白髪のロングヘアが与える印象。

公開日: : 健康と美容, 生き方と考え方

カヴァで家飲み

そうそう、誕生日といえば。

定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。

先日知人の還暦祝いがありまして。って、さも自分が祝ったような雰囲気を醸し出してますが、そうではなく。単に還暦祝いパーティーの様子がSNSで流れてきたのを目にしただけです。

そうか、あの人がもう還暦なのか(白目)。

50代、黒髪ショートからの変貌

そういえば去年だったか、

「私も随分年を取りました。久しぶりに会いたいですね」

なんてメールをいただいていたけれど、なるほど今年が節目の年だったのか。

彼女はまさに頼れるお姉さま的存在で、以前は一緒に仕事をしたりもしていた関係。最近は随分ご無沙汰しているけれど、一時はしょっちゅう一緒に飲みに行ったり仕事で甘えたりとお世話になりまくっておりました。

ひょんなご縁で繋がった聡明かつ美人のお友達。似たような仕事をしているということもあって勝手に親しみを感じていたけれど、実はとんでもなく優秀ですごい人で、似ているとこがありますねなんて恐れ多すぎる。と気づいたのは随分後になってからでした。

知らないって怖いよね。

偉い人には媚び諂い、そうじゃなければ邪険に扱おう、などという気はさらさらないけれど、にしてもだ。同業だし食の好みも似てるし、酒も好きで、なんかすごい気が合いますよね〜などとヘラヘラ馴れ馴れしく懐いていたあの頃の自分の無邪気さが今となっては恐ろしい。いや、変に気後れせずお付き合いできていたのだから知らぬが仏、というべきか。

さて、私の記憶の中、50代の彼女はキリリとした黒髪のショートカットにシンプルでマニッシュなファッション。ただ、靴や鞄、小物類などはちょっと目を引く個性的なものを上手に選んでいて、シンプル一辺倒では終わらせないセンスに毎回唸っていたものです。

あれから10年近く経ち、パーティーの席で真っ赤なドレスに身を包んだ彼女は相変わらずのナチュラルメイクではあるけれど、髪型は驚きのド迫力。腰まで届きそうなロングのグレイヘアへと変貌を遂げておりました。

白髪のロングヘアが与える印象

NY_tips_2

わたくし常々、おばさんがショートカットにするのは白髪の手入れが面倒だから仕方ないじゃないか説を唱え続けておりますが。

白髪を染めないという選択肢。

こりゃ一本取られたね。カッコよすぎでしょう。

往生際の悪い私は未だにちまちまと白髪隠しを継続中。最近また目立つようになってきたなあ、と感じてようやく髪が伸び過ぎていることを自覚するという、気にしてんだかしてないんだかよくわからない状態が続いております。

十数年後に還暦を迎える頃には、私もこんなスタイルが似合うようになっているだろうか。などと考えてみたところで当然答えは出ないのだけれど、40過ぎた人間の美しさだの存在感だのって圧倒的に内面から滲み出るそれだよな、という真実はもう嫌という程痛感している。

このお姉さんもまさにそれ。盛ったり塗ったり縫ったりで若く見せる方向じゃなくて、きちんと60歳の髪と肌と顔をしていて、それが見事なまでに際立っているのだから堪らない。

キレイなおばあさんは好きですか。

あああやかりたい、あやかりたい。

考えてみれば彼女も人生の後半戦で生き方を変えた一人、だった。その点でも、憧れてしまうのかな。

40代独身東京一人暮らし女性が、 今後の働き方を討論す。

最近この手の話ばかりしているような気がするのは、今まさに興味のあるトピックスだからでしょう。古い角質を落としたくて、何かを脱皮したくて、密かにもがき中なのか。そういや今読んでいる本も方向転換モノで、これがめちゃくちゃ面白いんだけど、その話はまたいつか。

とにもかくにも、祝・還暦。ますますのご活躍をこっそりお祈りしております。

 




関連記事

たった1年で変わるもの、変わらないもの。

しつこいくらいにアピールし続けていますが、酒を控えています。 いや、控えていました(

記事を読む

初心者 瞑想

私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」を持っているものです。

記事を読む

食べなきゃ痩せる、は当たり前?休胃日生活1ヶ月。

By: Sonny Abesamis[/caption] 週に一度の休肝日を設けるようになっ

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

カオカオヘラヘラ 踊る女。

スポーツとか筋トレ的なことがとにかく苦手なので、体を動かすのならば踊りがいいのではないか。そ

記事を読む

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも実際に天職と思える仕事にたどり

記事を読む

本気の冷え性改善記録 18日目 外側からの防寒を施す。

つま先が氷のように冷たくなってしまいなかなか寝付けないほどの末端冷え性に悩んでいた私。 今

記事を読む

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

歯の詰め物をセラミックに変える。

この夏、もっとも大きな買い物をしました。 夏どころか、現時点では2017年度でも上位入

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

Comment

  1. 白髪問題。僕は最近、40歳半ばで生まれて初めてヒゲを伸ばし始めたのですが、生まれて初めて見た自分のあごヒゲは白髪でした。ガーン。

    真っ白ならそれそれで格好良いんでしょうけど、まだらで塩コショウ状態なんです。ああ40代。

    あと十数年もすれば真っ白なヒゲになるとは思いますが、おっしゃる通り格好良いかどうかは中身次第。

    黒ひげ危機一髪の黒ひげさんより、カールおじさんより、老けちゃったんだなと思う今日この頃です。

    • crispy-life より:

      トム(仮名)さん

      あれ、髭に白髪混じるのって渋めダンディ感出てちょっとうれしい、みたいな感覚なのかと勝手に思っておりました。当方髭がないのでもちろん想像の域ではありますが、塩胡椒上等ではないですか。

      >黒ひげ危機一髪の黒ひげさんより、カールおじさんより、老けちゃったんだなと思う

      これはありますね。日本人なら誰しもが42歳の誕生日に考えることでしょう。ああ、バカボンのパパより年上になったのか、と。

      ところで髭を生やすって「grow」でいいんですね。まんまと言えばまんまですが、確かにこういうのって出てこない。勉強になります。

  2. 別府美人 より:

    こんばんは♪ (^o^)丿

    「白髪のロング」・・・一般ピ~ポ~にはハードルが高いなぁ~~っ!! (゚Д゚;)
    自分が“ する ”ことはまず無いだろうし、よっぽど美しくなければ他人のを“ 見る ”のすらツライかもしれない?! (>_<)
    (キレイに結い上げていれば“ 安心して ”見られますが・・・♪)
    たぶん「白髪のロング」と聞いて、《内田裕也》が思い浮かんだからかもしれないっ?!
    今のところ、ポツポツ白髪が出始めている我が頭髪ですが、将来的には白髪の割合が多くなったタイミングで「坊主」に刈り上げて「ウィッグ」生活に切り替える予定★
    (理由:染めるのが面倒くさいので♪)

    • crispy-life より:

      別府美人さん

      ですよね、これはそうそう手出しできるスタイルじゃないですよシェキナベイベー。そういう意味ではこのお姉さまもまーちん的妖怪なのかもしれません。

      私は頭の形が珍妙なので自分の坊主はあまり見たくないですが、ウィッグは瞬時にいろんなキャラを演出できるので楽しいですよね。しかし、お手入れもそれなりに必要なのかしら。大昔ひとつ持っていたけど、いい加減に扱ったからかすぐにダメにしてしまった記憶が…。染めるにしろ、被るにしろ、それなりのケアは必要なのでしょうね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑