キャベツと釜揚げしらすのアーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ。

公開日: : 最終更新日:2017/05/04 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

141104d

今日は帰宅が遅くなってしまった。

夕食はワインとチーズだけにしようかな。

なんて思ったのですが、やっぱり野菜が食べたくなって駅前のスーパーに。

目に付いたキャベツとシラスを使って軽めの一品を準備しました。

 

今夜の家飲みメニュー

141104d2

  • チーズ
  • オリーブ
  • りんご
  • 塩オリーブオイル奴
  • 釜揚げしらすとキャベツのペペロンチーノ

ワインのつまみ盛り合わせ

ここ数日同じような絵面が続いていますが、今夜も切っただけのワインのおつまみ。水切りした木綿豆腐はオリーブのみじん切りを乗せ塩胡椒、オリーブオイルで味付けしました。豆腐とワイン、最近すっかりお気に入りです。

釜揚げしらすとキャベツのペペロンチーノ

141104d3

フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切り、鷹の爪を入れて弱火にかけ、にんにくからちりちりと泡が出始めたらくし型に切ったキャベツと塩を入れ、水を少し振りかけ、蓋をして蒸し焼きに。キャベツがやわらかくなったところでしらすを投入してざっと混ぜ合わせます。皿に盛ってから、仕上げに胡椒とオリーブオイルを。

なんだか久しぶりにしらすを食べたからか、無性に美味しい。
今、旬ですよね。

アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ、といえば美しいまでにシンプルを極めたパスタですが、今夜の料理はパスタ抜き。蕎麦で言うところの「天ぬき」みたいなものでしょうか。

アーリオ=にんにく、オーリオ=オイル、ペペロンチーノ=唐辛子 なので、この表現は間違ってはいないのかな。私は夕食には炭水化物を極力減らしているのでこんな風に「麺ぬき」で作りましたが、もちろん普通にスパゲッティーニで作っても美味しいです。

ところで、しらすといえば幼少の頃を思い出します。

私がまだ小学生の頃に父親が生活習慣病を患ったことで、母親が異常に健康に関して神経質になった時期がありました。
料理が嫌いな母親なりに

「子供には正しく栄養を採らせなきゃ!」

と考えたらしく、でも、その情熱はどうやら空回りしたようで、我が家の毎食に必ず添えられたメニューはちりめんじゃこの酢がけ」。

ちりめんじゃこって結構乾燥させた堅いヤツだよね。そんなに子供は好まないよね。それに、甘酢でも三杯酢でもなく、ただの酢をかけただけ。しかも、最後にはその酢を一気に飲み干さねばならないというルールを課せられました。

これ、子供心に本当に嫌いだった。だって、酸っぱいだけで全然美味しくなかったんだもの。

当時は本当にいやでいやで仕方なかった定番メニューだったのですが、そのおかげか生まれてこの方骨折をしたことがありません。骨は細いけど、どうやら頑丈に育ったみたいです。

当時は辛かったけど、今となってはお母さんありがとう、ですかね。

 




関連記事

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め

油揚げとねぎのしょうが味噌炒め、蒸しなすのわさび梅和え献立。

油揚げをメインにしがちです。 晩酌献立 焼き油揚げ、トマトと三つ葉のサラダ。 タ

記事を読む

家飲み献立 10/22 肉じゃが(豚)他全5品で晩酌。

ひえー、寒い。 ここ数日ちょっと気温が高かったので油断していましたが、さむーい。 今

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

ベジブロスの味噌汁

鶏もも肉のソース焼き、ベジブロスの味噌汁 家飲み献立。

昨年から週に一度の休肝日を設けています。 関連 続ける、やめる。習慣を変えるための簡単

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

一人暮らしの鍋料理 11/7 ひとりモツ鍋、柚子白菜で焼酎。

これからの季節、鍋確率が跳ね上がるよ! と、昨夜宣言したばかりですが今夜も鍋です。

記事を読む

料理に時間をかけないための、作りおき以外の方法。

By: Rosmarie Voegtli[/caption] 先日コメントでご質問をいただい

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

旅に出ると必ず太り毎回あっさり戻す件。

毎度のことですが見事に増量しました。重量にして約2kg増えました。 おいおいフィリピン

記事を読む

手羽元と大根の煮物

ぬか漬けリメイク 手羽元と大根の煮物、おつまみ奴。

昨日は騒音で目が覚めました。 寝ぼけた頭でうるさいなあ、でもこの音よく知ってる音だ、なんだ

記事を読む

Comment

  1. マコ より:

    はじめまして。
    最近こちらのブログを拝見して、とても素敵だなと思い
    コメントさせていただきました。
    私も30歳まじかになり、今後の生活というものを考え始めたところでこちらのブログを見て何を大切にしていくか改めて考えなければと思いました。
    これからもブログ更新楽しみにしています。

    • crispy-life より:

      マコさん

      コメントありがとうございます。
      そんな若い方にも読んでいただけてるなんて嬉しいです~。
      30歳、まだまだ何でもやりたいことできますね。いや、40過ぎてる私もやる気満々ですが。

      これからもどうぞよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ステーキ献立
牛ロースおろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

ステーキといえば肉を焼いたものを指す。しかし私のステーキとは

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

→もっと見る

PAGE TOP ↑