豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

公開日: : 最終更新日:2021/06/08 家飯

豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

存在感のあるサイズで調理するにんじんのつまみが好きです。

例えば、牛肉の出汁で煮る、など。

にんじんと牛肉の塩煮献立。

そしてシンプルに切って焼くだけの「焼きにんじん」もこれまた頻出つまみのひとつですが、本日は肉っ気が欲しかったので豚肉を添えました。

そう、メインはにんじん。肉は添えもの。

豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。

豚肉とにんじんのにんにく焼き、納豆汁で晩酌。
  • 納豆汁
  • かくや和え
  • ピーマンのおひたし
  • 豚肉とにんじんのにんにく焼き

納豆汁

納豆汁

小粒納豆は包丁で細かく叩きます。昆布と鰹節で取った出汁に納豆を入れて煮込み、味噌を溶き入れ、ねぎをたっぷり加えたら完成。

かくや和え

かくや和え

キャベツと大根の古漬けを刻み、おろししょうが、ごま、大葉で和えたもの。

ピーマンのおひたし

ピーマンのおひたし

千切りにしたピーマンをさっとゆでてうつわに盛って鰹節をのせ、しょうゆをまわしかけます。

豚肉とにんじんのにんにく焼き

豚肉とにんじんのにんにく焼き

4等分に切ったにんじんにオリーブオイルをまとわせてフライパンに乗せ、潰したにんにく、塩胡椒で下味をつけた豚肉と一緒に焼きます。表面にこんがり焼き色がついたらうつわに盛り付け、粗塩をふります。

ビールによし、日本酒によし、焼酎とかワインあたりもいけそうな万能つまみ、焼きにんじん。でも、ごはんのおかず…には、どうだろうか。そもそもが甘いにんじんをメインにしたおかずって、ごはん進みにくいよね。そんなことない?

日本酒にあうおつまみレシピ

さほど興味のなかった野菜の万能ぶりに気づいたり、漬ものの可能性に開眼したりと、毎度の夕食が晩酌形式になってから、これまで持っていた食材に対するイメージがいろいろ変わりました。

にんじんだって、もともと嫌いじゃないけど、メインのおかずに据えてにどかんと1本食べるような野菜だとは考えていなかったような。

食事スタイルの変化、というよりも、年齢による好みの変化が大きいのかもしれません。

というわけで、もしかしたら酒飲み仕様でしかないかもしれない本日のメイン料理。ここは好みが分かれるところでしょうが、焼きにんじんに関しては、ちょっと芯が残る程度の焼き具合が美味しい。と、個人的には思います。そりゃ生でも食べられる野菜ですからね。一方、豚肉は生食ダメ絶対。脂身がカリッとなるまでしっかり焼きましょう。




関連記事

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し

豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に手に入り、しかも控えめなお値段

記事を読む

休肝日ごはん、しらすおろし、ゆかりごはん献立。

ベトナム旅行記がまだ途中ではありますが、遊び呆けた大型連休から日常に戻って献立記事など。

記事を読む

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いております。調理技術がないことに加え

記事を読む

さつまいもと鶏肉のグラタン

さつまいも入りチキングラタン、ロマネスコサラダで赤ワイン。

本日も駆け込み冬メニューです。って最近そればっかりですね。 3月に入ったというのに全然

記事を読む

簡単おつまみ 8/25 塩鶏、人参、ザーサイ豆腐。

週明けも変わらず家飯です。 最近ほぼ毎日家で作って食べているからか、たまにジャンクなものを食べ

記事を読む

焼きれんこん

焼きれんこん、豆腐とわかめのサラダ献立。

通常営業に戻り、晩酌献立です。 しばらく自炊から離れた後は、体内環境を整えるために帰宅

記事を読む

肉団子とキャベツの煮もの献立

肉団子とキャベツの煮もの、茄子の酢醤油炒め献立。

そろそろ汁っぽいもの、温かいものを体が欲する季節がやってまいりました。 嫌ですね。

記事を読む

塩豚とキャベツのしょうが炒め

塩豚とキャベツの炒めもの、蕪の梅サラダ献立。

先日普通に入手したキャベツを大事に食べています。 いやー、つかめない。野菜の動きがつか

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、島オクラのおひたし献立。

蒸し鶏。平素はむね肉を使い、そして蒸さずにゆでることが多いです。 せりと蒸し鶏の梅和え

記事を読む

豚ともやしの酒蒸し献立

豚肉ともやし蒸し、里芋のクリームチーズ和え献立。

もやしワシワシいきたい熱発症につき、もやし蒸し。 もやしって給料日前の救世主的として広

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

チェンマイ 2015
金塊を背負って生まれてきた人間。

先日友人に 「あなたは金塊を背負って生まれてきた人間だ

おろし納豆スパゲティ
シンプルを極めるか、落とし所を探る旅。

今週はTHE・休肝日という趣のメニューが続きます。 ハ

→もっと見る

PAGE TOP ↑