70代ミニマリスト主婦に買ったもの。

公開日: : ミニマルライフ

ミニマリスト主婦の冷蔵庫

みんな大好き70代ミニマリスト主婦も、そろそろ80代が見えてきました。

70代ミニマリスト主婦のキッチン。

年末年始と夏は、両親と会話するために故郷である神戸に帰省することにしています。何しろ間も無く80歳、毎回両親の顔を見るまで、そして彼らの部屋の状態を確認するまでは多少の不安はある娘(私)ですが、今回も部屋はきちんと片付いており、話し方もしっかりしていて、何よりむしゃむしゃとよく食べる。2人ともお元気そうで何よりです。

元気そう、ではあったのですが、母の顔は傷だらけでした。

70代ミニマリスト主婦に買ったもの

mother_t

会った瞬間母の口元にいくつか目立つ切り傷を発見し、あれ?っとは思ったものの、触れてはいけない傷かもしれないので特に指摘はしませんでした。傷ったって本気レベルでざっくりいってるわけじゃなし、猫かな?と。猫飼ってないですけど、それくらいの傷です。

「だってね、お父さんがこれ安いから使ってみろってしつこく言うからこんなことに!」

自ら白状したところによると、お得な買い物大好きな父に勧められるがままに購入した顔の産毛剃り用カミソリがどうにも扱いづらく、結果顔を傷だらけにしてしまったとのこと。

おいおいおい、怖いなあ。気をつけてよ。

これはカミソリの品質云々の問題ではなく、使い慣れない道具は使いこなせない母の不器用さによるものだと考えられますが、いずれにしても肝の冷える話。

恐怖に震えた娘は即刻お得カミソリ使用中止令を出し、その場でフェイスシェーバーフェリエを注文したのでした。私も同じもの使っているので、お揃いですね。

壊してさらば、眉デザインのゆくえ。

あらまあ、パナソニックじゃないのうれしい!と無邪気に喜ぶミニマリスト主婦。これはパナソニックに多大なる信用を寄せている証ではなく、単に知っているメーカーの名前がついてさえいれば安心という高齢者あるあるです。

なんかいろいろ心配になりますが、顔面傷だらけになるよりはいいでしょう。大事に使って下さい。

ミニマリスト主婦のお年玉の使い道

さて最近は親に恩を売るためにお年玉を渡すようにしております。常日頃から

「お金ならいくらでも(は、無理だけど)出すから、欲しいものややりたいことがあればすぐ言うように」

とは伝えているのだけれど、遠慮しているのかそもそも欲がないのか、この頃はあまりねだってこなくなったので、正月くらいはいいかと思いましてね。

ミニマリスト主婦の退屈な毎日。

母が決めたお年玉の使い道は、香川へのバスツアー。2人で琴平に行きたいのだそうです。上まで登れるか、いや無理はしないほうが、と早速作戦会議を始める夫婦、そんなにこんぴらさんに思い入れがあるとは知りませんでしたが、存分に楽しんで来て下さい。しかしくれぐれもゴールを目指さないように、とは言いたい。

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

父はこういうことでムキになりがちな人なので自重していただきたいものです。

もう人のせいにするのはやめた

takamatsu_57

ふーん、こんぴらさんね。いいじゃん、行ってきたら?適当にそそのかしたらば、母吠える。

「だってね、こうして勢いつけないと、お父さんいつまで経っても出かけないから!」

年をとると遠出が億劫になるのは何も父に限ったことではないのでは。というか、出不精なのは日々自転車で市内を走り回っている父ではなく、どちらかといえばテレビが友達の母のほうでは。とうっすら考えていると

「あ、でももう人のせいにするのはやめたんだったわ」

いやいや、あなたカミソリのくだりでも思いっきり夫のせいにしてましたけどね、とこれまたうっすら考えていると、他人や外の状況が思い通りにならないことにイライラしていても仕方ないとこの年になって悟ったのだ、などと語り出すではありませんか。

「あんたが昔から言ってたこと、ようやくわかったわ」

って私、親に向かってそんな説教くさいこと言いましたっけ。

嫌な気分から素早く立ち去る方法。

多分言ったんでしょう。

そりゃね、カミソリを勧められても買わなければいいし、ツアーは自分でちゃっちゃと申し込んでしまえばいいし、ガラクタを溜め込みがちな人には自室を与えればいい。って、母の不満の種は全て父なのですが、とにかく、考え方を変えてから、母は明らかに変わったのです。

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

そうですか。70になっても80になっても、変わろうと思えば人は変われるのですね。そりゃなんだか縁起のいい話。

相変わらずの不器用さゆえにものを持たずにすっきり暮らしたい母と、タダのものならゴミでももらう溜め込み魔だけど几帳面かつ綺麗好きな父。もうパートナーも環境も大きくガラッと変えることはできないだろうけど、どのみち今の生活だってそう長くは続かないのだから、このままそこそこ仲良く暮らしてほしいと思います。

 




関連記事

ものがない部屋、寒がりの布団、冷え性の真冬。

今年は本格的な冬の到来を待たずに脱出できるかも、などとほくそ笑んでいたのに見事に裏切られまし

記事を読む

40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。 少ない服でも頭を使う必要大あり

記事を読む

今日捨てたもの すごく便利なお掃除グッズ。

By: Paul O'Mahony[/caption] 普段細々と掃除しているつもりではいる

記事を読む

持たない暮らし、長く使えばいいというものでもない。

By: Steven S.[/caption] 毎日暑いので、ここのところ基本的に足元はギョ

記事を読む

暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連 家飯 一人晩酌献立 手

記事を読む

イは忙しくないのイ。

なんか忙しいなあ、落ち着きたいなあ、と感じる時、その原因は本来の意味での忙しさではなく、なん

記事を読む

帰省で考えた、親の家の断捨離問題。

以前も何度か書いたことがある実家の片付け問題。 参考 難しい実家断捨離問題。本質は別の

記事を読む

MIHARA YASUHIRO

レースアップサンダルのコーディネイトを再考する。

By: Maegan Tintari[/caption] お気に入りなのに使っていないアイテ

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

美の秘訣はプレミアムゴールドヒアルロン酸オイル

10年前に撮った証明写真が今現在とまったく変わらず、並べてもどっちがどっちかわからん。と摩

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑