなのですよ。

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

世界最高齢ファッショニスタ、今年で100歳を迎えられたそうです。

ものを持たずに身軽に生きる



関連記事

痛いおばさんファッションのすすめ。

By: Laura Bittner[/caption] 夏至上主義なもので寒いのは勘弁なので

記事を読む

シンプルなファッションはつまらない。

By: Steve Johnson[/caption] 最近は既に持っているもの、そしてプレ

記事を読む

冬から春へ衣替え 白が着たい、白の効果。

暑い。 Tシャツに薄手のジャケットを羽織っただけの軽装でも、暖かいを通り越して暑いと感

記事を読む

今日捨てたもの 11/7 かわいらしいものが苦手。

キャラクターものやふんわりしたもの、ファンシーなもの、女の子らしいもの、ピンクのものなど「かわい

記事を読む

少ない服の着まわし、決定的に足りないアイテム。

By: Rubbermaid Products[/caption] 久しぶりにクローゼットの

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

この歳で指輪のひとつも持っていないなんてどうかしてる。

今朝、宝石の入ってない宝石箱、いや、アクセサリーケース、もとい、小物入れ?からブレスレットを

記事を読む

40代はどこで服を買えばいいのか問題。

40代、なんだか今までの服が似合わなくなった。 この問題と同時に出てくるのが 「40

記事を読む

秋ファッション、おばさんも出したいところは出せばいい。

週末、出かけようとして突然の気温低下に悩む。 なんだなんだ、急に寒くなっちゃって、寂し

記事を読む

ルシアンペラフィネニットコーデ

使えるキャミソール、使えないキャミソール。

さほど深く考えずにノリで買って、でもどうにも使いこなせなくて手放す羽目になって、でも理由を考

記事を読む

重視すべきは大きさよりも重さ。

長い間温存していた旅行用鞄、ようやく日の目を見る機会がやってまいりました。 関連 軽く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ゴーヤと厚揚げの黒酢炒め
いつもと少しだけ違う色。

節酒習慣のおかげで飲酒量はぐっと減りましたが、たまに晩酌もし

おばさんのラストスパートと、終の住処。

この先の10年を、おばさん時代ラストスパートと位置付けていま

もやしとニラの卵焼き
無趣味な人間に訪れるブーム。

相変わらずこれといった趣味がなく、強烈に「ハマる」という感覚

胡散臭い「掃除の力」を改めて。

辞書によれば掃除とは「ごみやほこりを、掃いたり払ったりなどし

小松菜の納豆和え
発酵食のちょっといいとこみてみたい。

日本人は健康ネタが大好物!テレビや雑誌は健康情報だらけ!

→もっと見る

PAGE TOP ↑