40代がきちんとメイクしてもどこかしっくりこない、その原因。

公開日: : 最終更新日:2015/01/15 ファッション, 健康と美容

最近は「セルフィー」なんていう言葉も定着してきて、街ではセルフィースティックを駆使して撮影している人を見かけることも珍しくはないですが、写真は撮られるよりも撮るほうが好きだからか、自分が映ってる写真があまりありません。

それでも1年に数枚は友人と収まった写真を確認する機会もあります。そして、写真に写った自分の顔には少々違和感が。
これは今に始まったことではなく、数年前から感じていたことなのですが

「あー、歳取ったからねえ」

程度であまり真剣に考えることもなくやり過ごして数年が経過しました。
が、先日メイクについてあれこれ考えているときに、その「違和感」についてもあわせてじっくり検討してみたところ…

その原因は「眉」でした。

 

違和感の原因は取り残された眉だった

By: Naomi

先日、ノーメイクはやめて、最低限のメイクに落ち着いた、という記事を書きました。

参考 「ノーメイク」は、やめました。

自分なりの「最低限のメイク」の中にも入れている程重要視しているアイブロウ。
それなのに、30代から40代と髪型やメイクの仕方、洋服の着こなしが徐々に変わっていても、眉だけはしばらく変えた記憶がありません。下手したら20代後半くらいから変わっていないかも。

お、恐ろしい。

そう、現在の自分のナチュラルメイクにそぐわない「しっかりした細めの弓眉」から、未だ抜け出せていなかったのです。

そりゃ違和感あるわ…。

 

様々なトレンドを追いかけた結果

幸か不幸か、私は元々の眉が薄いので、眉デザインを変えたいと思ったら剃ったり抜いたりの冒険をせずひとまず「描く」という方法が使えます。
長年当たり前に続けてきたカタチから脱するのはなかなか難しいのですが、このチャレンジはなんだかちょっと新鮮。

参考 眉が細くて老けてる人が多いんです!「太め眉」で若返る8つのプロセス(インサイト研究所)

濃い太眉、アーチ眉、細眉など、若い頃から様々な眉の流行を追いかけてきた世代は、眉毛をいじりすぎた結果、もともとの形がわからなくなって、いま眉毛をどうしたらいいかお手上げ状態な人が多いのかもしれません。

はい、おっしゃるとおり。
太眉、アーチ眉、細眉、全部やりましたよ…。

私の場合、問題は

  • 細すぎ
  • 眉山を強調しすぎ
  • パウダーの色使いが平坦すぎ

だったと思われます。もう少し自然な幅にして、あまり角度をつけることなく気持ち目と平行気味に、そして全体のバランスを考えて丁寧に描くようにすれば、少しは違った印象になりそう。

不器用だし、メイク道具も揃っていないのでお手本ほどはキレイに描けないけど、参考サイトはなかなか勉強になりました。

40代のファッション

というわけで、ようやくアイブロウも今の自分に追いつき始めました(追いついた、とまではまだいかない)。まだ慣れないけどメイクに3分しかかからないんだから、眉毛くらいはきちんと描こう、そうしよう。

これもメイクの手順をシンプルにしたからこそ気付けたと考えればいいよね、うんうん。

と、こんなマヌケは私だけかもしれませんが、40代は「あの頃の私」のまま時間が止ってしまいがちなので要注意。

参考 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

流行をことさら追い求める必要なんてないけれど、今の自分には全然似合わない「あの頃の流行」をいつまでも引きずって生きていく必要もないもんね。

いやー、意外な落とし穴でした。
客観的に自分を眺めるという意味では、たまには自分の顔写真も撮ったほうがいいのかもしれませんね。




関連記事

ぎっくり腰の痛み対策、あってよかった意外なもの。

By: Simply CVR[/caption] 腰の調子が悪いと自覚していた矢先のぎっくり腰。

記事を読む

本気の冷え性改善記録 20日目 つらい冷えを今すぐ解消する方法。

本格的な冬の到来に備えて、今年こそは辛くて冷たい末端冷え性を改善するぞ!と重い腰を上げた私。

記事を読む

お気に入りのレザーブルゾンを着ない、その理由。

12月に入って最終防寒手段のダウンジャケットを解禁しました。 が、先日の寒さについてニ

記事を読む

本気の冷え性改善記録 16日目 ウォーキングの即効性。

末端冷え性に長年悩んできた私。 PCで作業をしていると、あまりの手の冷たさに自分でも驚くこ

記事を読む

白髪が目立たない髪型はどれ?ショート、ロング?

By: Mainstream[/caption] 先日アイドルの女の子が巻髪などのヘアアレン

記事を読む

40代の婦人科検診、そろそろ、そろそろ。

ハイ、グイッとグイッとイッキに!うう〜ん、いい飲みっぷりィ! そんな掛け声に乗せられて

記事を読む

突然の体調変化 原因を検証する。

By: Samantha Forsberg[/caption] ここのところ体調がおかしい日

記事を読む

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

湯たんぽに「たっぷりの湯」は必要なかった。

冷え性対策としてすっかり愛用品となった湯たんぽ。 参考 本気の冷え性改善記録 部

記事を読む

ファスティング(家断食)の記録 その7 ~感動のゴールテープ~

数年前に実施したファスティングのレポート、いよいよ最終日となりました。 この日は1週間ぶり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

正月早々、老親におねだりをする50娘。

伝家の宝刀、寝正月をキメています。暮れに帰省して、簡単に近況

→もっと見る

PAGE TOP ↑