北海道の酒 男山純米生貯蔵で晩酌 さんまの梅煮、柿の白和え。

男山クマゲラ柄

酒類は持ち帰るのが重いこともあっていつもは通販で購入することが多いのですが。
先日近所の酒屋を覗いてみて日本酒の取り扱いが少なかったことが少々気になり、以降なんとなく近隣の大小酒店、スーパーの酒売り場などをチェックしています。

今日も普段はあまり行かない店に入ったら瓶がずらりと並んでいるのが見えたので、おお?と近づいてみると焼酎の圧勝でした。

一般店では日本酒より焼酎のほうが売れ筋なんですかね。

というわけで勝手に日本酒全国ツアー、今回はコンビニで缶酒を調達しました。



男山 純米生貯蔵 (北海道・旭川市)

男山 純米生貯蔵 (北海道・旭川市)

へえ、こういうのもあるのか。と、ふと手に取ったポップなデザインの缶酒。
旭川市在住の絵本作家・あべ弘士氏デザインの「男山特別純米愛貯蔵」。描かれている黒い鳥は天然記念物に指定されている「クマゲラ」ですが、同商品のデザイン違いで「シマフクロウ」柄もあるそうです。

男山ってよく見る銘柄ですが、そもそもは兵庫・伊丹の酒。伊丹の酒が人気だった江戸時代「男山」は旨い酒の代名詞的存在になり、以降各地で男山を冠する酒がつくられたそうですが、伊丹男山の正当末裔がこの旭川の男山、とのこと。あれですね「正宗」みたいなものでしょうか。

お行儀的にはちょっとアレですが、せっかくの缶なのでこのままでいただくことに。
生で貯蔵して缶入れする時のみ火入れしている「生貯蔵」とのこと。香りはさほど強くなく、軽くすっきりとした味わい。ややとろみのようなものを感じたのは缶の肌触りとのコントラストによるものと思われます。しかし180mlはあっという間になくなっちゃいますねえ。

男山 純米生貯蔵 缶 データ

蔵元 男山(北海道・旭川市)
種類 特別純米
精米歩合 58%
日本酒度  +4
酸度  1.5
アルコール度  13~14%

 

さんまの梅蒸しおろし添えで晩酌

さんまの梅蒸し献立

  • キャベツとトマトのスープ
  • 糠漬け
  • 柿の白和え
  • 小松菜のオイル蒸し
  • さんまの梅蒸しおろし添え

キャベツとトマトのスープ

キャベツとトマトのスープ

今夜のメニューで明らかに仲間はずれ感のあるこのスープは先日の煮込みの残りを流用したものです。温め担当として食前にいただきました。

糠漬け

糠漬け

本日の糠漬けはにんじん、茄子、キャベツの3種。

柿の白和え

柿の白和え

水を切ってくずした豆腐に塩とすりごま、ごま油を合わせた和え衣で柿、塩茹でしたしめじ、春菊を和えた白和え。

小松菜のオイル蒸し

小松菜のオイル蒸し

ざく切りにした小松菜を鍋に入れ、塩を振ってごま油を回しかけ蓋をして蒸し煮に。今回はくったりと柔らかめに煮ましたが、さっと火を通す程度にしゃきっと色よく仕上げるのもよし。

さんまの梅蒸しおろし添え

さんまの梅蒸し

頭とお腹を取って筒切りにしたさんまに塩を振りしばらく置き、熱湯をさっとかけ臭みを抜きます。フライパンに昆布をひきさんまを乗せ塩少々と酒、梅干しを乗せ蓋をしてふっくらと蒸し焼きに。大根おろしを添えていただきます。このままでも、醤油やポン酢をちょこっと垂らしても。

おっと、うかうかしてたらさんまが終わっちゃうぞ、と駆け込み購入。いつも梅を使う場合は醤油とみりんでこっくりと煮付けるのですが、今回は手軽に酒蒸しに。さんまと大根おろし、なんと幸せな組み合わせなんでしょうか。

一人暮らしの料理レシピ

小松菜のオイル蒸し、太白ごま油と生姜で作るか、シンプルに焙煎ごま油だけでいくかと直前まで迷って結局ごま油のみで作ったのだけど、よくよく考えたら白和えとごま油かぶりしてた…。まあいいんだけど、なんで作る前に気付かないかな。

多分早く呑みたくて焦ってるんでしょうね。

 




関連記事

140911d

家飲み献立 9/11 ビールにカイチアオ・ムーサップ。

ロールイカにセロリ、玉ねぎ、春雨、レモン…。 むやみに食材を増やさずに今あるものを活かして

記事を読む

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。 野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮

記事を読む

ゴーヤと豚の味噌炒め

ゴーヤと豚の味噌炒め、トマトとなすのサラダ献立。

この夏食べ忘れていたゴーヤを、先日和えものにしていただきました。 休肝日ごはん ゴーヤ

記事を読む

armond

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

砂ずりのガーリックソテー

砂肝のにんにく炒め、蕪の煮浸し。

いやー、春っぽい。 出掛けに上着はいらないかな、と思ったものの帰り寒いのがイヤで結局着

記事を読む

牛肉の赤ワイン煮込み

牛肉の赤ワイン煮、蕪のトリュフ風味温サラダでワイン。

久しぶりじゃないか、おい。 以前は週末にワインを飲みたくなる病を患っていたもので金曜、

記事を読む

180121_ienomi4

塩鮭の粕汁、卵とキャベツのしょうゆ炒め献立。

冬の存在意義。それは、汁っぽい料理をアテに酒を飲む、いわゆる「汁飲み」が滅法捗ることである。

記事を読む

漬物ステーキ

白菜漬けの卵炒め、トマトとわかめのサラダで家飲み。

夏場はぬか漬け、冬場は白菜漬けが最も手軽で便利で使える漬物だと思っています。 よって、

記事を読む

170301ienomi_5

里芋と鶏もも肉のしょうが煮、小松菜のおひたし献立。

今週は訳あっての里芋シリーズです。 甘味探求キャンペーンの件もあり、メインはしっかり甘

記事を読む

白菜と豚肉の重ね蒸し献立

白菜重ね蒸し、炒め大根のスープで家飲み。

白菜が安く出ていました本当にありがとうございます。 いや、安いといってもこの時期の激安

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

わかめと卵の炒めもの
卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格

sumasui_1709_25
70代ミニマリスト主婦のセレブ生活。

みんな大好き、70代ミニマリスト主婦のお話です。 70代

minatoku11
好きだから、共有したい。

実は劇場版を観てしまいました。 おばさんホイホイは真実だ

切り昆布と豚肉の炒め煮献立
切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立

→もっと見る

PAGE TOP ↑