柏餅をひとつだけ買えるか。

公開日: : 最終更新日:2017/05/05 食べること

edogawa21

柏餅が食べたい。

もともと柏餅は好きなお菓子だけれど、やはりこの時期に食べたくなるのは見かける頻度が高まるからでしょうか。

柏餅を手に入れるのはさほど難しくはない。今日日スーパーでもコンビニでもどこでも手軽にひとつから買えるので便利なものです。

しかし、それはそれで味気ないじゃないか。




柏餅をひとつだけ買えるか

tsukiji150930

柏餅が食べたい。それも、ひとつだけ食べたい。だけど、コンビニやスーパーで買うのはイヤ。

デパ地下ってのもちょっと違うし、街の小さな和菓子屋みたいなところのそれが理想的。

関連 同じものばかり、こんなにたくさんいらないのに。

しかしわざわざ和菓子店に入って柏餅ひとつだけを買い求めるのはどうにも躊躇われる。

そんなこと、ありませんか。

甘いものはそれなりに好きなのだけれど、美味しいものをちょっとだけ食べたい派。じゃあいくつか買って何日かに分けて食べればいいかと言えばそうもいかないのがお菓子というもの、ああ悩ましい。

とか考えていたらふと通りかかった小さな和菓子店の入り口に

「おひとつからお気軽にどうぞ」

の張り紙を見つけ、思わず吸い込まれる。

「ひとつだけ、でもいいですか」

いや、張り出してまでいいって言ってくれてんだから改めて断ることもないんだけど、ご主人は

「はいどうぞ。今ならやっぱり柏餅だね、つぶあん、こしあん、みそあん」

と、まるで私の心を見透かしたような朗らかさで応える。じゃあみそあんで、とお願いすると今度は

「ほいきた、みそあん」

と小気味よい声が返ってきた。

人生初ほいきた、いただきました。

ほいきた

濃い系ラーメン屋の腕組み店主とかチェーン居酒屋の四六時中喜び気味の店員らが繰り出すような威勢のいい掛け声とは全く異なる、ごく普通のほいきた。

80代と思しき店主がおそらく日常使いしてきたであろうナチュラルほいきたの響きが、汗ばむ陽気の午後には妙に好ましく、言葉の力に感じ入る。

関連 こんにちは、の先制打。

ほいきた、ってこんな感じで言うんだ。あれ、もしかしたらおいきた、だったのかな。などと帰宅後も耳に残るひとことのことを考え続け、挙句こうして書き残している始末です。

望み通りに柏餅をひとつだけ買えたことよりも、思わぬほいきた体験のほうがうれしいような休日。

ミニマリストの持たない暮らし

ところで柏餅は断然こしあん派。柏餅に限らず、あんこまわりではおおよそこしあんが好きなのです。

けれど敢えてチャレンジしたみそあんのこぶりな柏餅の皮はたっぷりの水分をたずさえている。そこへちんまりと包まれた儚く上品な甘さのあんに香る味噌の風味が後ひく心地よさ。

これならひとつと言わず、一緒にこしあんも買えばよかったかな。

いやいや、こういうのはひとつを大切に食べるのがいいのだ。水羊羹をいくつ食べたなんて自慢は馬鹿のすること、もうひとつ食べたいところをぐっとこらえるのがいいと向田邦子も言っていたではないか。

 






関連記事

鯖と葱の酒蒸し

1人暮らしの魚レシピ 9/17 鯖と葱の酒蒸し、小松菜とちくわの辛子和え。

スーパーに一歩足を踏み入ると、そこは冷蔵庫でした。 あまりに寒いのでパトロールする気力

記事を読む

141103d

カヴァで家飲み 11/3 秋鮭と春菊のグラタン。

最近すっかり春菊づいている我が家の食卓。 ひと束買ったら、一人暮らしはとても1日では消

記事を読む

tsurumatsu_11

新橋 やきとん鶴松で昼下がりの一人ホルモン。

散歩のとき何か食べたくなって。 と池波も言ったので千代田区散歩の後は新橋まで足を伸ばし

記事を読む

にんじんと青梗菜のツナ炒め レシピ

家飲み献立 2/26 にんじんと青梗菜の炒め物、三つ葉と葱のサラダ。

近頃やたらお腹が空くんだけど、成長期かしら。← 家でご飯や麺類を殆ど食べない生活ゆえに

記事を読む

鶏もも肉とキャベツのしょうが蒸し献立

キャベツと鶏のしょうが蒸し、菜の花の辛子和え献立。

長旅を終えて自宅に戻りました。 家飯好きではあってもしばらく自炊をしないでいると途端に

記事を読む

モツ鍋(もどき)

モツの入っていないモツ鍋(もどき)で晩酌。

いきなりの、鍋。 急に寒くなったとはいえ、なぜ今わざわざ食べるのだ、という感じの鍋。

記事を読む

ひやおろし

島根の酒 環日本海 純米ひやおろしで晩酌 いんげんとツナのサラダ、オクラ奴。

気に入ったものがあればあまり浮気せずにずっと使い続けるタイプです。 飲食になるとさらに

記事を読む

水菜の卵とじ献立

水菜と油揚げの卵とじ、梅わかめ納豆献立。

先日に引き続き、またまたやや肌寒い日の晩酌献立。さすがにもうあれほど寒い日は訪れはしないでし

記事を読む

焼き大根

家飲みおつまみ 焼き大根、分葱の梅しらす和え。

野菜を焼くだけ。 そういう料理とも言えない料理が好きです。 作るのが楽だから、と

記事を読む

鶏豆腐 晩酌

鶏豆腐、海老のナンプラー風味サラダ献立。

寒くなると三州屋風鶏豆腐を家でもちょくちょく作ります。 メインはもちろん鶏肉と豆腐、

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    そんなこと、ありません。

    むしろ、町のお菓子屋さんへ寄ったときの方が、心置きなく個買いしてます。ものによりますが包装簡易で、気楽な印象。これは、微妙な都会住み所以かもしれませんが。
    でも、都内のどら焼きが有名なお店でも、すぐ頂くので!と散歩中テイクアウトしたことがある。
    旅先でもやりますので、これは個人の気質なんでしょう。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      そんなことない、ですか。

      確かにその場で食べちゃうときは団子でもコロッケでもひとつ買いが基本なのだから別に買い難いものではないですよね。
      実はパン屋でもひとつだけ買うのが苦手なのですが、それは単に目移りしているだけなのではないか疑惑もあります。ひとつだけ買いたい、といいつつ、本心ではあれもこれも食べたいと欲張っているだけなのかも。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
必要最低限のメイク、厚化粧の女。

これは、というテクニックが身につくとどんどん追求したくなって、

焼き春キャベツ献立
焼き春キャベツ、ツナと小松菜のおろし和え献立。

ここのところ、キャベツネタが多いですね。 春キャベツと肉

setagaya_15
大人に慣れると役に立つ。

「顔、ぜーんぜん変わってないね」 先日、久しぶりに会っ

きくらげとねぎの卵炒め献立
きくらげとねぎの卵炒め、肉団子と大根の味噌汁献立。

二日目のカレーは美味しい、などと申しますが、二日目の肉団子も旨

konbu
昆布で白髪は染まらない問題。

毎度おなじみ白髪ネタです。 すっかりカラートリートメント

→もっと見る

PAGE TOP ↑