今日捨てたもの 望みを叶える方法はひとつじゃない。

公開日: : 最終更新日:2018/03/09 ミニマルライフ, 捨てる

最近はめっきり音楽CDのデータ化に勤しんでいるからか、他のモノにあまり目がいかない状態です。

関連 部屋にモノが多くて困っています。

実は結構ハマってます、データ化作業。あれだけめんどくさいめんどくさい言ってたくせに、やり始めたらなんだか面白くなってきたという事実。

データ作業の面白みに関してはまた改めて書くとして。

今日はいいタイミングが来たのでずっと気になっていたモノを引退させました。よくよく考えれば今まで使い続けていたのが不思議です。




今日捨てたもの

151125lg

  • 調味料入れ

調味料、と言ってますが、塩です。塩と小さじがセットになったおなじみのヤツです。

このタイプの塩入れを長年使い続けてきたのですが、特段使いやすいわけでもなく何の思い入れもありません。なのにただなんとなく

「塩にはこれ」

と勝手に決めつけてきました。

が、現在の私の状況から考えるとこれ、ホントに使いにくいんです。

今の住まいには大小何箇所かキッチンがあり、メインのキッチンに大型冷蔵庫や食品・調味料を保管しておけるロッカーがついています。が、私はそれらは殆ど使わず自室にて最低限の食材を保管しています。
大型の冷蔵庫に入れておくと何をどこに入れたか忘れてしまいそうになるし、自分のフロアのキッチンで料理を済まそうと思った時にわざわざ調味料を移動させるのも面倒、というのがその理由。

よって、毎回調理時にはその日使う食材と調味料を自室から持ち出しているわけです。といってもご存知の通りの粗食なので大荷物にはならないんですけども。

関連 シンプルメニューで毎日家飲み

一人暮らしは調味料を1本使い切るのに時間がかかります。大容量のほうがお得なのはわかっているのですが、数十円、数百円節約するために大容量の調味料を買って結局使い切れずに劣化させるのはイヤ。
よってみりんや酢、油などの液体調味料は常に一番小さいサイズで購入しているので持ち運ぶのも大して苦にならないのですが、問題はこの塩入れ。意外とかさばるし蓋がパカパカするしで持ち運ぶにはとっても不便。しかも、塩は毎日絶対使うし。

ということに随分前から気がついていたのだけど、なんとなくそのままにしていました。なぜだ。

まあ本来塩なんて日々持ち運ぶものじゃないんでこのパカパカする形状はある意味正解なんですが、今の私には不正解。よって、容器に入れた塩が無くなったこのタイミングで塩容器を切り替えることにしました。

新しい入れ物は、瓶。ジャムが入っていた小瓶。

これならかさばらないし、手提げの中にぽいっと入れられるし、今のスタイルに俄然合っています。

さらば、パカパカ塩入れ。
多分もう使うことはない、かな。

望みを叶える方法は何通りもある、はず

昔はこのタイプの容器に塩やら砂糖やら入れて、隣にはちょっとおしゃれなスパイスラックにあれこれ詰め替えてキッチンに並べたりしてたけど、そういやあのスパイスラックはいつ捨てたんだったかな。
見た目はいいけど使い勝手が悪いしキッチンに置いてたらベタベタするしでなんだかなあと思いながら使っていた記憶があります。

まあね、一人暮らし開始当初の1口コンロ時代からずっと機能的でおしゃれなキッチンが憧れだったので、あれこれ試してみたかったんですよ。うふふ。

モノを持たずに身軽に暮らす

今となっては調味料を並べるどころか何故か日々家の中で持ち運ぶ日々を送っていますが、窓があって明るくて広くておしゃれで機能的なキッチンがある部屋に住みたい!という憧れは叶っているという不思議。

結局あれだ、望みを叶える方法なんて何通りもあるってことですよ、多分ね。

 






関連記事

By: Alan Cleaver

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

By: Wonderlane

理想の暮らしは、定住したほうが手に入りやすい。

By: Gabriel Saldana[/caption] 先日こんな記事を書いたところです

記事を読む

puccibag

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

powderroom

持たない暮らし。ドライヤーと鏡は必要?

現在順調にモノが減っている我が家ですが、新たに購入しようかどうしようか、と悩んでいるものもあ

記事を読む

素焼きミックスナッツ

自分からシンプル方面に寄っていくというアプローチ。

乾きもの。 その言葉の意味を知ったのはまだ私が可憐な少女だった頃のこと。なんて大人っぽ

記事を読む

ミニマリストのクローゼット

持たない暮らしと旅の小さなクローゼット。

40代ともなれば安ホテルに泊まるのはなかなかキツいよね、という人も多いのですが、一人旅の時は

記事を読む

fashionmodel

女はこうあるべき?女はおしゃれしなきゃ!という何の根拠もない呪縛。

By: Nikolaus kim[/caption] 私の持ち物の中で多くの割合を占めている

記事を読む

By: Daviddje

今日捨てたもの 男性、女性 下着の平均所有枚数は?

By: Jean-Pierre Dalbéra[/caption] 年末年始は自宅を離れてし

記事を読む

ミニマリスト主婦の冷蔵庫

70代ミニマリスト主婦が団子を練らない理由。

先日もコメントをいただきましたが。 関連 70代ミニマリスト主婦の財布。 母の習

記事を読む

By: PascalSijen

持たずに借りずに気軽に楽しむ、を試してみる。

By: Roberto Venturini[/caption] 睡眠改善の一環として、しばら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

秋刀魚のしょうが蒸し
秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁と

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑