白髪染めをやめれば、女は解放されるのか。

公開日: : 最終更新日:2018/10/29 健康と美容, 生き方と考え方

vernal_tex

白髪ケアについて、かれこれ4年に渡り書き続けています。

白髪ケアの記録

簡単かつ安全、お手頃なコストで白髪ケアできるカラー方法はないかとずっと言い続けているせいで、コメントでいろんな製品をお勧めいただいたり、効果的な使い方のアドバイスを頂戴するなど、ありがたい現象も起こりつつあるこの頃。

何より面倒が嫌いな人間にとって、白髪染めなんてのは心底怠い行為なのですが、もうしばらくは続けるつもりです。

白髪を染めない人が増えている

白髪を染めるか否か。これは男女ともに大いに悩むところでありますが、近頃は染めない選択をする人も増えている模様。

白髪をカッコよく見せるヘアスタイルとか、白髪に似合うファッション、などの特集を組んでいる雑誌や本もちらほら見かけるし、自然な白髪でメディアに登場する著名人も増えているようです。

先日目にしたこの記事も、白髪を取り上げたものでした。

「グレイヘア」は女性の解放――染めない勇気が生き方も変える(Yahoo!ニュース)

白髪といえば、若々しくありたい女性には疎ましいものだった。ところが最近、白髪染めをやめ、白黒交じった髪色を生かす「グレイヘア」というスタイルが広まりつつある。なかでも目を引くのは、40〜50代でその選択をした女性の存在だ。

以前、素敵なグレイヘア女性の写真がまとめられた記事に対して、おいおい外国人ばっかりじゃないかと毒づいた私ですが。

白髪を染めないという選択肢。

Yahoo!の記事に登場しているのは日本人女性。みなさんよくお似合いだし、白髪を染める煩わしさはわかるし、染めなくたっていいじゃない、という風潮はすごくいいと思う。この記事の言わんとしていることもよくわかる。

わかるが、白髪ごときを殊更女性の問題として取り扱うことに、違和感もなくはありません。

白髪染めをやめれば、女は解放されるのか

rerise_1

だって、白髪でしょ?ただの老化現象よ?

どうしても気になっちゃうって人は染めればいいし、ただただ面倒とか、自分は気にしてないけど人からどう見られるかを気にして染めさせられている気がする、なんて人はそのままにしてればいいだけのこと。そんな大げさな話じゃないでしょう。そもそも白髪に男女差はない。

頭髪問題といえば筆頭は禿げだけど、カツラだって似たようなもんだよね。気になる人はかぶればいいし、気にならなければそのままでよい。本来男女差のないものを、なんでもかんでも「女の」問題とする風潮は、正直しんどいのです。

女性が一人で生きていくのは大変、という勘違い。

我々は社会的な生き物だし、若さに対して少なからずの憧憬も持っているので、染めずかぶらず自然のままいることに多少の勇気が必要なのは事実でしょう。それはそれとして、どうするかは至極個人的な問題。白髪を女性全般の変化や主張の方法として切り取るのは、いささか無理矢理感があるなあと思うのです。

もちろんこれは私個人が持った感想。自然な白髪の女性を見て勇気をもらえたとか、自分もありのままでいたくなる、なんて感じる人がいても不思議ではなく、そういう意味ではこの手の表現や主張にも意義があるのだという理解はできるのだけれど。

やっぱり一番大切なこと

tokushima_park4

さて、私はといえば白髪がもっと増えて、自分の内面が白髪に追いついて、いい感じの色合いバランスになるまでは、姑息にごまかし続けようと決めています。

白髪との戦いと10年、20年後の顔。

もしも世の中の流れが

「グレイヘアこそ自然体で強い人間の証、最高にクール!」

みたいな方向へ行っても、自分が納得するまでは今のまま対策を続けるし、白髪対策に四苦八苦している自分を卑下したりすることもないでしょう。だって今のところ、まだそのタイミングが来ていないから。

なんて考えていると、結局のところは「自分をわかっていること」が、一番大切なんだろうなと思う。

自分のことがよくわかっていない人。

それは人の目を気にした選択なのか、はたまた本心からしたいと考えていることなのかがわからなくなると、ちょっとした雑音に右往左往してしまう。自分がしたいかどうかは二の次で、愛されコーデとかモテメイクとかほめられレシピに踊らされてしまう。

私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

好きなことを好きなようにする。このめちゃくちゃシンプルな行動がむしろ難しくなるなんて。情報や選択肢が多すぎるってのは、ありがたくも面倒なことですね。

己を知る方法 ネットやテレビの情報遮断は有効か?

 




関連記事

家庭内調整と根回しと酒と薔薇の日々。

15分遅れる、というメッセージを受信し、はい了解と返信して耳に挿す。 続ける方法 とり

記事を読む

マスクをつけない人たち。

クライアントのオフィスに出向いた朝。広いフロアを見渡して、誰もマスクを着用していないことに

記事を読む

貧乏入門 あるいは幸福になるお金の使い方。

By: alamosbasement[/caption] 先日このブログを始めてから1年が経過し

記事を読む

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

今では全く共感できないSATC。

懐かしのドラマ「SEX and the CITY」がプライムに来ていたので思わず全話見直して

記事を読む

節約すべきはそこじゃない。

By: Dan Taylor[/caption] かなり前から買う買う詐欺状態になっていた新

記事を読む

続ける、やめる。習慣を変えるための簡単な方法。

By: Didriks[/caption] 週に一度は休肝日を作ろうと決心してから早一ヶ月。

記事を読む

変化に気づく大切さ お腹ぶよぶよ大作戦。

願ってもいないのに、どんどん膨張してゆく腹回りの肉。 関連 おなかぶよぶよ大作戦。

記事を読む

浜松町駅から東京タワー

田舎暮らしや社会貢献がしたくなったら、それはひとつのサインである。

妖怪多毛女の呪いを解くために、いつものサロンへ。 お盆どこか行ってました?あら、ご実家に帰

記事を読む

痒くて痛い手湿疹、乾燥の季節に先回りで対策する。

By: Steve Snodgrass[/caption] 前もっての準備が苦手で人生全般行

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

2020年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返ってああだこうだ書く行為も、すっかり恒

→もっと見る

PAGE TOP ↑