遅刻をしても服に迷う女でいたい。

公開日: : 最終更新日:2020/06/08 ファッション, ミニマルライフ

「会社に遅刻しても服に迷う女でいたい」

大昔、そんなキャッチコピーを使ったCMがありました。確か出演していたのはリンダ・エヴァンジェリスタだったような。懐かしい。

まあこれはファッション関係の広告だったので当然それらしく盛ったフレーズであり、現実問題はそんなことで遅刻したらアカンでしょ、という話なのですが。

参考 意外と多い「服装で悩み、会社を遅刻」(J-cast会社ウォッチ)

あ、現実でした。

服に迷って遅刻したことがある女性の割合

この記事ではアンケート対象者の年齢層はわかりませんが、遅刻経験者はおそらく新社会人とか、これまで服装に気を使わなくてもよかったのに転職してそうもいかなくなった、という方でしょうか。

「コーディネートが決まらなくて遅刻してしまった経験のある人」の割合を調べたところ、全体で15%だったそうだ。男女別にみると、男性は9%なのに対し、女性は21%。5人に1人と、多さが際立つ。男性よりも、女性の方が、ファッションの組み合わせが多様なので、当然の結果かもしれない。

確かに男性はとりあえずスーツを着ておけばなんとかなりますが、スタイルの幅がある女性は難しい。オフィスカジュアルって何?許容範囲どこまでよ?って感じですもんね。

関連 女性のビジネスファッション「女はヒールが常識」ってホント?

前述したCMに出てきたのはおしゃれの楽しみを表現するためのフレーズでしたが、実際遅刻してしまうケースはもっと切実な問題をはらんでいるようです。

大らかな社風の職場なら一度くらいの失敗は微笑ましいエピソードとして処理してくれそうですが、それもまあ新入社員限定でしょう。

ファッションにおける優先順位

とにかく悩み多き女性の仕事服。

けれど、現代の日本における一般的なビジネスファッションの優先順位はおそらくファッション性ではなくてマナーの部分。
自分がいかに美しく、カッコよく見えるか、似合っているか、スタイルよく見えるか、なんてことよりも、その場にふさわしいか、相手に失礼はないか、といったある種の気配りが一番重要なのだ、と割り切ってしまえば難しいオフィスファッションの答えはおのずと見えてきそうです。

仕事に限らず普段の装いでも優先順位を考えるとうまくいくのかも。

例えば滞在型のリゾートホテルでゆっくりした時間を過ごす旅ならばちょっと派手めのワンピースやゴージャスなアクセサリーを持参したいところだけれど、行き先が治安のよくないエリア、スリやひったくりの多発する観光地ならば極力目立つ格好はせずTシャツにデニムくらいがちょうどいい。

みんなで集まって家飲みだー、という時には足元の気になる短いスカートよりもラクで動きやすいパンツのほうがいいだろうし、海辺でバーベキューするのに10cmヒールは似合わない。

世間ではこれをTPOと呼びますが、状況に適したスタイルよりも自分の好みとか着たいものをうっかり優先してしまうことも迷い、そして失敗の原因になってしまうのですね。

「いやいや、TPOわきまえたスタイルなんて当然理解しているが、その中でもいろいろやり方があるから迷うのだ」

という場合は、単に選択肢が多い可能性も。

関連 選択肢過多(Choice Overload) 多くの候補から選べるのが幸せ?

選ぶ楽しみよりも選択の煩雑さ、辛さが上回るようならば、手持ちアイテム適正量はもっと少ないのかもしれません。足りないから困るのではなく、あり過ぎて悩む、ってこともあるもんね。

ミニマリストの持たない暮らし

ちなみに最近の私のファッションにおける優先順位は防寒。
本当は今朝も違う服を着て出かけることを想定していたのにやっぱりダウンを手に取っちゃったもんなあ。寒いけどおしゃれのために我慢して素足にパンプスとか、今の時期は絶対に無理だわ。冷え症だし、風邪引くのもイヤだし。

そうか。暮らしにおける私の優先順位は「おしゃれ」よりも「健康」なのだな、きっと。

 




関連記事

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

今日捨てたもの 紙袋2つだけの荷物でお引っ越し。

By: Sugar Beach Residences[/caption] 必要最低限のモノで

記事を読む

持つストレス、持たないストレス、おこだわり。

分厚い参考書類のおかげで自分にはやや重く、そして多すぎた感のある今回の旅の荷物。その重量に疲

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

最低限の化粧、旅に持っていくメイク用品。

By: francois karm[/caption] 旅の荷物を少なくするには服と化粧品類

記事を読む

サングラス

アクセサリーはどう使う?これからのコーディネイトを考える。

By: liz west[/caption] もともとジュエリー的なものに興味はないのですが。

記事を読む

今日捨てたもの 11/25 バースデイプレゼントを手放す。

お気に入りだったファッションアイテムと大好きな人から頂いたプレゼント。 これらはなかな

記事を読む

捨てられない洋服にハサミを入れる勇気。

By: THOR[/caption] 今日は久しぶりにタイパンツを着用。夏らしい麻素材のパン

記事を読む

暮らしの定点観測のすすめ。

食の定点観測、毎日の晩酌献立を記録し続けています。 関連 家飯 一人晩酌献立 手

記事を読む

洋服を捨てれば、減らせば、幸せになれるのか。

By: Francisco Anzola[/caption] たくさん洋服を持っていないとお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑