白髪との戦いと10年、20年後の顔。

公開日: : 最終更新日:2017/04/13 健康と美容

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ

相変わらず白髪との戦いは続いております。

前回白髪ネタを書いたのはいつだったかと遡ってみれば昨年末。

関連 白髪を染めないという選択肢。

2017年も戦ってはいるけれど、全くもって勝てる気配がないのでまんま負け戦。往生際の悪さを発揮してちまちまちままセルフケア続行中です。




お気に入りカラートリートメント、なくなる

煌髪(キラリ)

去年の夏頃に使い始めて結構気に入っていたカラートリートメントがありました。

関連 白髪染め 新しいカラートリートメントを使ってみる。

染まりもそこそこいいし、一緒に買ったブラシが使いやすくてラクだし、しばらくはこのコンビで騙し騙しやっていきましょう。

そう考えて追加発注しようとしたところ。

参考 カラートリートメントなのに1回で感動の染め上がり(キラリ)

いつの間にかリニューアルされて、旧製品はなくなっていました。あああ、気に入ってたのに。

乾いた髪に塗り、10分置くだけ!!1回で驚きの染め上がり。

旧品より染まりやすくなったアピールがすごいので試してみようかなと思ったのだけれど、あれでしょ?染まりやすくなったってことは手とか顔とかにつかないようにおっかなびっくりやらなきゃダメなタイプでしょ?

と考えると不器用な私はすっかり腰が引けてしまったのでした。よっ!根性なし!

お手頃カラートリートメントを試してみたけれど

迷った挙句に大昔に使ったことのあるカラートリートメントを試してみました。

大昔、それこそ20代とか。

当時は白髪染め目的ではなく、やや明るめのブラウンにして印象を変えようかしら?という軽い気持ちで選んだドラッグストアによくあるカラートリートメント。1本使い切っても全然思っていたような髪色にはならず、なんじゃこりゃ、とそれっきり疎遠になった代物です。

おお、これまだ売ってるんだ!と懐かしい気持ちで購入。
あの時は黒髪をどうこうしようなんて無茶を考えてダメだったけど、白髪ならあっけなく染まるんじゃないの?そうじゃなきゃこんなロングセラーになってないよね。

と、謎の確信を持って使い始めたのですが、ダメでした。乾いた髪に塗って放置、を3日やっても、1週間、2週間続けても全然染まらない。それでもせっかくだからとしつこくしつこく使い続けて1本目を使い切ろうかという今、ようやくなんとなく染まってるような気がする、程度です。

よって、お出かけ時にはカラーオンリタッチを併用している状態。

関連 旅行、外出先での白髪対策。

どうなんだろうか、これ。なかなか染まらないなりにこのまま使い続けたらいい感じになるんだろうか。

レビューをまるっと信じるわけではないけれど、結構評価が高いし、何より何十年も販売されているロングセラー商品ということは愛用者も多いのでしょう。続けるべきか、もっと染まりのいい製品で手が汚れないように慎重にケアすべきか。迷うところです。

10年後の自分の顔

そういや健康第一アプリなるものを使ってみたんですよ。10年後、20年後、30年後の顔をシミュレーションできるという噂のアレ。

きゃー、10年後にはこんな顔になるのだわ、怖い怖い、と叫びたくなるかと思いきや、ああそうね、そうだろうね、程度に納得。

画面内で歪みゆく自分の顔をぼんやりと眺めながら、そりゃ今こうなんだから将来そうなるだろうさ、となんとなく平常心。それなりにおばあちゃんした自分の顔が出現するんですけども、思ったより怖くはない。

未来の自分シミュレーションとは逆の若返りバージョンが昔の姿に近かったとしたらそれなりに信憑性があるデータってことなんでしょうが、バックトゥザフューチャーには登録が必要だとかでまだ未使用。

軽いお遊びと考えればなかなか楽しいですね、これ。

一時よりほうれい線もずいぶんマシになったとはいえ、シワやらたるみやらの経年劣化は普通に受け止められている。年を取る寂しさは皆無とは言えないまでも、年を取ったからこそラクに、自由になることも多いよなあとさえ思えて、なんだかんだ40代の今を楽しめている。

関連 おばさんバンザイ。

いい感じで大人になれている実感はあるのに、なぜに白髪とは未だに戦っているのでしょうか。ホントに謎。私にとって白髪とは一体。

ミニマリストの持たない暮らし

あれ、なんかまたグダグダになってきた。とりあえず、次は染まりやすいらしい新製品を試すかな。手袋めんどくさいけど。

 






関連記事

morning3

ファスティング(家断食)の記録 その7 ~感動のゴールテープ~

数年前に実施したファスティングのレポート、いよいよ最終日となりました。 この日は1週間ぶり

記事を読む

whitehair

染めたくない。自宅でできる白髪対策について徹底的に調べてみた。

ここ1年でかなり白髪が増えてきました。 東南アジアの暑い国で生活していた影響もあるのか

記事を読む

By: Mainstream

旅行、外出先での白髪対策。

By: Mainstream[/caption] 白髪が増えてきてしまったので、カラートリー

記事を読む

By: Stein Magne Bjørklund

乾いた人生、シンプル・やめるが正解ではない。

By: Stein Magne Bjørklund[/caption] 思い返せばいつも乾燥

記事を読む

ヒルドイドローション

ヘパソフトとヒルドイドローション、比べてみたら全く違う。

この夏から新たにヘパソフトを使い始めて以降なかなか好調な肌状態をキープできています。

記事を読む

By: Donnie Ray Jones

40代のニベアはありか、ナシか。

By: Justus Blümer[/caption] スキンケアを冬バージョンに変えて3ヶ

記事を読む

Pulitzer Hotel Barcelona3

風呂は絶対後悔しない、裏切らない。

いつのまにか、毎日風呂に入る習慣が定着しておりました。 今の住まいに越してきてからはほ

記事を読む

japanesepic

ファスティング(家断食)の記録 その6 ~ゴール目前の心境~

  今回の断食は、断食ジュース食(?)3日に回復食3日、と設定しています。よ

記事を読む

きのこスープ

きのこスープを3日間食べ続ける儀式。

旅行から帰るとかなりの確率で増量します。で、増量分は帰宅後3日で落とす、というスタイルがここ

記事を読む

brownhair

白髪を染めたくない。ヘアカラートリートメントを使ってみた 5回目

ヴァーナルヘアカラー トリートメントを使った白髪ケア、5回目のレポートです。 &nbs

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    こんばんは。

    現在私の右頬には、ヘアマニキュアで染められたマジックで悪戯書きされたような太線が数本入っております。
    マスクで隠れない微妙な位置なので髪で隠すようにして、
    「芸能人じゃあるまいし、誰もおばさんの顔なんて見てないさ。」
    と、口笛吹いていつものように生活しております。

    が、意外と見られてるもんですね。
    びっくりです。
    指摘してくれた人には、「見なかった事にして。」
    とお願いしています。

    新陳代謝が大人しいせいか、4日たってもくっきりです。
    手や耳のカバーはともかく、顔だけはクリームベタベタにしてマニキュアを塗ろう、と固く誓った今日この頃です。
    自分の肌のターンオーバーを過信したという、罰ゲームの最中。(涙)

    crispyさんも、お気をつけあそばせ。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      ええ…やっぱり染まりやすいアレを使うのやめようかしら。私が手出ししたらお正月の羽根つき超絶弱くて顔面うっかり福笑いな感じになりそうですよね。

      そして

      >が、意外と見られてるもんですね。

      これ、私も最近感じて驚愕でした。またいずれ自分のトホホエピソードをネタにしたいと思います。ハァ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。
春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手

161223ny2
47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘ

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し
豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に

setagaya_21
いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑