パン飲み上等!神戸に来たら絶対に外せない、2つのパン屋。

公開日: : 最終更新日:2019/02/12 旅人への道, 食べること

sannomiya-sta

神戸市はパンへの支出が全国で最も高い都市なんだそうで。

参考 家計調査品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング・2011~2013平均(統計局ホームページ)

特に食パンの消費量が多いらしいので「朝ごはんはパン派」の人がたくさんいるのでしょう。
かくいう私も朝からご飯を食べることはほとんどありません。今までの人生を振り返ると、旅行で旅館に泊まった時などを除き「ご飯朝食」の経験は20回もないかも…ホントに。

しかしこのデータ、パン以外の項目が面白いですね。長崎のカステラとか高知のかつおとか、尋常じゃないです。他を寄せ付けない圧倒的な強さ。

パン飲み上等!神戸の定番ベーカリー

さて、デパ地下などに入っている大手チェーン店ではない「街のパン屋」がとても多い神戸。新しいお店もたくさんできているようなので、パン好きとしてはいろいろ試してみたいと思うものの、ついつい同じ店ばかりで買ってしまいます。
今更取り上げるまでもないド定番のお店ですが、せっかくなのでご紹介。

イスズベーカリー

isuzu

昭和21年創業の老舗ベーカリー。三宮、元町などに4店舗あります。電話のみの受付とのことですが、全国に宅配もしている模様。

現在の代表は2代目のようですね。

イスズベーカリーの2代目オーナーシェフ。
20歳の頃からパン作りに携わりキャリアは40余年を数える。
平成10年神戸市からパン部門では初めて「神戸マイスター」の認定を受ける。

と書いてあるのですが、写真が全て手元のみで顔写真なし。なんかいいですね。

参考 イスズベーカリーホームページ

食パンやバケットなどの食事パンから惣菜パン、スイーツ系までかなり品揃えが豊富なのですが、ついつい手が出るのがフィッセルガーリック。

焼く前と後の2回たっぷりとガーリックバターをたっぷり絞り込んだ香り高いフランスパン。

ガツンときいたにんにくの香りが香ばしいパンです。
サイズが大きいので一人では食べきれないのが悩みどころでしたが、今回初めてミニサイズを発見しました。嬉しい。

isuzu2

ワインと一緒にいただきました。
すごく久しぶりに食べて思ったのですが、これ、パンチがきいてるしいい意味でやんちゃな味なので、ワインよりビールかもしれない。

この他にクランベリー入りのフランスパンにチョコレートをサンドした「ザクチョコクランベリー」も購入。その名の通りざくざくとした食感が楽しくこちらも美味でした。サイトによると、期間限定商品なのかな?

ケルン

koln2

中央区、灘区、東灘区などに9店舗展開。こちらも昭和21年創業で現在の代表が2代目のようです。サイトには歴史やコンセプトに関する記述が一切ないのですが、リニューアル前の古いサイトが残っていたのでわかりました。
そしてこちらも全国宅配可能だけど受付は電話のみ。パン屋はそういうシステムが多いのかな?

参考 神戸のパン株式会社ケルン

ここは店構えもこじんまりしていてまさに「街のちいさなパン屋さん」といった感じ。子供の頃から慣れ親しんだ味だからか、なんだかホッとするような素朴さを感じます。

最近はパンと言えばハード系のものしか食べなくなりましたが、ケルンに寄るとなぜかデニッシュ系を買ってしまう私。

koln

ノスタルジックなビジュアルのデニッシュ。やさしい甘さでリッチ過ぎないこの生地が好きなんです。甘ったるいパンは好みじゃないんだけどなぜかケルンではデニッシュばかり選んでしまうのは子供の頃好きだったパンの影響でしょうか。
今ではもう見かけないのですが、大昔ケルンには「デニッシュの真ん中にシロップ漬けみかんが2粒のっている」という素朴すぎる菓子パンがあって、それが大好きでした。あれ、凄くおいしかったんだけどなあ、復活しないかなあ。

全国チェーン展開もいいけれど

今回この記事を書くために初めて両店のサイトを見ましたが(これまで存在が当たり前過ぎてサイトを見るという行動すら思いつかなかった…)どちらの店も神戸で長く続いていて、変わらぬ味が楽しめるのは結構凄いことです。好きだったけど既に無くなってしまった店や、店自体はあるけれど味が変わってしまった店もたくさんあるので。

大手チェーンでも美味しいものはあるし、全国各地どこでも同じものが買えるのはとても便利なことだけど、やっぱりその土地でしかできない経験って絶対必要。何より楽しいし。
小さな企業や個人店を何代にも渡って続けるのは難しいと重々承知していますが、好きな店は3代、4代と長く続いて欲しいです。

家でパン飲み VIRONのレトロドールにヴァッケビアンケで赤白ワイン。

 




関連記事

自信はないのに諦めない。セブ日記 11

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるような天気にあたった印象がない。

記事を読む

ブコディムーロ 恵比寿

恵比寿Buco di Muro(ブコディムーロ)で週末の昼ワイン。

By: yoppy[/caption] 友人から昼酒のお誘いメッセージを受信した週末。

記事を読む

ねぎと卵のチャーハン献立

ねぎと卵のシンプルなチャーハン献立。

卵とねぎだけのシンプルなチャーハン。シンプルなチャーハン献立。いずれの位置で切っても成り立つ

記事を読む

旅の荷物と移動距離。

旅の準備が苦手なりに慣れもあってかさすがに徐々に技術向上している気がしています。 正確

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

新じゃがと新たまねぎの温サラダ献立

新じゃがと新たまねぎの温サラダ、酒粕鶏団子汁献立。

何度か野菜を漬けた味噌と酒粕の漬け床。 関連 鯖納豆、酒粕漬け献立。 下漬けした

記事を読む

里芋のねぎ塩炒め

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料理になりつつある、里芋のねぎ塩

記事を読む

かぼちゃと豚肉のにんにく蒸し

かぼちゃと豚肉のにんにく蒸し、小松菜としめじのおひたし献立。

先日に引き続き坊ちゃんかぼちゃの登場です。 関連 白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフの

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、ほうれん草のからし和え献立。

鶏肉とごぼうで、鶏ごぼう。ごぼうみたいな無骨な野菜と合わせるならばジューシーなもも肉のほうが

記事を読む

Comment

  1. やまだ より:

    こんにちは。
    三宮、国際会館地下2Fの「ビゴの店」もいいですよ~。
    フランスパンお好きでしたらぜひ。

    • crispy-life より:

      やまださん

      コメントありがとうございます。

      ビゴのフランスパンも好きです!
      ついつい「東京で買えない店のパンを」と思ってしまうので毎度この2店に寄ってしまうのですが、神戸や西宮には他にも美味しいお店がたくさんありますよね。

      これからもよろしくお願いします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑