本気の冷え性対策記録 1日目 簡単なことから。

公開日: : 健康と美容, 冷え性改善

hotspringsteam

今年の冬こそは治す!と宣言した末端冷え性。
そもそも一冬頑張ったくらいで症状が改善するものなのかどうかはわかりませんが、やると決めたからには改善が見られるまでできることをやって行こうと考えています。

参考 本気の冷え性改善計画、今年の冬こそは。

もしこの冬で治らなくなって、冷え対策を継続して習慣になったら、それはそれで体質改善の第一歩になるだろうし、決して無駄にはならないはず。

今日の冷え取り対策 1日目

ginger




ストレッチ

足先に冷えを感じたらつま先を曲げ伸ばしするストレッチを行ないました。これ、持続性はないけれど即効性は抜群な気が。応急処置的になかなか使えます。が、これだけ続けていても根本的な解決にはならないと思うので、お湯を沸かしているのを待つ時間などのちょっとしたすきまを利用して段差を利用したかかと上げ下ろし運動も実施。こういうの、癖付けできれば楽なんですよねえ。

ウォーキング

冷え改善に最も重要だと思われる筋力作り。運動する機会が極端に少ない私はとにかく歩くことで少しでも運動不足を補いたいと考えています。
今日はきちんとした姿勢で歩くことを意識してMBTで1時間ウォーキング。ローリング歩行には血行促進効果が期待できると言うしね。

参考 久しぶりのマサイセンサー、MBTブーツでウォーキング。

その他、家の中でもいつも以上にこまめに動くように心がけました。
例えば、いつもならトイレにいくついでに洗濯物を取り入れるかーと作業効率を優先するのですが、非効率でもわざと階段の上り下りが多くなるような行動パターンにしてみました。家の中で過ごしていて1分1秒を争う場面ってそうそうないですから、多少の非効率はこの際目を瞑ることにします。

黒糖生姜紅茶

夕方小腹が空いたのでおやつ代わりに摩り下ろした生姜と黒糖を入れた紅茶を一杯。やっぱり美味しいし、意外に腹持ちというか、満足感が得られるのは黒糖がしっかり甘いからかな。断食の時はこれを1日何杯か飲んでいたような気がしますが、普通の食生活を送っている中では1日1杯で十分ですね。

食事

夕食に生姜を取り入れました。しょうがは体を温めるのに最適と言われる食材ですが、採りすぎると胃を荒らしてしまうこともあるのでほどほどに。何事もバランスが大事ですからね。

シャワー

冷え性改善するなら毎日入浴が基本!といきたいところなのですが、なかなかそうもいかないので手足がきちんと温まるシャワー方法についていろいろ調べていました。結局行き着いたのは

  • 足先、手の指先など末端から順にシャワーを浴びる
  • 首の後ろ辺りにシャワーを当てゆっくりと温める
  • 最後にひざ下に温水、冷水を交互に当て、血行を促す

という方法。
いやあ、意識してちゃんとシャワーを浴びてみると全然違うもんですね!いつもならシャワー後に暫く起きて本など読もうものなら一気につま先どんびえになるんですが、昨夜はシャワー後早めにベッドに入ったこともあって朝までぽかぽか状態をキープできました。
開始初日、なかなかよい滑り出しではないですか?
昨日はそんなに寒くはなかったですが、朝の時点でつま先が既に氷のようだったことを考えれば決して早すぎるスタートではないと思います。

試してみたのはご覧の通りどれも特別なことではなく、改めて調べるまでもなくなんとなく知っていたような方法ばかりですが、「知識として知っている」のと「実際にやってみる」のとでは全然違うんですよね、当たり前ですが。
なのに、人間ついつい

「もっと簡単な方法があるはず」
「そんな旧式の方法じゃなくて、斬新な商品はないの?」

と、新しい情報ばかり求めてしまうんですよね。え、私だけ?

もちろん、どこかの誰かがものすごく斬新で効果的な方法を発見するケースは多々あるので、スタンダードが一番いい方法なのだ!なんてことは決してないし、情報を捜し求めること自体は悪いことではありません。でも、どんな方法もやってみないとそれがいい方法か否かはわからない。
それなのに何も行動せずにあれこれ新しい情報ばかりを追い求めて

「そんなのとっくに知ってるよー」

なんて言ってないでとりあえず知ってることからやってみようよ自分、と今回改めて思いました。

特に、温水、冷水シャワー。そんなの昔から知ってたのに、なぜにやろうとしなかったのか。体が悲鳴を上げているのに、何故何も手を打たずにいままで放置していたのか。今となっては摩訶不思議ではありますが、今年になってようやく冷え性と向き合えたのも何かのタイミングでしょう。

というわけで、引き続きコツコツ継続します。






関連記事

cosmebottle

美への執着、失くしたくないもの。

運動をしないので筋肉痛になる機会などない。そう思っていたけれど、前回筋肉痛になったのはなんと

記事を読む

By: John Loo

効率よく体力づくり。ただの動作を運動に変える。

By: Nick Page[/caption] 週末はふと思い立ってがっつりと歩いてみました

記事を読む

キラリ ムース

カラートリートメントで白髪は染まらないのでは疑惑。

白髪ケアはもうそろそろやめてもいいのではないか。そう感じつつもしつこく白髪と戦いを繰り広げて

記事を読む

素焼きミックスナッツ

自分からシンプル方面に寄っていくというアプローチ。

乾きもの。 その言葉の意味を知ったのはまだ私が可憐な少女だった頃のこと。なんて大人っぽ

記事を読む

By: Timothy Vollmer

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

color

白髪を目立たなくしたい。ヘアカラートリートメントを使ってみた 2回目

昨日から使用開始したヴァーナルヘアカラー トリートメントでの白髪ケア。 今回が2回目で

記事を読む

jumping

本気の冷え性改善記録 20日目 つらい冷えを今すぐ解消する方法。

本格的な冬の到来に備えて、今年こそは辛くて冷たい末端冷え性を改善するぞ!と重い腰を上げた私。

記事を読む

By: Philip Dean

40代の2年は大きい 2年ですっかり老けた顔。

By: Blake Burkhart[/caption] 先日掃除をしていて、ふと白い封筒に

記事を読む

soft-cream

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

By: audi_insperation

寒がり冷え性無事越冬、必需品を仕舞い込む。

By: P Maillet[/caption] 毎日多少の振り幅はあるものの、さすがにもう冬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

osaka_shinsekai_1
大人がざわつく理由。

西側の友人から返ってきたメッセージに添えられた、割れた瓶やグラ

black-coat
40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕

青菜のナンプラー炒め献立
青菜のナンプラー炒め、手羽元と大根の煮込み献立。

にんにくをきかせた青菜炒め、となると、空芯菜あたりが気分でしょ

minatoku6
誰も知らない、向こう側。

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死

手羽元と白菜の煮込み献立
手羽元と白菜の煮込み、ピーマンの塩昆布和え献立。

黒酢煮を作ろうと考えて、手羽元を仕入れる。 なのに夕方に

→もっと見る

PAGE TOP ↑