塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

公開日: : 最終更新日:2018/07/08 家飯, 食べること ,

塩つくねと生ピーマン献立

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。

本日は、生で食べます。

つくねピーマンはこれまでにも何度かチャレンジしましたが、結論としてはやはり塩。塩つくねがよいのではないかと。

味付けは極力シンプルにして、肉とピーマンそのものの風味で勝負しようではありませんか。




塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたしで晩酌

塩つくねと生ピーマン献立

  • にらの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 三つ葉とえのきの梅おひたし
  • 塩つくねと生ピーマン

にらの味噌汁

にらの味噌汁

油揚げと刻んだにら入り味噌汁。出汁はいりこ。にらが大量すぎて気持ち悪い見た目に。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根とにんじん。

三つ葉とえのきの梅おひたし

三つ葉とえのきの梅おひたし

叩いた梅干しを出汁にといて香り付け程度のしょうゆを加え、ゆでたえのきと三つ葉をひたします。

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン

鶏ひき肉にに塩、胡椒、酒を加えてよく練り、みじん切りのねぎを加えます。たねを棒状に整えて油をひいたフライパンで転がしながら焼き、中心部までしっかり火が通ったら完成。生のピーマンとともにうつわに盛ります。

煮込みに使う団子よりもシンプルな味付け。でも、焼き上がりのまま生ピーマンと一緒に食べることを考慮して、気持ち強めの塩加減にて仕上げます。苦みのあるピーマンにじゅわっとジューシーな鶏団子をのせて、冷たいビールを流し込む幸せ。好き。

ビールを飲む日の献立

食感というのは味そのものと同じくらい、旨さを感じる上での大きなファクターとなりますね。ピーマンとひき肉の料理といえばピーマンの肉詰めってのがあり、あれはあれで完成度が高くバランスの良いメニューでしょう。あんまり食べたことないけど、想像はつきます。

が、ピーマンが生になることで肉とピーマンとの食感コントラストは強くなり、そのせいか、つまみらしさが引き立ってくる。そうだなあ、やはりこの食べ方はご飯のおかずというよりも、酒のアテがよく似合うなあ。

などともっともらしい講釈を垂れていますがなんのことはない、あのドラマ見て真似っこしただけですからね。

 






関連記事

花の香 純米吟醸 菊花

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたも

記事を読む

moonlight

家飲み献立 9/8 花に嵐のたとえもあるぞ、中秋の名月に。

すっかり秋を感じる1日でした。 今日は中秋の名月でしたか。 そうと知っていれば日

記事を読む

葱と卵の炒めもの献立

葱と卵の炒めもの、大根と豚肉の味噌汁献立。

困った時の卵炒めです。 葉野菜の値段にぶるぶる震える中、大好きな白葱がいい感じの太さに

記事を読む

オイルサーディン 食べ方

野菜スープ、缶ごとオイルサーディン、レトロドール。

3月らしい暖かい日だったので、なんだか白ワインが呑みたくなりました。 最近ずっと熱燗ば

記事を読む

soft-cream

甘い女。

誰だったかが朝ご飯には絶対アイス!と言っているのを聞いて、なんという剛の者よと驚愕した記憶が

記事を読む

160603ienomi9

牛肉と新玉ねぎの炒めもの、焼きにんじんで家飲み。

先日食べたにんじんが妙に気に入ったのでまたまたまるごとにんじん料理。ちょっと気に入ると続けて

記事を読む

豚汁で酒

晩酌献立 豆と豆腐の塩炒め、豚汁。

鍋ものなんかもそうですが、ここしばらくで 「汁で酒を呑む楽しみ」 なるものに開眼

記事を読む

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。 関連 勝手に

記事を読む

170210ienomi_2

レンコン肉巻きの梅蒸し、せりのおひたし献立。

レンコンは好きでよく使うけれどすりおろしてどうこう、は最近やっていないなあとふと思う。

記事を読む

鰤カマの酒蒸し献立

家飲みで体をリセット。鰤カマの酒蒸し。

一人暮らしは外食が続くと自炊するのが途端に面倒になってしまいます。 今回は冷蔵庫のコン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑