白髪染めの悲劇、ナンシーへの道。

公開日: : 最終更新日:2018/07/27 健康と美容

headphone

髪が乱れる点が少なからず問題ではありますが、近頃は外出にもヘッドホンを持ち出しがちです。

人間は、そういうふうにできている。

マイクがついていないので、skypeなど音声通話が必要な折には結局マイク付きイヤホン使わなきゃいけないんだけど、音を聞くだけならばヘッドホンが気持ちいい、という結論であります。

小さいとはいえ、荷物は増えるが、まあ重さはさほどないのでよしとしましょう。

白髪染めの悲劇

konbu

お気に入りゆえのヘビーユースで、そこそこ劣化してきたBluetoothヘッドホン。

線が一本ないだけで、こんなに自由になるなんて。

まあ白選んじゃった時点で汚れは覚悟の上です。劣化が気になるのならばやはり黒を選ぶべし、なのでしょうね。

しかしある日、悲劇は起こった。通常ではありえない汚れ方をした。

暑い日が続いたからでしょう。頭皮が熱を発散しようと頑張っていたのでしょう。正式名称わからないけど、あの、ヘッドホンのアーチ状になってる内側が、うっすら紫色に染まりました。カラートリートメントのせいで。

昆布で白髪は染まるのか問題。

髪はしっかり染めてくれないのに、ヘッドホンはきっちり染めてくるとはこれいかに。

自身の名誉のためにはっきり申し上げておきますが、今回の件は私の横着や不手際に起因する惨事ではありません。カラートリートメント塗布後は毎回しっかり洗い流しておりますし、きちんと乾かしてもいます。

しかし、この酷暑には勝てなかった。じっとり汗ばむ陽気のせいで、浸透していたはずのカラートリートメントがうっかりこんにちはしてしまいましたよ。という平成最後の夏にそこかしこで起こっているであろうありきたりなエピソードを披露してみました。

ヘッドホンじゃなくても、帽子とか、シャツあたりで、奥さんもこの手の失敗やらかしてるでしょう?ねえ。ねえってば。

ナンシーへの道

白いヘッドホンにきれいに写し取られた頭髪の跡を、惨めったらしくアルコールで拭き取りながら、写し取ると言えば消しゴムはんこだな、と思う。

あれはもう40年近く前。私の中で空前の消しゴムはんこブームが到来したので、休み時間に教室でせっせと消しゴムを彫ってはノートの端にペタペタ押していました。そうです、昔から一人遊びが好きな暗い子供だったのです。

一心不乱に彫り続ける私を見て幼な馴染みのゆきちゃんが

「crispyちゃんって、そういう子供っぽいところあるよねえ」

と鼻で笑ったことを、昨日のことのように思い出します。

子供っぽいって、我々正真正銘の子供じゃないか。まだ小1やぞ? とは思ったのだけれど、そこはそれ、私とて物心のつき始めた児童。同級生に子供っぽいとバカにされたことが妙に恥ずかしく、その後消しゴムはんこ道からは距離を置くことになりました。

ああ、あの時ゆきちゃんに彫り作業を見つからなければ、ナンシー関になれたかもしれないのに。いや、ゆきちゃんのせいだけじゃない。たった一人にバカにされたくらいであっさり手放せる程度の情熱しか持ち合わせていなかったのだから、どのみちナンシーには遠いのだ。そもそもなりたいのかという疑問もあるけれど、ああいう細かい作業をコツコツ続けていられれば、もう少し器用に育っていたのではという悔いは、残る。

今すぐ一から人生全部やり直したい。

連日の暑さのせいでしょうか。ヘッドホンの話からずいぶん遠くへ来てしまった気がするけれど、ゆきちゃん、その後お元気ですか。

 




関連記事

もう2~3年まともに休んでない。

今年のGWは10連休。 連休前から予定を入れているので、今月前半はかなりタイトなスケジ

記事を読む

本気の冷え性改善記録 13日目 極力部屋から遠ざかる。

11月に入りましたね。 今から準備しておけば、本格的な冬の到来に間に合うかも?と淡い期待を

記事を読む

夕食を抜いて得る満足感。

久しぶりに夕食を抜きました。以前は休肝日と合わせて胃腸も休ませるべく、週1で夕食を抜く「休

記事を読む

本気の冷え性改善記録 2日目 生姜、運動、コツコツと。

辛く冷たい末端冷え性を改善しようと、できることから少しずつ始めています。 参考 本気の

記事を読む

カラーバターで白髪は染まるのではないか疑惑の結果。

カラートリートメントの一種であるカラーバターなるものがあります。 ジャー入りでペースト

記事を読む

海外在住女性はなぜ化粧をしなくなるのか。

By: Pete[/caption] ここ1ヶ月ほどフィリピンやタイにいて新しい出会いもあり

記事を読む

自分のことがよくわかっていない人。

踊る月間、リターンズ。今月はまた踊ります。 地獄よりも、ダンスフロアへ連れてって。

記事を読む

谷川岳

一人晩酌のあり方を考える。

食い意地が張っているばかりでなく、どうしようもない酒飲みです。 関連 食べること、飲

記事を読む

湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

氷のように冷たくなるつま先の冷えを根本から改善すべく、対策に乗り出した2014年の秋。

記事を読む

40代の婦人科検診、そろそろ、そろそろ。

ハイ、グイッとグイッとイッキに!うう〜ん、いい飲みっぷりィ! そんな掛け声に乗せられて

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    タイトルの「ナンシー」で、ナンシー関しか思い当たらず。
    本文にナンシー関の文字を見た時は、ニッコリしたまるいです。
    他にナンシーといえば、というお題で絞り出したのが「夏色のナンシー」。
    昭和に「時代」と付ける事に抵抗(大正時代や明治時代と同じ遠さを感じてしまって)を覚える昭和な女ですが、平成も終わるんだから慣れないとね、昭和時代。

    消しゴムはんこで思い出しましたが、消しゴムはんこを押すようにファンデーションを肌に付けるんです、習ったアラフィフメイク。
    崩れないです。
    でも、うっかり法令線周囲にもパウダーを施したようでコントのおばあさんメイクのごとくくっきり溜まってしまうという失態を久々にしちゃいました。夏奴!

    • crispy-life より:

      まるいさん

      おっしゃるとおり、関と早見が我々世代の2大ナンシーと言えるでしょう。早見について触れたこの記事は、まさにナンシーから連想したものであります。

      しかし不思議なもので、昭和の女と言いつつも実は平成歴のほうが断然長いんですよね。自分の歴史の半分以上、大人になってからはずっと平成を生きてきたのに、未だ強めの昭和感を持っているとはこれいかに。などと考える平成最後の夏、私もベースをぐいぐい肌に押し込んでいく所存です。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

→もっと見る

PAGE TOP ↑