塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐献立。

公開日: : 最終更新日:2017/07/23 家飯, 食べること ,

塩豚と蕪のスープ煮

先日酢豚を作った際に買った豚かたまり肉。

関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立。

残りは塩をすり込んで保存していました。

かたまり肉の塩豚は煮るにも焼くにも脂身が旨い、のですが、今回は赤身メインのもも肉なので脂たっぷりなジュージーさはなくTHE・肉!といった感じのみっちみち具合です。




塩豚と蕪のスープ煮、ネギ塩トマト豆腐で晩酌

塩豚と蕪のスープ煮、インゲンのごま和え献立

  • 白菜漬け
  • インゲンのごま和え
  • ネギ塩トマト豆腐
  • 塩豚と蕪のスープ煮

インゲンのごま和え

インゲンのごま和え

さっと塩茹でしたインゲンの水分を拭き取り、すりゴマとしょうゆで和えたもの。

ネギ塩トマト豆腐

ネギ塩トマト豆腐

角切りのトマトとみじん切りにした白ねぎを、粗塩、胡椒、ごま油で和えて木綿豆腐にのせたもの。美味しいトマトが手に入ることもあって、ねぎ+トマトは最近のお気にいりです。

塩豚と蕪のスープ煮

塩豚と蕪のスープ煮

一口大に切った塩豚を鍋に入れ、昆布と薄切りしょうが、酒、水を注いで火にかけコトコト煮ます。豚肉から出汁が出たら皮をむいた蕪を入れ、柔らかくなったところで葉も加えてさっと火を通したら完成。塩分は塩豚の塩気のみです。

脂身が少ないのでちょっと物足りないかしらと思ったけれど、あっさり味付けのスープ煮にはむしろちょうどよく。スープの味付けはやや薄め程度に止めて汁をぐいぐい飲むという毎度の作戦にて冷酒をいきました。

日本酒にあうおつまみレシピ

そうそう、最近トマトが美味しくてですね。

幼少の頃は生のトマトが食べられなかった私。トマトソースとか、焼いてあるとか、炒めてあるとかなら全然平気なんだけど、くし形に切ったトマトがサラダに添えてあるみたいなのは青臭さがどうにも苦手でした。当時

「昔のトマトは美味しかった」

などと大人がよく嘆いていて、そうか、今私がトマトを食べられないのはトマトが本来のトマト味を発揮していないからなのだな、と幼いなりに分析したものです。

いつのまにか生のトマトも普通に食べるようになっていたけれど、それにしても近頃トマトが美味しくなった気がする。

以前は買おうと思ってもやっぱりやめとこう、これ絶対イマイチなヤツだわ、と手を引っ込めてしまうようなビジュアルのものも多かったけれど、今は見るからに美味しそうなトマトが普通に売っているし、そういうのは予想を裏切らず美味しい。

なぜだろう。もしかしたら、私が美味しい時期にしか使わないようになっただけなのか。

当時の大人が恋い焦がれた「昔のトマト」の味を私は知らないけれど、彼らは今のトマトをどう思うのか。おお、美味しくなったねって思うのかな、それとも思い出補正に勝る物なし、かな。

 






関連記事

茄子の煮物 献立

家飲み献立 5/12 茄子と鶏もも肉の煮物、絹さやの卵炒め。

家飲みで体をリセットするのだ。 とか偉そうなことを言っていた割には目に付いたものを手に

記事を読む

141024d2

家飲み献立 10/24 鶏と白菜のミルク煮込みで赤ワイン。

TGIF! 今夜は絶対に温かいスープと赤ワインだ!と朝から心に誓って過ごした1日でした。もちろ

記事を読む

kobefood1608_5

神戸で酒を呑むならば。

話が前後しますが今回の神戸滞在で食べたものなどを。 生まれ育った場所・神戸の飲食店にさ

記事を読む

茄子の蒸し煮

ごま鯖の酒蒸し、茄子の蒸し煮。

鮮魚売り場をウィンドウショッピング(by 湘南いそいそ家飲み日記。)していたら、思わぬ出会い

記事を読む

きのこ鍋

鍋で家飲み きのこ鍋。

いやー、こう寒くちゃもう朝から鍋のことしか考えられない。 早々に手を出すと真冬に耐えら

記事を読む

こんにゃく麺を使った料理 レシピ

家飲み献立 3/23 具沢山 鶏出汁こんにゃく麺。

旅に出る前は保存できない食材は全て食べきろう。しかも、美味しく。 そう考えて最後の晩餐

記事を読む

140820d.min

半熟茹で卵の上手な作り方 8/20 半熟煮卵の晩酌おつまみ。

今日は朝一で健康診断。 よって、昨夜は早めに夕食を済ませ、当然今朝は朝食抜き。

記事を読む

greenleaves

一人暮らしの家飲みメニュー 鶏レバーソース漬け。

  今日も夜ご飯の時間が遅くなってしまいました。 最近ちょっと生活がずれ込

記事を読む

キャベツと塩鮭のしょうが蒸し

キャベツと鮭のしょうが蒸し、わかめのナムルで家飲み。

お久しぶりの晩酌献立です。 酒を控えるとか何とか言ってたクセに結局すぐに家飲み再開する

記事を読む

豚肉の生姜焼き

豚肉のしょうが焼き、れんこんの梅和え献立。

つまみ至上主義の我が食卓においては珍しく、非常に家庭料理的な豚肉の生姜焼きなど。 いや

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

tokyotower36
続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えれば

アッシパルマンティエ
アッシパルマンティエ、くるみ入りキャロットラペで赤ワイン。

冬のごちそう、グラタンでワインを飲みたいシリーズです。

今日捨てたもの
制服状態のリブタートルネックはどこへ消えたのか。

冬服をどうこうしていて、そういやここのところめっきりタートルネ

大根とぶりあら炊き
大根とぶりのあら炊き、おつまみ奴献立。

魚のあらに目がありません。 あ、目って魚の目じゃなくて、

sachico
積み重ねてきた実績を、全て捨て去る。

おそるおそる触ってから10日ほどが経過しました。 関連

→もっと見る

PAGE TOP ↑