塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

公開日: : 最終更新日:2018/07/08 家飯, 食べること ,

塩つくねと生ピーマン献立

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。

本日は、生で食べます。

つくねピーマンはこれまでにも何度かチャレンジしましたが、結論としてはやはり塩。塩つくねがよいのではないかと。

味付けは極力シンプルにして、肉とピーマンそのものの風味で勝負しようではありませんか。

塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたしで晩酌

塩つくねと生ピーマン献立

  • にらの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 三つ葉とえのきの梅おひたし
  • 塩つくねと生ピーマン

にらの味噌汁

にらの味噌汁

油揚げと刻んだにら入り味噌汁。出汁はいりこ。にらが大量すぎて気持ち悪い見た目に。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根とにんじん。

三つ葉とえのきの梅おひたし

三つ葉とえのきの梅おひたし

叩いた梅干しを出汁にといて香り付け程度のしょうゆを加え、ゆでたえのきと三つ葉をひたします。

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン

鶏ひき肉にに塩、胡椒、酒を加えてよく練り、みじん切りのねぎを加えます。たねを棒状に整えて油をひいたフライパンで転がしながら焼き、中心部までしっかり火が通ったら完成。生のピーマンとともにうつわに盛ります。

煮込みに使う団子よりもシンプルな味付け。でも、焼き上がりのまま生ピーマンと一緒に食べることを考慮して、気持ち強めの塩加減にて仕上げます。苦みのあるピーマンにじゅわっとジューシーな鶏団子をのせて、冷たいビールを流し込む幸せ。好き。

ビールを飲む日の献立

食感というのは味そのものと同じくらい、旨さを感じる上での大きなファクターとなりますね。ピーマンとひき肉の料理といえばピーマンの肉詰めってのがあり、あれはあれで完成度が高くバランスの良いメニューでしょう。あんまり食べたことないけど、想像はつきます。

が、ピーマンが生になることで肉とピーマンとの食感コントラストは強くなり、そのせいか、つまみらしさが引き立ってくる。そうだなあ、やはりこの食べ方はご飯のおかずというよりも、酒のアテがよく似合うなあ。

などともっともらしい講釈を垂れていますがなんのことはない、あのドラマ見て真似っこしただけですからね。

 




関連記事

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

れんこんと豚肉の黒酢炒め

れんこんと豚肉の黒酢炒め、豆腐と春菊のスープ献立。

しょうゆや塩、酢などの基本調味料と比べると、黒酢とのお付き合い歴は浅めです。 トマト黒

記事を読む

きつね納豆献立

きつね納豆、あさがお菜のおひたしで晩酌。

今日のメインはきつね納豆、は確定。 さて何か青菜が欲しいなあと駅前のスーパーに寄ると「あさがお

記事を読む

かつおのたたき献立

かつおのたたき、白菜の塩昆布蒸し献立。

これくらいのサイズなら、どうにか戦えそうではある。そう判断して、かつおを柵で入手しました。

記事を読む

牛肉の柳川煮献立

牛肉の柳川煮、キャベツのねぎ塩和え献立。

柳川といえば泥鰌ですね。そう頻繁に食べる機会はないですが、実は嫌いじゃありません。 魚

記事を読む

新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒ツアー前編。

久しぶりに大阪に遊びに行きました。 平日の昼下がり、神戸からJRに乗って、目指すは環状

記事を読む

にら月見

にら月見、海苔と葱の冷奴。

諸事情により食材を使い切りたい状況になった木曜日。ストックおかずも早めに食べ切ってしまおう、

記事を読む

愛媛 深山

愛媛の酒 深山 特別純米 限定直汲み生原酒 塩鶏もつ煮で晩酌。

なかなか進まない日本酒ツアーです。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 愛知と出会えぬ

記事を読む

シェアハウスで料理 8/22 何も作らない晩ごはん。

今週はあれこれ作ってちょこちょこ残していたので、今夜は作りおき食材メインで晩御飯です。 わ

記事を読む

男山 純米生貯蔵 (北海道・旭川市)

北海道の酒 男山純米生貯蔵で晩酌 さんまの梅煮、柿の白和え。

酒類は持ち帰るのが重いこともあっていつもは通販で購入することが多いのですが。 先日近所の酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑