最後の砦と、冬の必需品の魅力を改めて。

公開日: : 健康と美容

「真冬並みの寒さ」が東京にもやってきました。

しかしまだ、我慢しています。最後の砦を守っています。

最後の砦とは、そう、ズボン下。外出時、防寒目的でパンツの下にひっそりと仕込む、アレのことです。

盗まれた秘密。もう2度と、あの頃には戻れない。

ズボン下を履くと、本格的な冬の到来を認めざるを得なくなる。冬が苦手な私は、どうにかして現実から目をそらしたくて、寒いな、履きたいな、と毎朝思いつつもまだ手を出していないのです。

なんていうんだ、こういうの。本末転倒?ちょっと違うか。

冬の必需品「やわらか湯たんぽ」の魅力を改めて

無意味なやせ我慢をしてはおりますが、ここで改めて湯たんぽ最高説を唱えたいと思います。ズボン下はこらえても、湯たんぽは早々と使い始めていたのです。

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

毎年愛用しているやわらか湯たんぽ、やっぱりいい。いいです。

導入当初は主に足元を温める目的で使っていたものの、最近は肩を温める役割を担っています。

就寝前にベッドの中にほかほか湯たんぽを放り込んでおくと、ほかほか寝床の出来上がり。さらに湯たんぽで肩を温めながら軽くストレッチなどするともう最高。肩のコリが解れ、一瞬で寝落ちできてしまうのです。

湯たんぽを抱き枕がわりにすれば、ペットと寝ているような感覚が、味わえなくもない(寂)。

長時間睡眠ができなくなってきている私が、ここのところ珍しく朝までノンストップで眠れているのは、湯たんぽの力が大きいのかもしれません。暖かいのはもちろんのこと、たぷんたぷんゆらゆらな手触りが、なんとも気持ちよくて幸せ。アロマスプレーと睡眠導入音もやっぱり有効なのかしらん?

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

相変わらず因果関係はよくわかりませんが、夜中に目がさめることも減り、ぐっすり眠れている実感があります。

眠れるのはありがたいけど、逆に起きられなくてですね。

いや、起きてるんですよ。相変わらず5時には目が覚めるんですよ。でも、起きたくないんです。アレです、布団の中から出たくない。

40過ぎてギャルファッション、時間軸がズレている。

この曲が心に染み渡る季節となりました。こればかりはもう仕方がないので、今夜も湯たんぽを抱えて眠ります。

ものを持たずに身軽に生きる




関連記事

ファスティング(家断食)の記録 その8 ~断食で得たものとその効果~

連続でお伝えしてきた自宅でのファスティング記録。 参考 ファスティング(家断食)の全記

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

休肝日、胃をカラにして考えた。

先日の休肝日は、久しぶりに食事も抜きました。 休肝日設定開始当初はずっと休肝及び休胃日

記事を読む

おすすめデンタルケア。コンクールジェルコート継続決定で、使い方再確認。

By: Tamaki Sono[/caption] 歯磨き粉が切れたので、さてどうしようかな

記事を読む

おなかぶよぶよ大作戦。

お腹ぶよぶよ大作戦。 というタイトルを下書きに入れたまま数週間が経過していました。

記事を読む

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

白髪との戦いと10年、20年後の顔。

相変わらず白髪との戦いは続いております。 前回白髪ネタを書いたのはいつだったかと遡って

記事を読む

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。 ウエストマイ

記事を読む

健康診断結果に納得がいかない中年の叫び。

毎年毎年飽きもせず、健康診断の結果を公表し続けています。 一般中年女性の健康診断結果

記事を読む

湯たんぽの季節、寒がり&冷え性が5年愛用する湯たんぽ。

湯たんぽの季節になりました。 現在使用している湯たんぽを導入したのは、2014年の冬の

記事を読む

食べない生活 お腹ぶよぶよ大作戦。

なんだか腹まわりがたくましすぎやしないか。すくすく健やかに育ちすぎちゃいないか。 そう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑