4年ぶりの診察、所要時間は約3分

公開日: : 健康と美容

手湿疹ネタ連投で恐縮ですが、結局病院に行きました。

症状的には限界とまではいかないまでも、就寝時のかゆみが辛すぎて降参。強めの薬出してもらってさっさと治して、平穏な睡眠を取り戻さねばと考えた次第です。

汗疱来たりて、酒を断つ。

できれば4年前にパッチテストでお世話になった皮膚科に行きたかったのだけれど、待ち時間がそれはそれはロングだった記憶があり、尻込み。新たな病院を求めて検索し、徒歩圏内かつ、予約いらずで待ち時間が短いことで評判の皮膚科に突撃しました。

4年ぶりの診察、所要時間は約3分

ビル上層階にあるそのこじんまりとした皮膚科は、噂通りスピーディー。受付から10分足らずで診察室へと案内されました。

先生を待っている間デスク上に美しくディスプレイされた軟膏類をガン見する。リンデロン、ベトネベート、アンテベート、フルコート、プロトピック…。ずらりと並んだおなじみの顔ぶれを眺めつつ、これまで結構な種類の薬に世話になってきたのだなとあと、なんだか切ない。

先生は問診票と私の手を見比べて、ああ、ずっと繰り返しているのですね、とつぶやき、やや強めの薬と保湿剤をお出しします、2週間程度でよくなるでしょう。とおっしゃる。私は、はいお願いしますと答えて席を立つ。

この間、わずか3分。いやもっと短かったか。口コミ通り、早い。何もかも早いよ。

ベテランの失敗

もし私が今回初めてこの症状に見舞われたのならば、もっと色々聞きたいことがあっただろうし、先生のほうだって原因を探るべく質問を投げかけけてきたかもしれません。でも私は残念ながら悪い意味で「皮膚病のベテラン」なので、ああ、いつものアレですか…はい、さようで。みたいな感じになってしまうのは、もうしょうがないですね。すでにアレルギー検査もしてるしね。

というわけで、very strong類のステロイド軟膏と、保湿剤としてヘパリン系のクリームを購入して帰宅したのでした。

ヘパソフトとヒルドイドローション、比べてみたら全く違う。

久々のvery strong、怖いくらいに効くわ…。

かゆみが止まったことにホッとしかけて、はたと気づく。夜かゆみが気になって眠れないのがツラいので、飲み薬を処方してもらおうと思ってわざわざ病院に行ったんだった。なのに、勝手にベテラン感出しちゃって、お願いするの忘れてた。

なにやってんだ。

結局昨夜はvery strongをもってしても、深夜のかゆみから解放されず。いかんいかん、触っちゃダメ搔いちゃダメ、とブツブツいいながらげんなり横たわってやり過ごしたのでした。ちぇ。

我ながらアレすぎて呆れますが、この手の薬はだらだらと使い続けたくはない。今夜あたり幾分マシになるだろうし、掻かず触らず早いとこ肌バリアを復活させて、通常モードに戻せるよう尽力します。




関連記事

ワンタフトブラシ

40代で親知らずを抜く。

びっしり4本生え揃っている親知らずを抜くことにしました。 きっかけは、久しぶりに行った

記事を読む

手湿疹を治したい。

By: Danny Chapman[/caption] 台湾旅行中に皮膚の具合が悪くなって以

記事を読む

手湿疹ケア1ヶ月

あかぎれ保護バンを使ってみる。

ここしばらく手指の調子がよかったのですが、今月に入ったあたりから雲行きが怪しくなってまいりま

記事を読む

ワンタフトブラシ

ステインを除去する方法。紅茶、コーヒー、歯の汚れ対策。

冷え性改善に本気で取り組んだこの冬。 本気の冷え性改善対策 おかげですっかり私の

記事を読む

夕食を抜いて得る満足感。

久しぶりに夕食を抜きました。以前は休肝日と合わせて胃腸も休ませるべく、週1で夕食を抜く「休

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録 その6 ~ゴール目前の心境~

今回の断食は、断食ジュース食(?)3日に回復食3日、と設定しています。よって明日の朝食で「普通の

記事を読む

アトピーが原因で脱毛サロンの体験も契約もできなかった。

By: MIKI Yoshihito[/caption] 先日同年代の友人と、 「昔は

記事を読む

きのこスープ

スープを3日間食べ続けて旅行の疲れを癒す。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

湯シャン生活1年半、肌トラブルの原因は。

By: Naomi[/caption] 先日突然肌の調子が悪化しました。 大人になって

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

鼻ニキビと赤鼻の対策に取り掛かる宣言から早くも2ヶ月が経過し、季節はすっかり赤鼻のトナカイ。

記事を読む

Comment

  1. しばいぬ より:

    わたしも十年来の汗疱持ちです。当初は手湿疹、主婦湿疹と言われ七年ぐらい前に汗疱と言われ。まぁ出される薬はどのみち同じ(もちろんcripyさんと同じ)ですしね。
    毎年この時期が一番酷いのに今年は例のウィルスに備え手洗い頻繁だったため、四六時中指先、手のひらにヒビ割れ。
    各所で待ち構えるアルコール消毒液に、身構え→意を決してプシュ→ウォォォ滲みる〜(悶絶)を毎日何回もループしております。

    ところで「ビオチン療法」はご存知ですか?crispyさんはサプリなどあまりお摂りにならないイメージではありますが、個人的には効果を感じており、久々に実践中です。

    暦に合わぬ肌寒い日が続いていますが、どうかご自愛ください。引き続き投稿楽しみにしております。

    • crispy-life より:

      しばいぬさん

      やはり梅雨時期に症状が悪化する方も多いのですね。自分は冬の乾燥時期にばかり気を取られていましたが、思い返せば5~6月に出るパターンもあったかも・・・。

      ビオチン療法は、以前読者さんに教えていただき知りました。おっしゃるとおり、サプリを摂る習慣がないもので未だ実践できていませんが、手湿疹が改善した方が多いようですし、酒さや髪質改善にもよいと聞くと気になりますね。一度試してみようかしら。

      お気遣いに感謝いたします、しばいぬさんもご自愛のほど!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑