今もなお古着をディグるおばさんの秋。

公開日: : 最終更新日:2021/09/26 ファッション

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです。

毎年恒例の「 今年買ったもの」企画、2021年版は成立するのだろうかなどと、どうでもいいことが気になる秋。特に、服はほとんど買ってない気がします。まあ、出かける機会が少なかったので当然の結果でしょうか。

おばさんの服が少なくなってゆく理由。

秋ものを買うタイミングが見つからないとぼやいておりましたがしかし、寒くなるまでの時期に活躍しそうな服を1着新調しましたよ。

新調だけど、新しくはない。なぜなら、古着だからです。

今もなお古着をディグるおばさんの秋

現代のようにオンライン買取などという便利システムが確立されておらず、というかネットもスマホもなかった10代の頃から、古着屋にそこそこ通う若者でした。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

ファストファッションなんてまだなかった時代。お手軽価格がありがたかったことも古着を活用する理由ではあったけれど、60〜70年代っぽいサイケ柄シャツとかディグるのが好きだったのですよ。20代の頃地元の古着屋で入手した真っ赤なコートなんて、今だに着てるもんね。

毛皮のコート 誰も着ないのにクローゼットにある理由。

そんな記憶を胸に、先週久しぶりに立ち寄った古着屋で目についたのは、小さめサイズのデニムジャケット。私好みの色合い風合いで、いい具合にこなれており、しかも定価の1割以下が記された値札からさらに半額!という大特価品でした。ここまでくれば、ほとんど無料。

国内デニムブランドものかつ、全然使える状態なのにこの価格。大セールの理由はおそらく、サイズにありとみました。

全体的にかなり小さめの作りで、小柄な私が羽織ってジャスト。肩幅や胸がある人にはかなり窮屈であろうこのサイズ感が、叩き売りされた原因なのではないかと睨んでいます。今ってオーバーサイズが求められがちだものね。

私とて最近はゆるめ大きめシルエットの服を好んで着ておるのですが、デニムジャケットに関しては、変態デザインの超ビックシルエットものを1枚保有している。よって、このタイトなジャケットはまた全然別物として機能させられると踏んだ次第です。

そそくさと洗濯を済ませ、さっそく手持ちのアイテムとあわせてみると、あら大正解。ヘビーユースしているパンツ類はもちろん、合わせるものがなくてこの時期なかなか登板させられないワンピース類との相性も、いいじゃないか。

買い物頻度が減っているのでセレクト勘が鈍ってはいないだろうかと危惧しておりましたが、こりゃヒットの予感。2021年秋、久々のおニューの古着?を心ゆくまで着たおしてやろうと思います。

ちなみに先述した「変態デザイン」のジャケット、偶然にもアイリスとお揃いなのですよ。

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

世界最高齢ファッショニスタ、今年で100歳を迎えられたそうです。

ものを持たずに身軽に生きる





関連記事

靴とパンツの理想的なバランス、春はまだか。

ここ5年ほどで消耗速度がかなり早まっている。そう感じるのは、以前は定期的に買い換える習慣がな

記事を読む

女の子はピンク、男の子はブルー。

大型の検診センターで健康診断を受けるようになってから早3年。この施設のシステムにももう慣れっ

記事を読む

パンプスで調子に乗った女の足出しコーディネイト。

思っていたほど大変ではなかったので、調子に乗ってみました。 別にこれ履いてフルマラソン

記事を読む

ファッショニスタから学ぶ、最高に楽しく生きる人生の極意。

By: Freya Spargo[/caption] この映画、日本に来ないのかしら?

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

おしゃピクでなぜ悪い インスタ女子の歪んだリア充。

By: dave.see[/caption] おしゃピク? ああ、インスタのことでしょ

記事を読む

コーディネイトにグレーを使いたくなってきた、その理由。

By: Wendy Piersall[/caption] ここのところ手持ちの洋服をいかに今

記事を読む

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo[/caption] 7月は何かと物入りでした。 何事もいつまでもぐず

記事を読む

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑