バンバンバン 腹筋使えヨ!

公開日: : 最終更新日:2018/08/05 健康と美容

sumida_83

毎度おなじみ腰痛のおかげで、踊れない日々が続いています。

おばさんが嫌われる理由。

あんなによろこんで舞っていたというのに、残念無念。

しかし背に腹は変えられない、いや、腰の大事には変えられない。

夏が来るたび痛む腰

どうも私の腰は暑い時期に調子が悪くなる傾向があるのではないか。そう気がついたのは、飽きずに書き続けているブログのおかげです。

2015年の8月。
ぎっくり腰の対処法。まずは楽な姿勢で休む。

2017年の9月。
人生を変える幸せの腰痛学校 自分でできるシンプルなこと。

2017年の12月、常夏の島にて。
尻に奇跡は起こらない 中年留学生の限界。

年がら年中絶好調とは程遠いのですが、腰について書いているのは暑い時期ばかり。なんでだろう、冷房とかも関係あるんだろうか。

ともかく今回は派手なぎっくりではないものの、なんとなく調子が悪い状態が続くというイヤなパターン。珍しく歩くのがキツくなったので、近所の整骨院にうっかり吸い込まれてしまいました。

悲しいことにぎっくり腰の対処法にはもうすっかり慣れっこの私。おかげでここしばらくは整形外科も整体も整骨院も行ってなかったのだけど、なんとなく、ふらふら〜っと、予約もせずに。

だってその整骨院、いつもお客さんたくさんいて賑わっているから、気になっていたんだもの。

腹筋使えヨ!

taitungdog_2

整骨院では飛び込みにも関わらず快く対応していただき、緊急処置としてアイシングと筋肉をほぐすマッサージを。さらに緊急時対応用のコルセットをお借りして、本格的な処置は痛みが取れてからやりましょうということになりました。

以降ちょくちょく通ってマッサージ+αを継続しています。週に何度もマッサージに通うなんて贅沢な、お大臣か。と思わなくもないけども、保険適用内の処置だから料金は普通のマッサージ店より全然安いし、何より体が軽くなる。

ぎっくり腰が癖になってからは腰を触られるのが怖くてマッサージからは遠ざかっていた私ですが、先生曰く、腰痛持ちだからとマッサージを恐れる必要はさほどないらしい。そして

「もっと腹筋使いましょう」

との注意を受けました。

腰痛持ちは腰をかばう癖がついているので、椅子から立ち上がったりベットから起き上がる時は無意識に手をついて、腕の力で動こうとする。となると、腹筋を使わない動作が増えてしまい、さらに腹筋は弱まり、腰痛の根本的な防止には繋がらない、と。

確かになあ、そいうとこあるわ。運動したり、腹筋したり、ストレッチしたりして頑張っても、普段の動作がこれじゃあ台無しですわね。

一応大事をとって踊りは自粛しているものの、日常生活には支障ない程度には回復しました。今後は普段の動作でも腹筋を使うことをもっと意識していこう。慢性的な腰痛とはうまく付き合っていかなくちゃいけないからね。

これじゃないコルセット

ところで今回お借りしたコルセット?ベルト?が苦しくてですね。

幅が狭いタイプで強力に腰を支えてくれる優れもの、だったのですが、こう、腹にぐいぐい食い込んでくるんだな。この手の製品のカタログを見るとだいたい腹筋割れまくりのお兄さんがモデルなので、最早勝ち目なしなんだけど、なんだろう。私の装着姿はこれじゃない感がすごい。

「これはあくまで緊急事態用ですからね。苦しいようなら普通の幅広のベルト使ってください」

先生はそう言ったけれど、原因は明らかに腹だからなあ。ずいぶんマシになったと自負していたのに、まだぶよぶよなのかなあ。

食べない生活 お腹ぶよぶよ大作戦。

今回新調した幅広コルセット、めちゃくちゃ頼れるいいヤツだけど、今の時期はさすがに暑くて暑くてハァビバノンノン。

 




関連記事

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

タイトルの通りです。 先週末からたった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cmの超

記事を読む

夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。 いい歳をして、知らないこと

記事を読む

手湿疹を治したい。

By: Danny Chapman[/caption] 台湾旅行中に皮膚の具合が悪くなって以

記事を読む

東京大仏

座ったままで動かない人。

座りっぱなしはよくないので、30分に1回は立ち上がりましょう。そんなことを少し前にも書いた

記事を読む

じゃがいもカルボナーラ

白ワインは肌に悪いのかもしれない。

鼻ニキビと赤鼻の対策に取り掛かる宣言から早くも2ヶ月が経過し、季節はすっかり赤鼻のトナカイ。

記事を読む

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。 2週間でウエストマイナスんcm

記事を読む

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

10年間顔が変わらないのはイヤだという主張。

10年もこの顔を持ち続けるのは嫌! 友人Mはそんな理由で常にブルーのパスポートを選ぶと

記事を読む

グレーのプルオーバー

男の子は黒、女の子はグレー。

すっかり夏の風物詩となった、年に一度の健康診断に行ってまいりました。早いもので、このネタを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑