真夏の靴下は冷え性改善のためだけじゃない。

公開日: : 最終更新日:2020/06/08 健康と美容

梅雨時期でさほど暑くはないからかもしれませんが、ここのところあまり冷たいものを欲しなくなりました。

とはいっても毎晩ビール1本は呑むのですが、それ以上はtoo muchな気分。

冷たいものを採り過ぎないようにしようとか、サンダルばかりじゃなくてスニーカーを履こうとか、夏場から冷え性対策に取り組むことを心がける身としてはなかなかいい傾向です。

参考 本気の冷え性改善記録

体質改善は1日にしてならず。

サンダル履きの足を改めてチェックする

ところで先日サンダルで電車に乗っていてギョッとする出来事がありました。

自分の足元をなんとなく眺めてみてびっくり。
そう、かかとです。

汚い話で恐縮ですが、今まで見たことのない程に酷くガサガサに角質化したかかとがそこにありました。

…そういや、ここ暫くなーんもケアしてなかったもんなあ。

とにかくこりゃいかん、ということで持っていたはずの角質取りのスクラッチを探したのですが、ない。

10年位前に買ったことは覚えているけど、直近でいつ使ったか、捨てたかどうか、全く記憶にない。この部屋に越して来てから捨てたものなら全て記録しているので、それ以前に捨てたのかなあ。

まあないものは仕方ないので、お風呂でしっかり洗った後、ココナッツオイルとニベアで保湿。翌朝にはずいぶん綺麗になっていました。

特別なケアをしなくても、きちんと保湿を心がけていればやわらかくなりそう。

かかと角質化を原因から解決せよ

さて、改めてかかとの角質化について調べてみると、歩行による摩擦、乾燥、削り過ぎ、かかと水虫(!)、さらにはストレス性のものまで、さまざまな原因があるようです。

参考 削ってもたまるかかとの角質。ガザガザかかとに今すぐできる3つのケア法(マイナビニュース)

裸足になることが多い季節だけれど、裸足で長時間過ごしていると外部刺激を受けやすいので角質化を避けるためには靴下を履いたほうがいいのだとか。

うーん、冷え性対策のためだけじゃなく、かかと角質化対策としても靴下は有効なのですね。毎日ヒールを履くのをやめて足のひらがやわらかくなったことに甘んじていてはいけませんでしたね。かかとほったらかしだった。

参考 つらい巻き爪、角質化した足底。足を開放して手に入れたもの。

ギョサンをはじめ素足で履く靴は好きなので全面的に廃止するつもりはないけれど、部屋で過ごす時は耐えられる範囲で靴下を履こうと思います。靴下、ココナッツオイル、ニベア、と、今あるものだけでケアできるんだもんね。

はあ。
私は本当にズボラなもので、こういうところがかなり弱い。

お年頃の女の子じゃあるまいし頭の先からつま先までピッカピカに保たなきゃ!とまではいいませんが、もう少しボディケアに気を配ってもよさそうなもの。誰に見られるわけじゃないけど、こんなかかと自分で見てもいい気分はしないもんね。




関連記事

ぎっくり腰の座り方。腰痛がある時のラクな体勢を考える。

By: Dave Fayram[/caption] おまえの腰の話はどうでもよい。 と

記事を読む

手湿疹を治したい。

By: Danny Chapman[/caption] 台湾旅行中に皮膚の具合が悪くなって以

記事を読む

炎症後色素沈着ケア大作戦。

体調不良によりしばらく節酒に務めておりました。あくまで「節酒」なので飲む頻度を減らしただけ

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

続ける力。継続した後振り返ってみれば激変していた。

By: Daniel Schiersner[/caption] 越冬宣言といえばこちらも忘れ

記事を読む

来年も継続したい、新しい3つの習慣。

By: Roger Davies[/caption] 今年は環境がガラリと変わり、今後の生き

記事を読む

本気の冷え性改善記録 8日目 20度あれば。

極度の寒がりで毎冬末端冷え性に怯えていた私。 今年こそは内側から冷え性を改善したい!と

記事を読む

湯シャン生活3ヶ月、白髪に効果はあったのか?

その後も、シャンプーを使わない生活を続けています。 参考 シャンプーやめました。湯シャ

記事を読む

誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機

記事を読む

パドルブラシ

白髪を染めたくはないけれど、気になる髪色。

白髪が増えたような気がします。気のせいであって欲しいと願いつつ、やっぱり増えたのではと鏡を見

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑