自撮り好きな人ってイタいよね、なんて笑っている場合ではない。

公開日: : 最終更新日:2015/05/28 健康と美容

仕事で自分の写真が必要になったので、今朝セルフタイマーで撮影しました。

証明写真ほどのフォーマルさは必要なく軽いスナップでよかったのですが、何せ極端に写真を撮ることが少ない私。

参考 40代がきちんとメイクしてもどこかしっくりこない、その原因。

最近撮ったまともな写真がなかったので、自分で用意してみました。

…誰?
撮った写真を確認してみると、そこには知らない人が写っていました。



自分の顔を客観的に観察する

いやー、びっくりした。

浮腫んだ顔、歪んだ眉、左右大きさの違う目、ヘンな分け目、極端に右肩が下がっている姿勢。

ホント、あなた、いったい誰?(by 放出中古車センター)の世界。
地域限定ネタぶっこんですみません、でも、まさしくそんな気分でした。

昨夜の晩酌記事は書かなかったけれど、蕪のサラダ、しらすとチーズのオムレツ、塩豚とキャベツのスープなどをご機嫌に並べてちゃっかり白ワインを呑み過ぎました。なのに起き抜けで顔写真を撮るという行為がそもそも間違っているのですが、にしても、酷い。

一枚撮った時点でこりゃダメだ、と思い、慌てて美容ローラーでマッサージしました。

私がこんな美顔器を持っているなんて少々意外かもしれませんが(自分でも意外)、これ、ヘアメイクの仕事をしている友人からの頂きもの。

「一瞬で顔上がるから、撮影前とか超便利だよ!」

とプロ絶賛のアイテムなのだけど、そもそも自分が被写体になることが少ないし、マッサージ後に鏡を見ても効果はいまいちわかりませんでした。でも、頭とか首をグリグリするのは確かに気持ちいいので、私にとってこれは美顔器というよりもマッサージ器になっていたのです。

そっか、こういう時に使うのかもね、と思い出し、とりあえず頭とフェイスライン、頬のあたりを軽く転がしたあと再撮影。ローラーのおかげかどうかはわからないけれどとりあえずむくみと目の大きさはなんとか誤魔化すことができました。

いやはや、写真って怖い。

鏡の中の自分は本当の自分じゃない

人間の顔は左右対称ではないので、自分が普段鏡で見ている姿は本来の自分の姿ではない。
と、わかっているはずなのに、久しぶりに撮った自分の真顔写真に愕然としてしまいました。
鏡でチェックしてる分には結構いい感じじゃない?なんて思っていた髪形もなんか左右のバランスおかしくてズラみたいだし、以前より多少改善は見られるものの、眉毛もなんかヘン。特に私の場合、視力が悪いので普段は自分の「アラ」が見えていなかったのかもしれません。

これは…いかん。

「自撮り好きな人」を笑っている場合じゃないよね

SNSに毎度自分の顔写真ばっかり載せてる人は

「どんだけ自分好きなの?」

なんて嘲笑されてしまいがちだけど、たまには自分の写真を撮って客観的に自分の姿を観察してみる必要があるかもしれないな、と痛感しました。

だって、自分の脳内にある自分の顔や姿は、多分今の自分ではないから。

歳を重ねる毎に顔がどんどん変化していくのは当然のこと。
けれど、姿勢の悪さや妙な表情の癖に自分で気付くことができれば、改善策も講じられるわけで。

溌剌とした姿勢を維持するために、たまには自分で写真を撮って「今の自分」をきちんと確認しよう、と心から思ったのでした。

しかし、この顔の歪み…。
表情とか、噛み癖なんかが原因なんだろうけど、なんだか歪な印象があるのでどうにかしたいなあ。方法はあるんだろうけど。

例えば、これ。

 

以前読んだことがあるのですが、きちんと継続すれば凄く効果があると思います。

しかしいかんせん私には難しすぎて、続けられる自信がない…。

ハッ!これはもしかすると、心の歪みの表れ…?
いやいやいや(否定)。
まずはついつい左ばっかりで噛んでしまう癖をなんとかするか。

40年以上付き合ってきた自分の顔。
決して嫌いじゃないし、改造する気もないし、これからの変化をきちんと受け入れていくつもりだけれど、願わくば「いい変化」をしていきたいと願うのです。

 




関連記事

By: Nicolas Raymond

ぎっくり腰の痛み対策、あってよかった意外なもの。

By: Simply CVR[/caption] 腰の調子が悪いと自覚していた矢先のぎっくり

記事を読む

By: anfhoang

ほうれい線対策以前に知っておくべき自分の現実。

By: anfhoang[/caption] 来る乾燥の季節にそろそろ備えたい、と書きました

記事を読む

By: Graeme Maclean

集中力の低下か、三半規管の弱さか。

飛行機移動のお供と言えば映画ですが、近頃は長時間連続して画面を見続けるのが辛くなってきました

記事を読む

handmadesoap

40代のスキンケア。基礎化粧品を変えて1ヶ月が経過。

40代になるとファッションが難しくなる、と先日書きましたが、ファッションと同様に悩むのがスキ

記事を読む

gain

太りたくても太れない悩みの切実さ。

先日は一時帰国中の海外在住の友人と久しぶりに会っていました。 お互いの近況報告をし合いなが

記事を読む

checkup.min

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

groovy vol.4

地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

なかなか予定通りに進まないものですね。 せっかく曜日を考慮して選んだというのに、今月は

記事を読む

By: Victor U

散らかし、掻いて、放置して。かりそめの快楽に身を委ねる。

By: Sandy Schultz[/caption] 手湿疹が酷くなったことで数年ぶり無数

記事を読む

temptation

本気の冷え性改善記録 6日目 ベッドの誘惑。

あれ、なんかタイトルがいやらしいですね。 この冬こそは末端冷え性を改善するぞ!と日々できる

記事を読む

skateshose

本気の冷え性改善記録 18日目 外側からの防寒を施す。

つま先が氷のように冷たくなってしまいなかなか寝付けないほどの末端冷え性に悩んでいた私。 今

記事を読む

Comment

  1. naoko より:

    「ミニマルライフ」につられて読者になりました。面白い。時間も忘れて、読みふけってしまいます。
    いらないものは処分して、シンプルに生きようと、本、その他・・・捨てました。 ものが少なくなると、自分に何が必要なのか考えるようになります。一番捨てたいのは、人から良く見られたい、嫌われたくないという「自分」。人の目を気にしてる自分がイヤになります。

    • crispy-life より:

      naokoさん

      コメントありがとうございます。

      モノが少なくなると雑音が少なくなるからか、自分の思考に気が向きますよね。人の目を全く気にしないのも災いのもとになるし、人からよく見られたいと考えて気配りや努力ができるのって悪いことばかりじゃないと思いますよ。
      なんて、マイペース過ぎてコミュニケーション能力に欠ける私が言っても説得力ないですが。

      気楽に行きましょう!

      今後ともよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リライズ
暫定首位を獲得した白髪対策と次の一手。

夏の終わり頃に使い始めたヘアマニキュア、「カラーアゲインプラス

豚肉とごぼうの柳川
豚肉とごぼうの柳川風、かぼちゃとわかめの味噌汁献立。

ごぼうって、面倒な野菜だと思っていました。 他の野菜と比

confort-pumpus
パンプスは40代のコンフォートシューズ。

その後も定期的にヒールのある靴を履いています。 履きたい

ねぎ焼きそば
香港・上環 安利製麺の鶏蚕麺でねぎ焼きそば。

昨年末、フィリピンからの帰り道にふらりと立ち寄った香港で、自分

stand_m
鼻ニキビの憂鬱、赤鼻の恐怖。

数ヶ月前から、鼻にニキビのようなものが多数常駐するようになりま

→もっと見る

PAGE TOP ↑