2週間でウエストマイナスンcm、ぶよぶよお腹のその後。

公開日: : 最終更新日:2020/11/16 健康と美容

腹の肉削ぎに成功した「お腹ぶよぶよ大作戦」から、5ヶ月が経過しました。

おばさんのモーニングルーティン

その後は日々の計測はスキップして、ぶよぶよ体操のみゆるく継続。背中肉用ストレッチは、やったりやらなかったり。

先日思い立って久しぶりに測ってみたところ、ピーク時基準にてウエストマイナス4cm、下腹部マイナス6cmをキープできていました。ホッ。

腹肉はそこそこ簡単に落とせる肉だと聞くので、もっとガツンと効く方法もあるのでしょう。が、無理なく続けられるレベルのことを習慣づけて、毎日行うやり口は、根性の足りない自分によく合う体型維持方法のようで。

こんなゆるい運動続けても、ゴリゴリマッチョに一生なれそうもないけれど、まあいいか。なりたいかもわからんし。

欲望に忠実なのは、多分いいこと。

食への関心は減らずとも、年々食が細くなっているのを実感している哀しきお年頃。それなのに、時折襲いかかってくる暴飲暴食欲求。揚げ物や炭水化物、高カロリー食品といった悪魔的魅力に抗えない恋心。

先日もなぜか急にチーズナンが食べたくなり、近所の謎メニューインネパ系レストランでテイクアウトしました。

チーズナンなんて、ここ10年食べてません。確か、銀座のグルガオンのチーズクルチャを食べて以来な気がする。

銀座での記憶もすっかり忘れ去っていたというのに、なぜいきなり食べたくなったのか。自分でも皆目わかりませんが、もう食べるしかあるまいて、という確かな決意のようなものがあったのです。

今、この瞬間、どうしても食べたいものがある。絶対行きたいところがある。やりたくて仕方ないことがある。などいう気持ちの盛り上がりは、きっといいものだと思っています。それがたとえ、深夜の高カロリー食品へのときめきであったとしても、多分いいもの。

自分はあれもこれもと外の世界で目移りできる好奇心旺盛な人間ではないので、たまに感じる欲のようなものには、敏感かつ素直でいたい。したいことがわからない、食べたいものがわからない、自分の気持ちがわからない、そんな状態が続くのは、なんだか虚しすぎるので。

自分のことがよくわかっていない人

しかし、こと食に関しては本能に従ってばかりいるとえらいことになる。だから「休胃」したりもする。いっぱい食べるのも好きだけど、それ以上に空腹も好きで、よかったよかった。

夕食を抜いて得る満足感

さてチーズナン。妙な甘さのダメな美味しさで大満足だったんですが、ナンに山盛りチーズ入れるなんてこれ、チーズ大好き日本独自の文化だよね?ていうか、自宅の徒歩圏内にインネパ系レストラン4店もひしめいてるの、いくら大都会東京砂漠とはいえ多すぎるし、どこも似たようなメニューだし、どうなってんだ?

いろいろ気になって、現地の食や日本におけるインド料理店のルーツなぞを調べながらナンタイムを満喫したのでありました。

旨かった。旨かったけど、常食しちゃうとぶよぶよ必至。次回はまた10年後に食べましょう。




関連記事

右軸偏位は治るのか?健康診断 心電図の結果。

旅から戻ってすぐに病院に健康診断の結果を聞きに行きました。毎年8月に健康診断を受けることに

記事を読む

本気の冷え性改善記録 4日目 冷たい雨が降る日のつま先の状態。

辛い辛いと言いながらも根本的な対策を取らずに放置したままだった末端冷え性。 今年は一念発起して本

記事を読む

本気の冷え性改善記録 21日目 時間がかかる体質改善はやるだけ無駄、か。

夜眠れなくなるほどの末端冷え性を根本的に改善したい!と思い立ち、冷え体質改善に役立ちそうなこ

記事を読む

自炊ダイエットの効果とやり方。キツかったデニムがするり!

先日「時代は家呑みダイエット」という記事でも書きましたが、やっぱりきちんと痩せてきている、と

記事を読む

本気の冷え性改善記録 8日目 20度あれば。

極度の寒がりで毎冬末端冷え性に怯えていた私。 今年こそは内側から冷え性を改善したい!と

記事を読む

facebookのプロフィール画像を10年変えない厚かましさ。

以前は積極的に使っていたSNS。 近頃はInstagram以外はほとんど使用していませ

記事を読む

そもそも他人を一切部屋に招かない生活。

3ヶ月に一度の歯科検診の日。いつものように口内状況のチェックとクリーニングをしてもらう。

記事を読む

現実から目を背けて生きる人。

生活や精神状態の他に、ある程度の年齢になれば安定すると思い込んでいたものに、視力がある。

記事を読む

本気の冷え性改善記録 19日目 しっかり温まるシャワー法の効果を再確認。

本格的な冬を前に、今年こそは末端冷え性とおさらばしてやる!と決意した私。 特別な薬や道

記事を読む

外でランチはもう古い?ランチタイムは消えるのか。

なんと!気がつけばもう2年が経過しているではないですか。 関連 休肝日は休胃日に。夕食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑