減らす計画 細々したもの、消費期限。

公開日: : 最終更新日:2016/09/10 ミニマルライフ, 捨てる

chiayi-hotel-4

訳あってまたぼちぼちモノを減らし始めました。

関連 減らす計画、捨てる日々再び。

事前予想及び目標としては2割減といったところだったのですが、いざ着手してみるともうそんなにガバッとは減らないかもなあと感じます。既に相当捨てましたものでね。

よってとりあえずはなかなか厄介な細々系をチェックしました。

今日捨てたもの

160909lg

  • 薬品、化粧品

皮膚と腰以外は健康なもので小さな引き出しの一部分に虫刺され薬やらなんやらが入っている程度で医薬品の類をあまり持ち合わせておりません。それでもその一部分を改めて調査して写真の通りの不用品を発掘しました。

内訳は液体腰痛薬に化粧下地、軟膏。腰痛薬も軟膏も賞味、じゃなくて使用期限がとっくに過ぎていました。まあちょこっと過ぎたくらいで途端に効き目がなくなるわけでもないでしょうが、期限の切れっぷりが年単位だったものでさすがに処分。化粧下地に関しては使用期限の記載はありませんが、購入時期が腰痛薬と同時期なのでもうダメでしょう。そもそも全然使っていなかったし。

腰痛薬、平たい話が液体サロンパスですが、これ、3~4年前にフィリピンのドラッグストアで購入したもの。久しぶりに感じた腰の違和感にうろたえ、おまじない的に手を伸ばした代物なのでした。結局ニオイが強烈であんまり使わなかったんだけど。

何しろ痛いのキライ、病気怖いのヘタレ人間、ちょっとでもなんかあったらすぐワタワタしてしまう。そして病院へ行くとかそういう真っ当な行動はとらずに使いもしない手軽な何かを買うことで束の間の安堵感を手に入れる。いや、手に入れた気になっている。

まあそういうビビリ体質ゆえに健康体を維持できている面もありますが、サロンパスは持ってるだけじゃ効かないからね?最低でも塗らなきゃ意味ないからね?わかっているのでしょうか。

そんな甘酸っぱい思い出のあるサロンパス含めこれらを処分したからといって総体積的にはほとんど影響はありません。しかし千里の道も一歩から、というか、こういう片付けるのに達成感を微塵も感じられない小さなものがなかなか厄介でして。捨てても特段すっきりも片付きもしないけれど、あったらあったで妙にガサガサするもんね。

ミニマリストの持たない暮らし

減らす計画’16秋、ひとまず期限は10月いっぱい。2割は減らしたいけれど、捨てるモノがなければそれはそれでいい事でもありますね。何しろ、できれば捨てずに暮らしたいので。

 




関連記事

冷蔵庫の霜取りにかかる時間(真夏)。

現在使っている冷蔵庫はシェアハウスに備え付けのミニ冷蔵庫。ビジネスホテルなんかについてるあれ

記事を読む

1月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの。

By: Alexey Kljatov[/caption] 定例ポストです。 昨年の夏か

記事を読む

バッグインバッグ

荷物が少なければ鞄の中はすっきりするのか。

By: Maegan Tintari[/caption] 多くのモノを持たない生活をしている

記事を読む

1年間服を買わずに過ごした結果。

By: Roderick Eime[/caption] よし、部屋を片付けるぞ!もっとシンプルに

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

音楽CDのデータ化と処分についてまだ書く。

By: Fred von Lohmann[/caption] ついに着手しております。

記事を読む

モノを持たない暮らしなんて味気ないと感じる理由 。

先月限界点を大きく突破した箸を処分しました。 関連 暮らしの定点観測のすすめ。

記事を読む

40歳は立派に初老。

両親の傘寿祝いをしていません。ミニマリスト主婦は80歳一般常識に疎いもので正式(?)にはい

記事を読む

足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

By: Roderick Eime[/caption] 足るを知る者は富む、ということわざが

記事を読む

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑