茨城の酒 稲里純米で晩酌 ピーマンの卵炒め、蒸し鶏と小松菜の和えもの。

公開日: : 最終更新日:2016/10/18 家飯, 食べること ,

稲里純米 磯蔵酒造

昨日は珍しく1合缶
当然あっという間になくなったので補充が必要です。

最近近所の酒屋が気になってあちこち覗いているので冷たい雨の降るなか少々遠回りになるというのに家と反対方向の商店街まで足を伸ばす。なにやってんだ。

古い商店街の酒店にお邪魔してみるもやはり日本酒よりも圧倒的に焼酎でした。が、せっかくなのでここでも購入。

勝手に日本酒全国ツアー、今回は茨城です。

稲里 純米(茨城県・笠間市)

稲里純米 磯蔵酒造

商品棚も冷蔵庫もくまなくじろじろ観察して結局選んだのは茨城の酒。

なぜこれを選んだかというと、先日益子へ行く途中で笠間を通ったから。

なんとなく親近感が湧いたんですね。いや、通っただけで実際に足を踏み入れてはいないのですが。

さてこのお酒、ラベルに日本酒度のデータが表示されていません。

参考 まず飲んでみて自分の基準で酒を判断(磯蔵酒造)

皆様には、甘口・辛口だけでなく、あまり雑誌や他人の評価、そして蔵元の表示にもとらわれずに、まず飲んでみて自分の基準で酒を判断、自分で旨いと思う酒を選ぶ事を是非オススメいたします。なぜなら自分の舌の評価が、自分にとって一番正直で正しいのですから。

そりゃそうだ。
私のような日本酒素人が好みの酒を選ぶのに数値表記や識者のコメントはとても役立つもの。けれど、自分の好みと誰かが下した判断が一致するとは限らない。高い酒が美味いかどうかも、人気の銘柄が好みに合うかどうかも呑んでみなけりゃわかりませんよ、ってね。

というわけで早速自分の舌で確認。中辛口、といったところでしょうか。ひやと燗で呑んでみましたが、燗のほうがぐっと味わいが強くなるのでいいなあ。もちろん、昨夜はとっても寒かったから燗が旨く感じたのかもしれませんが。そしてじんわりと喉の奥に残る独特の後味。なんだろう、これがこの蔵の差すところの米らしさ「フルーティーではなくライスィー」ってことなのかしら。

うーん、的確な表現ができなくてもどかしいけれど、日本酒、楽しい。

稲里 純米データ

蔵元 磯蔵酒造(茨城減・笠間市)
種類 純米
精米歩合 60%(ひたち錦)
日本酒度  ー
酸度  ー
アルコール度  15~16%

 

ピーマンの卵炒めで家飲み

151125ienomi10

  • 漬物
  • 柿のチーズ和え
  • 大根ときのこの味噌汁
  • 蒸し鶏と小松菜の和えもの
  • ピーマンの卵炒め

漬物

漬物盛り合わせ

本日の漬物は大根皮のポン酢漬け、にんじんと茄子の糠漬け。

柿のチーズ和え

柿のクリームチーズ和え

柿とクリームチーズを合わせて塩昆布を乗せたおつまみ。こういうの、日本酒に合うよねえ。

大根ときのこの味噌汁

きのこと大根の味噌汁

珍しく味噌汁など。具は大根としめじ、そして葱をたっぷりと。

蒸し鶏と小松菜の和えもの

蒸し鶏と小松菜の和えもの

塩と酒を刷り込んで柔らかく蒸した鶏胸肉を手でさいて、茹でた小松菜と一緒にごま油とポン酢で和えました。

ピーマンの卵炒め

ピーマンの卵炒め

塩胡椒で下味をつけた溶き卵を太白ごま油でふんわりと炒めたら輪切りのピーマンを加えて酒と醤油で味付け。いつも卵炒めは塩味だけで作るのだけど、今回は焼きピーマンにしようかどうしようか迷った末の醤油味。醤油味にするなら油多めでピーマンはちょいしっかり目に炒めたほうがよさそうです。

珍しく味噌汁を作ったのでご飯も食べようかと思ったのだけど、酒呑んでたら入らなくなっちゃった。
具沢山の味噌汁をアテに酒、私、これ全然いけます。ビールは無理だけど日本酒は呑めるよねえ。そもそも味噌舐めながら呑むというオーセンティックスタイルもあることだし。

汁物で呑む、といえば濃厚な粕汁をアテに日本酒を呑むのも好き。酒に酒粕ってなんかもう酒ばっかりですが。

 




関連記事

小松菜の卵とじ献立

小松菜の卵とじ、キャベツと蒸し鶏のわさび和え献立。

お久しぶりの、晩酌献立です。恥ずかしながら帰ってまいりました。 連休前から旅行に出かけ

記事を読む

家飲み献立 9/15 砂肝塩焼き、にら月見、ザーサイ奴など。

今日は連休最終日ですか。 みなさんお出かけしました?私はどこへも行きませんでしたが、そろそ

記事を読む

ぶりと青菜のしょうが蒸し献立

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

近所の八百屋でやや小ぶりのトマトが目に入り、手に取る。赤々としていて見るからに旨そうだったか

記事を読む

家飲み献立 鶏すき。

目論見どおり白菜の外葉を干せて満足の土曜日。 天気のいい日に野菜がカラッと干しあがった

記事を読む

トリュフ塩のオムレツ

トリュフ塩のオムレツで赤ワイン。

あれ、朝ごはん?朝からワインですか、いいご身分で。 そう言われても何ら不思議はないビジ

記事を読む

サグラダファミリア

シンプルな人はシンプルなものを作る論からの考察。

By: Steve Larkin[/caption] 小林カツ代著「食の思想」に、 「

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

お家で簡単サムギョプサル 1人暮らしの晩ご飯。 

今夜は訳あって早めに夕食を済ませなければなりませんでした。 ゆえに、ささっと簡単調理。

記事を読む

青梗菜の塩炒め

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もの献立。

普段はあまり立ち寄らないおでん種のコーナーを覗く。 そろそろおでんもシーズン終了ですね。と

記事を読む

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風

秋刀魚のハーブ蒸し焼き、タコのガリシア風で白ワイン。

これまでの摂取数は5尾。 今年は秋刀魚好きとしてなかなか充実した秋でした。 その

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑