青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もの献立。

公開日: : 最終更新日:2017/05/08 家飯, 食べること




青梗菜の塩炒め献立

普段はあまり立ち寄らないおでん種のコーナーを覗く。
そろそろおでんもシーズン終了ですね。と言いつつ我が家ではおでん作らないんですけどね。

おでんってお鍋にいっぱい作って何日間かに分けて食べ進めるってのがやっぱり美味しいやり方のような気がするので、カレーとかシチューとか煮込みものを毎日食べ続けるのが苦手な私はどうも敬遠してしまうのです。

鍋いっぱいにおでん作っても一人だとなかなか減らないですからね。ダメにしたらと思うと怖くて手が出せないというか。

でも、おでんは好き。たまにはおでん気分でも味わおうかしら、ってことでさつま揚げを煮ました。

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もので晩酌

青梗菜の塩炒め、大根とさつま揚げの煮もので晩酌

  • 白菜漬
  • きのこと三つ葉の味噌汁
  • 大根とさつま揚げの煮もの
  • 青梗菜の塩炒め

きのこと三つ葉の味噌汁

きのこと三つ葉の味噌汁

しめじとエリンギを水から煮たきのこ出汁のみで作った味噌汁。最後に三つ葉を散らします。きのこと三つ葉って最強ですね。

大根とさつま揚げの煮もの

大根とさつま揚げの煮もの

塩、みりん、しょうゆで甘めに味付けした昆布だしでさつま揚げと下茹でした大根を煮たもの。一旦冷まして味を含ませます。

青梗菜の塩炒め

青梗菜の塩炒め

青梗菜は4つ割にして横に3等分します。フライパンに油を引いて潰したにんにくを入れ、香りがたったら青梗菜の硬い部分から順に入れ時間差で火を通していきます。味付けは塩、胡椒のみ。

それなりにボリュームがあるさつま揚げの煮もの。これに肉やら魚やらつけるとtoo muchかしらと考えてメインはシンプルな青菜炒めにしました。晩酌メニューとしては十分だけど、ご飯のおかずにするにはちょっと物足りない献立ですわね。体育会系部活に勤しむ高校男児なら怒りで御膳ひっくり返すレベルの頼りなさか。

久しぶりに食べた気がするさつま揚げ、ふわふわで美味しいなあ。特別なものじゃなくて普通のスーパーで売っている普通のさつま揚げだったけど、なんだか妙に旨く感じてしまいました。束の間のおでん気分。

家では作らないけどおでん自体は好きなので外では喜んで食べます。おでん専門店の洗練された出汁も好きだし、食堂やら居酒屋で食べるざっくりしたヤツもまたいい。おでんは冬がシーズンではあるけれど、夏の海辺で食べるおでんってのもなかなかどうしてなんだよねえ。

と、おでんを食べてもいないのにおでんネタに終始してしまいました。

関連 赤羽 昼からハシゴ酒 東京散歩・北区。

 




関連記事

春雨炒め

野菜と春雨の炒め煮、ザーサイと葱の和えもの献立。

普段なら肉類を投入しそうなメニューですが、なんとなく今週は肉抜き気分ゆえに具は野菜のみ、の春

記事を読む

里芋の味噌グラタン

里芋の味噌グラタン、小松菜のおひたし献立。

グラタンで日本酒を飲む。 そう考えた時にいいつなぎとなるのが味噌ですね。そして味噌とチ

記事を読む

にんじん炒め献立

にんじんの炒めもの、三ッ葉と油揚げのおろし和え献立 。

先日にんじんを爆買いしたんですよ。 まあ「爆」ってのは嘘なんですけど。単に買っただけ

記事を読む

焼き大根、ピーマンの丸煮献立

焼き大根、ピーマンの丸煮で晩酌。

焼き大根、ピーマンの丸煮。 地味野菜ばっかりじゃないかこの草食が、と罵られそうな献立で

記事を読む

にんじんとねぎのサラダ

豚バラとキャベツの味噌炒め、にんじんとねぎのサラダ献立。

豚肉とキャベツの味噌炒め。回鍋肉ってヤツですね。 常日頃から実は野菜炒めは難しい料理で

記事を読む

台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。 午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などと

記事を読む

親子煮献立

親子煮、ゴーヤとツナのサラダ献立。

卵と鶏もも肉だけではさほど心は動かないが、そこに三つ葉が登場すれば話は変わってくる。

記事を読む

きのこのホイル焼き

豚の梅しそ蒸し、きのこのホイル焼き献立。

今季初すだちを入手。 すだちってすごいよね。こんなに小さいのをキュッと絞るだけでああ秋

記事を読む

たらとじゃがいもの白ワイン煮、キャロットラペ。

毎度同じ話ばかりして恐縮ですが、倶楽部方式愛好家なのです。 関連 一番好きな倶楽部方式

記事を読む

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフのサラダ献立。

普段は手に取らない食材も積極的に試しましょう。などと言っておきながらこの体たらく。 メ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑