今日捨てたもの 8/28 記念品を捨てるということ。

公開日: : 最終更新日:2015/09/26 ミニマルライフ, 捨てる

140828lg2.min

毎日ひとつづつ手放すキャンペーンも残すところあと3日となりました。

既に大きなものは何も持っていなかったので、

「目に見えて部屋がすっきりした!」

というような劇的な変化はありませんが、お気に入りでもなく使ってもいないのになんとなくあるものは確実に少なくなりました。



 

今日捨てたもの

140828lg.min

  • ナイロンバッグ

ちょっとそこまで買い物に、という時に便利なサイズのバッグ。とある観光地のお土産もので、表側にロゴの刺繍が入っています。

これも仕事関係の頂きもの。
うまく使えればよかったのですが、刺繍が結構可愛い感じで全くもって私のキャラではなく、はてどうしたものか…と、タグも切らずに数年間保管していました。
さらにこのバッグの中には関連グッズがいくつか詰まっているのですが、それらも含め恐らくこの先も使うことはないと思うので今日でさよならすることに。

手放したからといって、その仕事の経験まで消滅するわけじゃないからね。

参考 お土産は、たとえ記憶に残らなくても。

これ、あきらかに自分らしいアイテムではないのが気になって、何度も手放そうとしながらできなかったもののひとつ。単なる「もらいもの」なら割とばっさりいけるのだけど、どうも私は仕事の思い出が絡むと往生際が悪くなるらしい、ということに気付きました。

参考 思い出のモノを整理することで、昔の自分と対峙する。

違和感を覚えつつも記念の品に縛られているのって、過去の栄光(ってほどでもないですが)にしがみついてるみたいでヘンかも。

などと思うようになっただけでも、少しは成長したということでしょうか。




関連記事

pepper

捨てる量が、年々少なくなってきた。

今年からようやく、出向かない人になりました。 昨年の資料を参考にしながらぽちぽち入力し

記事を読む

By: markus spiske

サイト閉鎖で考える切ないお仕事。

By: C.E. Kent[/caption] 愚痴らないこと嘘つかないこと負けないこと投げ

記事を読む

By: Steven S.

21世紀の英会話 高城剛氏はなぜこの本を書いたのか。

By: Steven S.[/caption] 先日、私が英語を学び始めたのは40歳を過ぎて

記事を読む

ストール

少ない服の着まわし、失われた季節感。

まさか7月にジャケットを引っ張り出す羽目になろうとは。 東京はここしばらく、やけに肌寒い朝

記事を読む

THANN_oil2

部屋を片付けたい香り、混沌とさせたい香り。

愛用しているフレグランスミストを切らしてしまいました。 関連 気になる部屋の匂いを消す

記事を読む

By: Lindsey Turner

捨てる、捨てない 記念のアレに未来のコレ。

By: Lindsey Turner[/caption] 引越し作業はあっという間に終了した

記事を読む

ny_dt_19

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッショ

記事を読む

shirtsdisp

選択肢過多(Choice Overload)その2 選択肢を減らして、リソースを増やす。

さて、選択肢過多(Choice Overload)に関して続きです。 参考  “選択肢

記事を読む

By: Justin Vidamo

荷物を持たないバックパッカー。

誰かと一緒の場合以外はさほど積極的に観光地巡りをしないタイプです。 いや、もちろん行きたい

記事を読む

By: Anina Abola

今日捨てたもの 1/24 無理して使うこともない。

By: Anina Abola [/caption] 今月は自宅にいることが少なかったの

記事を読む

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば
トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりで

suma1608_21
怒りに震える秋の朝。

朝5時から怒りに震える秋。 怒りという感情は厄介なもので

焼きかぶのトマト和え
焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。

note16
死ぬまでにしたいこと、私のいない、私の人生。

キャッチーな邦題に引っ張られてむしろ内容がわかりづらくなるパタ

わかめと卵の炒めもの
卵とわかめの炒めもの、かぶのゆかり和え献立。

地味おかずをこよなく愛する私ですが、わかめ炒めの地味さはまた格

→もっと見る

PAGE TOP ↑