紅鮭とキャベツの酒蒸し、かぼちゃの塩煮献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

紅鮭とキャベツの酒蒸し献立

先日は、紅鮭料理を盛りつける皿を間違いました。

山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌 紅鮭ソテーぬか漬けタルタルソース添え。

だから今回は一番大きな丸皿を選んだのです。それなのに、ややはみ出ている。つまり、鮭の切り身が大きいということ。

大きいことは、いいことです。

紅鮭とキャベツの酒蒸し、かぼちゃの塩煮献立

紅鮭とキャベツの酒蒸し、かぼちゃの塩煮献立。

  • しめじとモロヘイヤの味噌汁
  • ぬか漬け
  • かぼちゃの塩煮
  • 紅鮭とキャベツの酒蒸し

しめじとモロヘイヤの味噌汁

しめじとモロヘイヤの味噌汁

しめじと油揚げの味噌汁、出汁は昆布。青みはモロヘイヤの茎です。根っこの固いところじゃなくて、上の方の柔らかい部分。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはオクラとプチトマト。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

かぼちゃを一口大に切りところどころ皮をむき、フライパンに入れ塩を振りしばらくおきます。かぼちゃが汗をかいたらふたをして弱火にかけ、柔らかくなるまで蒸したら完成。途中焦げそうになったらば、迷わず少量の水を加えます。

紅鮭とキャベツの酒蒸し

紅鮭とキャベツの酒蒸し

くし形に切ったキャベツをフライパンに敷き詰め、その上に塩を振った紅鮭をのせます。荒く潰した黒胡椒を入れ酒をまわしかけたらふたをして火にかけます。鮭に火が通ってキャベツがしんなりしたら完成。青みに大葉の千切りを添えました。

モロヘイヤの存在が異質ですが、一応は純和風の晩酌献立。辛口の日本酒をひやでいきます。

日本酒にあうおつまみレシピ

年がら年中狂ったように食べている気がする野菜と魚介類、または肉のフライパン酒蒸し。ここのところは少しご無沙汰でしたね。前回は牡蠣とほうれんそうの組み合わせでありました。

栃木の酒 望(bo:)初しぼり純米吟醸玉栄で晩酌 牡蠣とほうれんそうの酒蒸しゆず風味。

一時は毎週のように食べていたように思っていたけれど、前回は4月。ということは、年に数回しか登場していませんね。いや、キャベツや白菜のシーズンになると多発するのか。

紅鮭とキャベツの酒蒸し

材料を入れて蒸すだけのシンプルなつまみをあてに日本酒を飲む晩酌。やっぱり好きです。

そして本日のかぼちゃの塩煮は坊ちゃんかぼちゃを1つ塩煮にしてストックしていた作りおき。サラダやスープに使えるので便利ですが、このまま食べるのがいちばん好きかも。

塩味が好き。我ながら、なんて手のかからない酒飲みなんでしょうか。

 




関連記事

さつまいもと豚肉の生姜煮

晩酌献立 さつまいもと豚肉の生姜煮、きくらげと葱の和え物。

前日から妙にさつまいもが食べたくなり、今夜は絶対さつまいもださつまいもだと念仏のように唱えな

記事を読む

休肝日ごはん 納豆チャーハン、白菜の黒酢スープ献立。

休肝日の晩ご飯、またまたチャーハンの登場です。 前回はシンプルの極みでしたが、今回は具

記事を読む

豚汁で酒

晩酌献立 豆と豆腐の塩炒め、豚汁。

鍋ものなんかもそうですが、ここしばらくで 「汁で酒を呑む楽しみ」 なるものに開眼

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立

キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしばらく自炊をしないでいると途端に

記事を読む

豚しゃぶと菜の花の胡麻和え

家飲みメニュー 豚しゃぶと菜の花の胡麻和え、蕪の梅昆布サラダ。

蕪は魅力的だけれど難しい野菜。 きれいな葉付きの大根にはあまりお目にかかれないけれど、

記事を読む

目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

今朝出かける時にいつものデニムを履いていたのですが、なーんか、ユルい…。 ん?これはもしや?

記事を読む

セロリと卵の炒めもの

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なか

記事を読む

だし巻き献立

だし巻き卵、なすとししとうの焼き浸しで晩酌。

だし巻き飲み、ちょっと久しぶりでしょうか。 出汁のしっかりきいた卵焼きに辛口純米酒、と

記事を読む

鶏レバーソテー

鶏レバーソテー、じゃがいものクリームチーズ和えで赤ワイン。

週末ワイン復活の兆しです。 寒いし久しぶりにグラタンでも焼こうかしらと考えるも妙にレバ

記事を読む

過剰なおひとりさまアピールの寂しさ。

一人暮らしかつフリーランスなもので、一人行動にまつわる話をよく書いています。 一人で過ごす

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

→もっと見る

PAGE TOP ↑