私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

公開日: : 生き方と考え方

By: Nattu

あなたはあなた、私は私。

「考え方は違えども、お互い好きに生きていけばいいじゃない」理論を散々展開しているわけですが。

参考 気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

他者を思いやる心はいつだって大切だけれど、なんでもかんでも空気読めとか人の気持ちになって考えようとか好かれるために努力するとか、案外無駄だよなあと思っています。

なんていうと、ものすごいダメ人間臭が漂ってきますね。

同じものでも同じに見えているかはわからない

ところでこのブログには日々の粗食やら散歩風景やらの写真を掲載しているのですが、パソコンを買い換える以前の写真の色合いがものすごく赤かったり濃かったりしてびっくりすることがあります。特に不都合はないのでそのままにしてますけども。

参考 MacBook Airを購入。小さくて軽い、を最優先に考えた結果。

同時期にiPhoneからiPod touchに買い換えているのでスマホ(じゃないけど)での見え方も思ってたのと全然違う。環境が変われば見え方が変わるのは当然なので仕方ないことではありますが、同じデータでも人によってはちょうどいい加減だったりおどろおどろしい色合いに見えているのだなあと再認識。

写真の色合いに限ったことではなく、レイアウトとかフォントサイズなんかもブラウザによってまちまちですわね。もちろん、ちゃんと微調整すればそれぞれの環境で最適化できるのでしょうが、そこまではまあいいかな、と。

見辛いなあと思っている方には申し訳ないですが、自分の環境にしか合わせていません。というか、技術がありません(開き直り)。

みんなに好かれるための努力は必要か

こんな風にブログの見え方でさえ環境によってまちまちな状態なのに、同じものを見て誰もが同じ感想を持つはずがないし、人の気持ちなんてさらに複雑過ぎて万人を理解しようなんて土台無理な話。

よかれと思ってやったことが裏目に出たり、自分勝手に振舞っているだけなのに妙に共感されたりなんてのが日常茶飯事過ぎて

「常に人の気持ちを先回りしよう」
「みんなに好かれるような言動をしよう」

なんて考え過ぎるのはつくづく無意味だよなあと思ってしまいます。

ちなみに愛されコーデとか褒められレシピなんていう他者からの賞賛を得ましょう的表現も苦手。同時に人を操るテクニックとかYESと言わせる交渉術みたいなのともやや距離を置きたい派。

他人や他人の意見をコントロールしようとするのも、そしてされるのも苦手なのでしょうか。

いやいや、ビジネスの場では高度な折衝能力が大事なんだよ君ィ、という意見はごもっともではありますが、普段からそんな技術駆使したコミュニケーションしてたら疲れるわ、と思ってしまう。

私だけが幸せになれ!

まあこれもあくまで私の考えであって、日頃から自らの交渉テクニックや愛され力を試し高めていくのが何よりの楽しみ、という人がいてもそれはそれ。私がいいとか悪いとか判断するようなものではありません。

結局、誰にも彼にも好かれようなんて妙な考えは持たずに自分が信じたように生きていく強さがあれば一番いいよね、という話。
考え方なんてみんな違って当たり前で、どれだけ親しい友人であっても全ての意見に100%同意しなくちゃ付き合えないわけじゃないんだから。

参考 モノを溜め込む人とは友達になれない。

そういや昔「動物のお医者さん」という漫画がありましたよね。あの中で、どんなエピソードだったかは忘れてしまったけど漆原教授が

「私だけが幸せになれ!」

とかなんとか言ってるシーンがすごく好きでした。というか、彼のように常識がーとか好かれるためにはーとか考えず自分の思うがままに生きるのが一番理想的ではないかと。

漆原教授って自分本位ですごく迷惑がられる存在だけど、何より幸せそうだし狙ってはいないけど「結果として愛されてる」もんね。

羨ましい。漫画だけど。




関連記事

朝礼での社訓唱和が熱くて怖い。

就職活動中の大学生と話す機会がありました。 慣れないリクルートスーツに身を包み、慣れな

記事を読む

なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。 ひとしきり遊んだのでそ

記事を読む

忙しい毎日、大人のお得な現実逃避のすすめ。

国外へ転居する友人が、出発当日フライト3時間前まで必死で荷造りしていたという話を聞き、気が遠

記事を読む

犬のこと。

犬派か、猫派か? などという話題がたまに出ますが、私は犬も猫も好きです。でも、どちらか選ぶ

記事を読む

ホーム感、アウェー感。

「バリウムでアレルギー症状が出たことはありますか?」 問診で聞かれて、あ、そういや私、

記事を読む

新年に環境を整えるというシンプルな戦略。

いよいよヤツが本気出してきそうな気配がしませんか。 ヤツってあいつね。2018年ね。

記事を読む

大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラスが床に散乱する写真を見て、背

記事を読む

開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃないですか。もしくは「男女兼用」

記事を読む

実家断捨離の難しさ、本質は片付け以外にあるのかも。

私がモノを持たない生活をしていることを知った知人から片付けについて相談されたことがあります。

記事を読む

1995年から、20年。

今回この時期に合わせてまた関西方面に移動したのには理由がありました。 1995年から2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリストのクローゼット
突っ張り棒が突っ張れない。

整理整頓収納界の重鎮、突っ張り棒。素敵な奥様方は難なく使いこ

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

→もっと見る

PAGE TOP ↑