鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒で晩酌 鯛あらとわかめの酒蒸し献立。

公開日: : 最終更新日:2017/06/19 家飯, 食べること ,

鳥取の酒・此君純米無濾過生原酒

鳥取にやってまいりました。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

今回は初訪問の酒屋にて各地の日本酒を吟味。しんとした店内には私同様慎重にラベルを確認する酒好きが数人。

銘柄の目星はついたものの種類が多く、店内を行きつ戻りつどれにしようかとしばし悩み、自分と似たような動きを繰り返す同類の姿に安堵する。
やけに楽しい酒買い出しのひとときでした。

鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒

170427ienomi_1
迷った挙句最終的に手にしたのは鳥取・此君(しくん)の純米無濾過生原酒。吟醸、大吟醸などもあって迷ったのだけれど、ここのところ吟醸続きだったので純米を選択しました。

参考 喉ごしよろしい端麗な酒。(高田酒造株式会社)

「此君(しくん)」は、竹葉の露が良酒になったという中国の故事の一説「なんぞ此の君なかるべけんや」から此君を抜粋し、高田屋の屋号「ひわだ屋」の紋である「○」(注:「○の中に『ひ』」を冠して命名されました。

あ、ほんとだ「○ひ」がついてますね。サイトを見るまで気づいてませんでした。

冷やしたものを一口。キリッと辛い。
サイトには甘からず辛からずと記されているけれど、かなり力強さのある辛口とお見受けしました。淡麗とは感じないのは私の日本酒経験値がまだまだ足りないせいでしょうか。ちょこっと燗つけたらまた違いが楽しめそうだけど、冷たいままでも十分な旨味を感じます。アルコール度はやや高め、食中酒として良い選択ではないでしょうか。

鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒 データ

蔵元 高田酒造株式会社(鳥取県・倉吉市)
種類 純米
精米歩合  70% (五百万石)
日本酒度  +16
酸度  2.4
アルコール度  18.5~19.5度

 

鯛あらとわかめの酒蒸し、ねぎと焼き油揚げの辛子酢味噌和え献立

170427ienomi_7

  • 酒粕漬け
  • えのきと大根の味噌汁
  • しらすおろし
  • ねぎと焼き油揚げの酢味噌和え
  • 鯛あらとわかめの酒蒸し

えのきと大根葉の味噌汁

えのきと大根葉の味噌汁

本日の味噌汁はえのきといりこのダブル出汁に刻んだ大根葉。えのきは一度に茹でて茹で汁ごと冷蔵庫保存し、汁ものや和えものに使いまわしています。

しらすおろし

しらすおろし

昨日は酢で食べたしらすおろし。今日は味かぶりがないのでしょうゆで。

ねぎと焼き油揚げの酢味噌和え

ねぎと焼き油揚げの酢味噌和え

白味噌、煮切りみりん、酢、辛子で合わせた辛子酢味噌でやわらかく茹でた白ねぎと両面カリッと焼いた油揚げを和えます。

鯛あらとわかめの酒蒸し

鯛あらとわかめの酒蒸し

鯛あらは熱湯をかけてすぐ冷水に取り血合いや鱗を取り除き水分をしっかり拭き取って塩を振ります。フライパンにあらを並べて酒をまわしかけ蓋をして蒸し煮に。鯛に火が通ったら戻しておいたわかめを加えさっと煮て取り出します。すだちをぎゅっと、が理想形なんだけど手に入らず。

最初に昆布を入れようとして、いやいやわかめからも出汁がでるじゃないかと思いとどまりました。しかしさすがに塩と酒だけじゃ物足りないかと危惧してポン酢を添えたものの、ポン酢いらずの旨味ににっこり。腐っても、じゃなくて、あらでも鯛、か。

日本酒にあうおつまみレシピ

いやあ、豪華豪華。あっさりなれどしっかり旨い鯛と辛口の酒の組み合わせでこりゃご機嫌。あらだけど。

鯛あらはこっくり煮付けはもちろん、失敗の少ない酒蒸しはさらに気軽でいいですね。なんせ酒振りかけて蓋するだけですからね。

但し、酒蒸しでも下処理にはそれなりの手間をかけるべし。このつまみの最大の難関は煮付け同様鱗取りなのです。鱗さえ取れば勝ったも同然、焦らず迷わず取り除きましょう。

 




関連記事

目標達成!家飲みダイエットは確実に効く。

今朝出かける時にいつものデニムを履いていたのですが、なーんか、ユルい…。 ん?これはもしや?

記事を読む

にじますのホイル焼き

にじますホイル焼き、小松菜のもずく酢和え献立。

釣り人である友人から、にじますのおすそ分けをいただきました。曰く 「小さいのばっかりで

記事を読む

鰯の煮付け 献立

鰯の梅煮、そぼろあんかけ豆腐。

今週も月曜日は休肝日&休胃日、ちゃんと実践しましたよ。 参考 休肝日は休胃日に。夕食抜

記事を読む

小さい里芋の蒸し焼き

かぶと豚肉の梅炒め、小さい里芋の蒸し焼き献立。

小さい里芋。もっと他に言い方はないのかと考えてはみたけれど、やっぱり小さい里芋としか表現でき

記事を読む

家飲み献立 10/29 葱とじゃがいものグラタンをメインに。

ここ数ヶ月の間、ほぼ毎日のように家飲みメニューを写真とともに綴っているからか、最近は肉豆腐と

記事を読む

イカの黒七味焼き献立

イカの黒七味焼き、タアサイの辛子和え献立。

なんだか近頃魚介気分なのでしょうか。 煮魚が続いたので今日は肉にしましょうね、と一通り

記事を読む

砂肝のポン酢漬け、キャベツステーキ。

週末は街へ繰り出して、友達と豪華なディナー! なんて、誰が決めたのでしょうか。

記事を読む

飲める献立 9/5 焼き厚揚げ、鶏皮とザーサイの和え物。

週末ですね。 今週の東京はいまいちすっきりしない天気が続いていたので、久しぶりに暑くカ

記事を読む

ピーマンと卵の炒めもの

ピーマンと卵の炒めもの、たぬき豆腐献立。

「むじなそば」なるものの存在を知ったのは割と最近のことです。 油揚げと天かすが両方入っ

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その3. 嘉義駅 鐵路招牌里肌肉飯。

台湾旅行に興味はあったけれど台湾の地名にはとんと疎かった私。台北とか台中はもちろん知っていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑