白菜の黒酢炒め、ベーコンと里芋の味噌汁献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

白菜の黒酢炒め献立

久しぶりに焼酎を導入しました。

これからの季節、ビールが登場する日が増えそうではありますが、今日のメニューで日本酒はどうかなー、でもビールの喉具合でもないしなー、という曖昧さを受け止める役割を焼酎に担ってもらいたい、という考え。

なんだかやっつけ感というか、とりあえずの数合わせみたいな扱いをしているようで恐縮ですが、焼酎が頼りになるヤツと見込んでの抜擢です。

割り材の選択肢が広いところも含めてね。

白菜の黒酢炒め、ベーコンと里芋の味噌汁で晩酌

白菜の黒酢炒め献立

  • 里芋とベーコンの味噌汁
  • 新玉ねぎのサラダ
  • 水菜とえのきの塩ワサビ和え
  • 白菜の黒酢炒め

里芋とベーコンの味噌汁

里芋とベーコンの味噌汁

皮をむいて輪切りにした里芋と細切りにしたベーコンを鍋で炒めてから水を加え、里芋がやわらかくなるまで煮ます。ベーコンの塩分を考慮して分量控えめの味噌を溶き入れねぎを散らし、胡椒を振ったら完成。

新玉ねぎのサラダ

新玉ねぎのサラダ

薄切りにした新玉ねぎは塩もみしてから洗って水分を切り、しょうゆ、オリーブオイル、レモン汁、みじん切りのパセリを合わせたドレッシングで和えます。

水菜とえのきの塩わさび和え

水菜とえのきの塩わさび和え

えのきのゆで汁に塩とわさびを溶いたものでゆでた水菜とえのきを和えます。塩味のおひたしといったところ。

白菜の黒酢炒め

白菜の黒酢炒め

フライパンに油をひき、千切りのしょうがとそぎ切りにした白菜を入れしんなりするまで炒めます。黒酢、しょうゆ、水を合わせたものを投入し炒め煮にしたら、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけ、ごま油をちろっとたらしたら完成。

ベーコン入りの味噌汁に、わさび風味のおひたし。メインは黒酢で中華風。ほら、何を飲むべきか、難しいでしょう。しかもちょっと肌寒い日だったので、ビールには手が出ないし、燗をつける気分でもない。こういう時に焼酎お湯割りという選択肢があると心に余裕が生まれますね。スライスレモンを浮かべて。

家飲みブログ

焼酎。
麦か芋かそれとも、と一通り思案してはみたのですが、いずれも導入目的を考えればしっくりこなくてですね。ううむ焼酎も意外と難しいかもしれん、と諦めかけたその時、キンミヤが目に入ったのでした。

家でわざわざ甲類焼酎飲むのもいかがなものかと思いつつ、割り材を選ばない自由な酒があるのもそれなりに都合がいいかと考える。ロックやストレートには向かないものの、今日みたいにレモン入れたり梅干し入れたり、夏場は炭酸で割ったりできるもんね。食中に甘い酒を添えるのは苦手なのでジュース類では割らないだろうけど、お茶割りくらいはするだろうか。しないかな。

とにかく、新たな選択肢が加わったことで謎献立に対応できる体制は整いました。

 




関連記事

青梗菜塩炒め

青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。 おそらく中華料理店で食べた青梗菜炒めが

記事を読む

長崎の酒 福鶴カップで晩酌 鶏ごぼう、黒枝豆の白和え献立。

九州方面は日本酒より焼酎が多いからなかなか見つからなくて、てなことをうっかり酒屋で言ってしま

記事を読む

れんこんと塩昆布の混ぜごはん

休肝日ごはん れんこんと塩昆布の混ぜごはん、にら玉。

食のシンプル化、といえば聞こえはいいが、単なる粗食化は進行する一方です。 シンプルライ

記事を読む

新橋 花れん

新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

By: Wagner T. Cassimiro "Aranha"[/caption] 新潟で

記事を読む

えびとかぼちゃのタルタルサラダ

えびとかぼちゃのタルタルサラダ、キャベツときのこのわさび和え献立。

古漬け活用タルタルソースメニュー第二弾です。 山形の酒 出羽桜 咲 発泡日本酒で晩酌

記事を読む

葱油芋奶のレシピと献立

里芋のねぎ油炒め、豚とにらのスープ献立。

蒸した里芋にねぎの風味をまとわせるシンプルな料理、葱油芋艿。以前本だったか何だかでこの料理を

記事を読む

さつまいもときのこのグラタン

さつまいもときのこのグラタン、白菜と蒸し鶏のサラダで赤ワイン。

1年のうち8割は和食献立に日本酒を合わせる晩酌スタイルとなっていますが、2021年を締めく

記事を読む

焼きカラーにんじん

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

にんじん葉の話をしようと思っていたのに、つい脇道に逸れてしまった先日。 休肝日ごはん

記事を読む

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくまで薄味に仕上げ、ふんわりと固め

記事を読む

豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズ和え

キャベツの塩昆布炒め、豚肉と菜の花の胡麻マヨネーズで家飲み。

キャベツがあるならいつもの塩昆布和えが食べたいなと思うも、寒い。 菜の花の出現にもう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑