こんにゃく麺レシピ 肌寒い日の鶏塩そば。

公開日: : 最終更新日:2018/08/22 シェアハウス, シェアハウスで料理, 家飯 , ,

steam.min

なんということでしょう。

まだ8月だというのにこの寒さ。

ここ数年、残暑ギラギラだったのにこの気温急降下ってちょっとヘンじゃない?

夏よ、まだ行かないで!!

 

今夜のメニュー

140828d.min

  • 鶏塩そば
  • 漬物盛り合わせ
  • ザーサイ葱まみれ
  • 蒸し鶏の柚子胡椒たれ

夏の終わりを惜しむ素振りを見せつつ、温かい麺などすすってしまいました。

手羽先の煮物を作った時にストックしていたスープで今夜は鶏スープの塩ラーメン。
ラーメン、といってもいつもの如く、こんにゃく麺です。

最近こんにゃく麺のフォーにハマっていましたが、今夜は鶏塩そば気分だったので中華そば風のこんにゃく麺をセレクト。生姜と葱の風味が効いた旨みたっぷりの鶏スープ。具材は冷蔵庫に残っていたレタスにわかめ、今朝仕込んだ半熟味付け卵にたっぷりの葱。和風の麺らしく黒七味で仕上げました。もちろん、カロリーや糖質を気にしない場合は普通の中華麺でOKです。

140828d2.min

鶏スープさえあれば、いろんな料理が楽しめてイイですね。今日はあっさりだったけど、ニンニクとか葱油を加えてこってりにしてもよさそう。

イメージとしては「ラーメン屋で呑む」だったので、アテも3種用意。
作りおきのキャベツ塩もみと大根、人参のしょうゆ漬け。
葱とごま油で合えたザーサイ。
麺の具としても使った胸肉の蒸し鶏を柚子胡椒をオリーブオイルでといたタレで。
うん、ラーメン呑みの雰囲気が楽しめた晩酌でした。

中華料理屋じゃない、「呑めるラーメン屋」ってまだまだ少ないですよね。個人的には蕎麦屋酒みたいな使い方のできる店はかなりポイント高いのですが。

アテも酒も豊富でしかも〆のあっさりラーメンが絶品!というとっておきの店があるので、また近々ご紹介しますね。

※追記  ラーメンの話、書きました。
関連 門前仲町・晴弘で昼酒1時間1本勝負 東京散歩・江東区




関連記事

豚肉とにんじんのにんにく焼き

豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。例えば、牛肉の出汁で煮る、など。に

記事を読む

えのきと三つ葉の卵とじ献立

えのきと三つ葉の卵とじ、わかめと玉ねぎの味噌汁献立。

今年は酒量を減らす宣言をしたところですが。 新年に考える今年の食計画。 晩酌献立

記事を読む

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め献立

牛肉と玉ねぎのしょうゆ炒め、マッシュルームサラダ献立。

今年は新玉ねぎの摂取量がすごい。 新玉ねぎを使ったつまみ 確かに好物ではあるけれ

記事を読む

休肝日ごはん、しらすおろし、ゆかりごはん献立。

ベトナム旅行記がまだ途中ではありますが、遊び呆けた大型連休から日常に戻って献立記事など。

記事を読む

目玉焼き丼献立

休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをのせるだけ。 簡単、旨い、

記事を読む

だし巻きしらすおろし、春菊のごま和えで晩酌。

つい先日、近所の居酒屋で生しらすおろしをオーダーしました。 生しらす、いいよねえ。にこ

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

魚で家飲み 7/29 薬味たっぷり鰹の塩たたき

あああ、土用の丑の日か!! 鰻大好物なんです。 が、行列や混雑がことのほか苦手なので、今日鰻

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮のレシピと献立

豚肉と水菜のはりはり煮、れんこんの黒酢炒め献立。

水菜が安く売られていたのでうれしくなって、って最近そんなパターンばっかりですね。どれほど葉野

記事を読む

家飲み献立 9/17 三つ葉と豆腐のサラダ、わかめ炒め他全5品。 

今日は午後4時くらいから猛烈にお腹が減ってそわそわしました。 あまりの空腹に何かおやつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑