とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め、トマトの塩昆布和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め献立

今季初とうもろこし、かな?

信州四賀 たべくら農園の無農薬夏野菜で贅沢晩酌。

初登場時はシンプルにゆでたところをかぶりつくのが我が家の習わしなのですが、今日は無性に炒めたかったので炒めました。

習わしに全然習っていません。そもそもそんな習わしありません。

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め、トマトの塩昆布和えで晩酌

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め、トマトの塩昆布和えで晩酌

  • 大根とわかめの味噌汁
  • ぬか漬け
  • トマトの塩昆布和え
  • とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め

大根とわかめの味噌汁

大根とわかめの味噌汁

大根、油揚げ、わかめ、いずれもたっぷり入った味噌汁。出汁はいりこ、青味はねぎ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは紫大根、かぶ、なす、にんじんの4種盛り。

トマトの塩昆布和え

トマトの塩昆布和え

くし型に切ったトマトを塩昆布とオリーブオイルで和えたもの。

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め

とうもろこしと豚肉のしょうゆ炒め

豚薄切り肉は塩、胡椒、酒で下味をつけておきます。フライパンにごま油を引き豚肉を炒め、色が変わったら包丁で粒を削いだとうもろこしを加えます。全体に火が通ったら鍋肌からしょうゆをジュっとまわしかけ、うつわに盛って大葉の千切りを散らします。

包丁で粒を削ぐ、ってわかりにくい言い回しですかね。バラバラに外すんじゃなくて、面で外す感じです。いや、単にラクだからこうしただけで、丁寧に粒で取ってももちろんいいです。

ごま油としょうゆで炒めただけのとうもろこしは、白いごはんに乗せても格別の旨さ。ごはん抜きの晩酌には、やっぱりビールですかね。

ビールのおつまみ

実際に目で見て、手で確かめて判断する。それは当然のことなのだけれど、ネーミングの妙というものは確かに存在するなとしみじみ思う。

ゴールドラッシュ、って言われたらなんだか甘そうな気がするし、安納芋と聞けばみっちり詰まってそうに思える。完熟トマトしかり。

わかりやすいマーケティング手法に踊らされてんじゃないよ、と苦笑いしながらも、アタリを引くことだってあるしね。

ぶりあらと青菜のしょうが蒸し、トマト塩昆布奴献立。

魅力的な品種ネーミングはいい。苦笑いしつつもあえて乗っかろうとする自分もいる。しかし「シェフのきまぐれサラダ」とか「森のきのこのやわらかバーグ」とか「お肌つやつやビタミンサラダ」とか「俺の丼」みたいな名を冠したメニューには1ミリたりとも惹かれないのはなぜでしょうか。

まあ、好みの問題としか。

 




関連記事

ジューシーきのこ 7/28 マッシュルームのガーリックソテー。

なーんか拍子抜けってくらい涼しい1日でしたね。 連日暑いと体が持たないので、束の間の休

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏とあわび茸のしょうが味噌、ピーマンの丸煮献立。

蒸し鶏最終日です。 鍋に山盛り作って毎日食べ続けるのが苦手、と散々言っている割にはこう

記事を読む

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。

大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶器市に出向いてがっさり大人買い

記事を読む

家飲み献立 11/17 すき煮、キャベツの生姜蒸し、そして一升瓶。

さて、突然ですが、久しぶりに一升瓶を買いました。 わーい。 いやあ、酒飲みとしては、

記事を読む

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

里芋とベーコンの味噌汁 新玉ねぎのサラダ 水菜とえのきの塩ワサビ和え 白菜の黒酢炒め

白菜の黒酢炒め、ベーコンと里芋の味噌汁献立。

久しぶりに焼酎を導入しました。 これからの季節、ビールが登場する日が増えそうではありま

記事を読む

茄子とひき肉のグラタンに卵を入れて

ワインで家飲み 茄子とひき肉のグラタン。

茄子が余ってるからこれでワインを呑もうと決めた週末。 何にするかなと考えてまたまたグラ

記事を読む

日高見超辛口純米

宮城の酒 日高見 超辛口純米酒で晩酌 せせり塩焼き、蕪のしょうがスープ煮。

家に居ながらにして全国旅行気分に浸る。ということで、全国の酒を呑む「旅」を続けています。

記事を読む

家飲み献立 10/28 蒸し野菜とゆで卵の温かいサラダなど。

覚悟していたのにさほど寒くなかった今夜。 まあそれはそれでありがたいのですけど、ちょっと拍

記事を読む

葱油の温かいポテトサラダ献立。

寒くなったからかどうなのか、近頃無性にお腹が空きます。食欲の秋ってやつでしょうか。 よって、朝

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様

    山梨は玉蜀黍がびっくりするくらい
    旨いし安いです。
    面倒なので、洗ってラップに包み
    レンチンからの塩でいただく
    大雑把O型ちゅーなーです。

    山梨は玉蜀黍を「もろこし」と言います。
    すると今宵のアテは、crispyのぶたにくもろこしいため
    ……腰が痛くなりたしたね。
    もろこし、でエロになるかと思いきや、腰が痛い。

    まぁ何が言いたいかと言いますと、
    これを今度作ってみますと、
    酔った勢いで、コメントするんじゃないよとww

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      「玉蜀黍」ってあまり見慣れないからか、ちょっと虫の名称っぽく見えてギョッとしなくもないですね。
      基本はゆでてそのままがぶりが最高ですが、しょうゆ炒めももろこしの甘みが引き立ってなかなかいけるのでぜひ。

      常にみなさまにお伝えしておりますが、全国各地の酔っ払いのみなさまの為にコメント欄を解放しているようなところがありますので、そこは躊躇わずに酔っ払いコメントをどうぞ。
      そしてタイムリーに、私も今腰が痛いです…嗚呼、もろこしいためのせいなのか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2022年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る行事もすっかり恒例となりました。

たらと豆腐のさっと煮
たらと豆腐のさっと煮、キムチ納豆で晩酌。

どうしようもなく魚気分だった帰り道、スーパーに駆け込みました

80代両親に関する50代の娘の悩み。

年末年始に帰省した際、所用で両親と共に家電量販店へ行きました

焼き大根
焼き大根、豚肉とほうれん草のからし和えで晩酌。

いい感じに太さのある大根がある。おまけに、時間の余裕もある。

ミニマリスト主婦の新春コーディネート。

みんなのマドンナ、ミニマリスト主婦シリーズです。ミニマリスト

→もっと見る

PAGE TOP ↑