ロング?ショート?40代女性ヘアスタイルの悩み。

公開日: : 最終更新日:2018/10/28 健康と美容

longhair

40歳になったらショートヘアにしよう、とずっと昔から決めていました。

40代に入ると髪が少なくなったりコシが失われたりして若いときと同じスタイルを作るのは難しくなるだろうと考えていたこと、素敵だなあと感じる40代以上の女性にショートヘアの人が多かったことなどが理由です。

これまでいろんな髪型を試してきましたが、なぜか気付けばいつもロングに落ち着いているのは、きっと髪が伸びるのが異様に早いせいでしょう。バッサリ切ってもすぐ伸びて、ずぼらなものだからそのまままとめたりしているとあっという間にロングに、の繰り返し。なのでいつも「髪を切る」という行為に何の覚悟も思い切りも必要ありません。すぐ伸びるもん。

さて、昔からの念願(?)通り、40歳になってばっさり短くしました。が、その後すぐ日本を離れて髪を切るタイミングをすっかり失ってしまい、気付けばまたロングに。
その時気付いたのですが、想像していたほど髪の健康は衰えてなかったんですよね。

40代、髪が元気なうちに、ロングを楽しむ…?

もともと健康な髪質だったことや30代に入ってからはカラーリングの類を一切していなかったことも大きいかもしれませんが、このままロングヘアを続けても問題ない状態に思われました。
いずれはロングが厳しくなってショートヘアにするんだから、髪が元気なうちはもう少し伸ばしておこうかな…なんて考えが頭を過ぎったのですが、実現ならず。

そう、白髪問題です。

目立ち始めた白髪のケア記録

量もツヤもコシもあるけれど、白髪が増えた。そろそろ本格的に白髪対策をしなければいけない。ロングヘアの白髪ケアはずぼらな私にはできないな…。

そう考えて、結局またバッサリ切りました。

オーダー通りに髪を切ってもらえない理由

バッサリ、と言ってますがまだまだ長いです。というのも、私はいつも樋口可南子さんばりのショートをオーダーします。

樋口可南子のいいものを、すこし。

が。

「似合わないと思います」
「髪に癖がついているから無理です」

などと言われて絶対断られるんですよね。
癖がついてる、はともかくとして似合わないってなに…そんな主観で決められても…と思いつつも結局はプロの意見に従って、いつも前髪長めのショートボブでお茶を濁される人生。

が、前回バッサリいった時の担当さんが

「段階的にやってみましょう。一旦この長さで過ごしてみて、ロング時代についた分け目の癖と後ろのゴムの跡をとって、髪の流れが変わったら前髪ももっと短くできますよ」

と説明してくださったことで初めて納得できました。
そっか、そうだよね。ロングの癖つきまくりの髪をいきなりオーダー通りに切っておかしなことになったら、文句いわれるのスタイリストさんだもんね。そりゃやりたくないわな。うんうん。

というわけで、またまた髪が伸びてきたので次回はもう少し短くできたらいいなと思っています。

※追記 短くしました。
白髪とヘアアイロンの複雑な関係。

40代のロングヘアはNG?痛々しい?

個人的にはロングヘアは若い人じゃないと似合わない、とも、痛々しいとも思いません。
が、痩せてしまった髪でロングヘアを維持するのはやはり難しい。逆に言えば髪が健康なうちは40代のロングもいいのではないでしょうか。

でもショートにするとこれまでとは洋服の似合い方が変わってくる。「これはちょっと若すぎるかなあ」なんて思っていた色柄モノや凝ったデザインのワンピースはショートのほうが年相応にかっこよく着こなせたりするのが面白いです。

ショート、ロング、白髪が目立たない髪型はどれだ。

そんな発見も楽しいし、白髪だし、湯シャンだし、というわけで、私は今後もショートヘアで行くつもりです。

40代に似合う髪型?ヘアカタログは不要論。

 




関連記事

By: Andrey

腰痛緩和、ぎっくり腰予防 簡単ストレッチを日課に。

By: Andrey[/caption] 週明けから辛気臭い話題で失礼します。 つい先

記事を読む

women

頬杖をつく癖をなおしたい、ゆがみとたるみの原因になっている。

足を組む癖を止めよう、と思い立ってから約3週間が経過しました。 >>参考

記事を読む

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

白髪との戦いと10年、20年後の顔。

相変わらず白髪との戦いは続いております。 前回白髪ネタを書いたのはいつだったかと遡って

記事を読む

パドルブラシ

白髪を染めたくはないけれど、気になる髪色。

白髪が増えたような気がします。気のせいであって欲しいと願いつつ、やっぱり増えたのではと鏡を見

記事を読む

By: Magdalena Roeseler

今すぐ変わる、すぐに見た目を3割よくする方法。

By: Magdalena Roeseler[/caption] 突然ですが、残念ながら今す

記事を読む

By: Umberto Salvagnin

休肝日を取っても意味がない、眠れない?

By: Thanh Liêm[/caption] 先日友人と食事をしている時に休肝日の話にな

記事を読む

ladysfoot

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

hongkong-foods-49

30歳過ぎたら絶望的、会えない長い日曜日。

「お酒飲めないと、人生損するよって先輩が言ってた」 ブランチがてら仕事をするために出か

記事を読む

By: Steve Snodgrass

失くしてからの後悔を防ぐためにすべきこと。

By: Steve Snodgrass[/caption] 失ってはじめて後悔するものとは何

記事を読む

lefteye

40代は眼鏡か、コンタクトか。女性が気になる問題点とは。

運転免許取得の際に視力検査で引っかかった時から20年、ずっと眼鏡を愛用しています。 当

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

noname
働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定して

トルティージャの献立
トルティージャとビーツのワンプレートでスプリッツアー。

休肝+断食明け、久しぶりの家飲みは軽めにしておこうと考えた本日

shinbashi_7
忙しい毎日のメリット、仕事はないよりあるほうがいい。

ただでさえ気忙しい師走に、何を思ったか仕事を1本増やしてしまい

ねぎ卵丼献立
玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。

1812_kinugawa_23
ペットと泊まれる宿は、朝夕部屋食がうれしい。

おばさんと猫の温泉旅、続編です。 今回の温泉旅行のメイン

→もっと見る

PAGE TOP ↑