本気の冷え性改善記録 17日目 驚きの事実に気付いた日。

公開日: : 最終更新日:2017/01/26 健康と美容, 冷え性改善

nudeshoes

末端冷え性を根本から改善すべく地味な取り組みを続けています。
新たな行動を習慣化するまでに必要だと言われる3週間、サボることのないように、毎日コツコツ行動を積み重ねるだけの面白みのない記録を毎日更新中。

付き合わせちゃってすみません。

参考 本気の冷え性改善記録

そもそも、冷え性なんて数週間何かやって改善するようなものでもないし、気長に取り組まなきゃね、と思いつつも、自分なりになんとなくいい方向に向かっている気がしています。



実際に冷え性が治ったよ!という方の体験談を見てみると、漢方やサプリを使ったケースもあるものの多くはしょうがや半身浴、運動など、私と同様に地味な取り組みを続けられた結果改善がみられたという意見がかなり多いのです。

参考 極度の末端冷え性(発言小町)

これはなんだかお墨付きをもらったようで嬉しいですね。

それにしても、以前は暖かい室内でもつま先だけは冷たかったり、暖房のきいたオフィスにいてもキーボードを打つ手が冷たくなったりしていたのに、今年はそういう兆しがない。まあ、まだ秋口だもんね、などと思っていたのですが、昨夜衝撃の事実に気がついたのです。

 

実は冷え性対策は夏に始まっていた

crosslegs

昨日打ち合わせのために入ったコーヒーショップでなぜか冷房?がきいていて妙に寒かったのですが、つま先は冷たくなりませんでした。おお、なんか改善してる気がするぞ、と思いつつテーブルの下で足首回しをしながらふと

「そういや前だったら絶対ここで足組んでたけど、もう平気だなー」

なんて考えたのです。

私は足を組む癖があり、座っている時は必ずと言っていいほど「右足が上」で足を組んでいました。身体が歪むから止めたほうがいいんだろうな、と思いつつも今更どうにもならないだろうとあきらめていたのですがここで足を組むのを止める、と決意表明したことにより、20年来の癖があっさりとなおってしまったのです。

参考 足を組む癖をなおしたい

「やる、と決めたら、(すぼらな私でも)できるんだ!」

小さなことですが、この成功体験が今回の「冷え性を治すぞ!」という決意につながったのは初回に書いた通りです。

 

足組みも冷え性の原因だった!

自分の中で昨日までこの2つは全くつながっていなかったのですが、なぜか突然ひらめいて調べてみたところ、やはり。

参考 「座る姿勢」と足のしびれや冷え(湯島清水坂クリニック)※リンク先の記事が削除されました

足を組んで座ると、どちらかの坐骨結節に上半身の重さが偏ってかかります。右足を上にすると、左側の坐骨結節に上半身の重さがかかります。反対に、左足を上にすると、右側の坐骨結節に上半身の重さがかかります。
これが長年続くと、上半身の重さが偏ってかかっている側の坐骨結節周辺の血流が悪くなります。
足を組むことで、みずから足のしびれや足の冷たさをつくりだしているのです。

そもそもは腰痛や身体のゆがみ改善のために止めようと思い立った「足組み」でしたが、この癖も足の血行を悪くするのに一役も二役もかっていたわけです。

足組みを止めたのは7月。
実は夏から末端冷え性対策をはじめていた、ということに!

そう考えたら冷え性改善を意識し始めてからこんなに早く変化が感じられることにも納得できます。

末端冷え性、特につま先の冷えが辛いという方、足、組んでませんか?もしかして、そこにも冷えを解消するヒントはそこにもあるかもしれません。

なぜか突然「足組み」と「冷え」がリンクしていることに気付いたのですが、身体の不具合って何かひとつを改善することで他にもよい影響が出るし、逆もまたしかりなのだ、ということを改めて実感した思いです。

身体が喜ぶよい習慣をつけて少しづつコツコツ続けていれば、40代でもまだまだ身体は変わる。

これって、ちょっとすごいことじゃないですか?

昨夜この考えに思い至って、なんだかとても嬉しくなりました。
そういえば以前月さんにいただいたコメントも、こういった内容でしたよね。

 

本気の冷え取り対策 17日目

upstair

運動

昨日もよく歩きました。最近は意識して長時間歩くようにしているのと、駅や出先で率先して階段を使うようになりました。早足で階段を駆け上がったらひざが笑うところに筋力のなさが伺えます。あとは座っている時に足首をまわしたり、つま先を上げ下げしたり。これは運動というよりは、じっとしていることでつま先が冷えるのを防ぐ意味合いが大きいです。

しょうが

昨日はいい天気だったので干ししょうがを仕込ました。
食後にしょうが紅茶を飲んでから入浴、お風呂上りにまたしょうが紅茶、というサンドイッチ作戦もまたまた実施。やっぱりこの方法はかなり温まりますね。しょうが紅茶とシャワー法のあわせ技により、布団の中でつま先が冷たく感じることは全くなくなったといってもいいかもしれません。今のところ。

関連 紅茶で歯につく汚れ、ステインを安全に除去する方法

 

入浴

昨夜はゆっくりぬるめのお湯に使って半身浴しました。湯船の中で足指をグーパーしたり、手指と足指を組んでぐるぐる回すストレッチも。ずぼらな私はこういうこつこつ継続するマッサージやストレッチが本当に苦手なのですが、こうして効果が出ていると人間やる気になるものですね。今は続けることが全く苦になりません。
そして仕上げはいつものぽかぽかシャワー法で仕上げ。この入浴法としょうが紅茶の組み合わせは冷え性さんが恐れる「深夜に忍び寄る末端の冷え」にはかなり効果的だと思われます。

寒いのが何よりも苦手なので、冬がくるのが怖いのですが、末端冷え性をどれくらい改善できたのかが確かめられると思ったら、冬がちょっと楽しみになってきたかも。

もしも冬になって「やっぱり全然改善してなかったー」と泣いてたら、慰めて下さい。
いや、きっと大丈夫。ですよね。

※追記 冬になって思いついた足組み癖改善法
参考 湯たんぽの意外だけど効果的な使い方




関連記事

jpumbrella

本気の冷え性改善記録 19日目 しっかり温まるシャワー法の効果を再確認。

本格的な冬を前に、今年こそは末端冷え性とおさらばしてやる!と決意した私。 特別な薬や道

記事を読む

musclecramp

夜中に足がつる。こむら返り予防に効果があった3つの簡単対策。

先日、就寝中に足がつると書きました。 寝ている時のこむら返り、痛いし、辛いし、焦るんで

記事を読む

flowerbath

シンプルケアはこれひとつ、にはならなかった。

昨年春に起きたトラブルが収まった後、スキンケアを変更しておりました。 関連 皮膚科で受

記事を読む

By: Jennie Robinson Faber

ほうれい線に攻めのオイルとマスクを使った結果。

By: Mick C[/caption] いやー、妙に不安定ですねえ。 肌の話です。

記事を読む

chiayi-hotel-14

座りっぱなしを解消したい。

先日ニュースで立ったままで操作できるパソコンデスクや、ストレッチ器具を導入しているオフィスを

記事を読む

kinoko_2

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

ueno_53

病院にたのしく集う気持ち。

久しぶりに整体へ。 一時はまたまた酷い状態に陥っていた腰痛ですが、ここのところかなり落

記事を読む

color

白髪を目立たなくしたい。ヘアカラートリートメントを使ってみた 2回目

昨日から使用開始したヴァーナルヘアカラー トリートメントでの白髪ケア。 今回が2回目で

記事を読む

oldstyle

本気の冷え性改善記録 11日目 冷え性、深夜に発汗する。

苦手な冬の寒さを目前に控えて、末端冷え性を改善すべく毎日あれこれ地味な取り組みを継続しており

記事を読む

By: Samantha Forsberg

突然の体調変化 原因を検証する。

By: Samantha Forsberg[/caption] ここのところ体調がおかしい日

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

れんこんと塩昆布の混ぜごはん
休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する

ny_dt_41
50を過ぎてもまだ結婚できないあの人。

先週スタートしたドラマ「まだ結婚できない男」を観ました。

なすとひき肉の塩炒め
なすとひき肉の塩炒め、トマトと豆腐のスープ献立。

わたくし徒歩フェチなものですから、休日とはいえ家から一歩も出な

1909_shioya4
海の見える家で暮らしたい。

神戸・須磨散歩の続きです。 神戸ウエストサイド景勝ハンテ

えのきのたらこ和え、キャベツと卵の炒めもの献立
キャベツと卵の炒めもの、えのきのたらこ和え献立。

続・魚卵。 休肝日ごはん たらこ豆腐丼、えのきとキャベツ

→もっと見る

PAGE TOP ↑