塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。

公開日: : 食べること

塩辛じゃがバター

じゃがバターですよ、奥さん。

長年晩酌記録を続けていますが、じゃがバターは初登場ではないでしょうか。

じゃがいもは好きだし、バターも好き。よって居酒屋でオーダーする機会もある。しかし家で食べようという気にはならない不思議なメニュー、それがじゃがバター。

今回珍しく登場した理由は「北海こがね」です。

北海こがねの塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。

北海こがねの塩辛じゃがバター、小松菜と豚肉のからし和え献立。
  • 大根とにんじんの味噌汁
  • キャベツの梅和え
  • 豚肉と小松菜のからし和え
  • 塩辛じゃがバター

大根とにんじんの味噌汁

大根とにんじんの味噌汁

同じ大きさに切りそろえた大根とにんじん、油揚げをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布と豚肉の茹で汁、青みはねぎ。

キャベツの梅和え

キャベツの梅和え

塩もみしたキャベツをさっと洗い流して水を切り、梅肉で和えた即席漬け。

小松菜と豚肉のからし和え

小松菜と豚肉のからし和え

茹でた豚薄切り肉と小松菜を、粗塩、辛子、ごま油で和えたもの。豚肉の茹で汁は味噌汁に流用しました。

塩辛じゃがバター

塩辛じゃがバター

じゃがいもの表面に十字に切り込みを入れ皮ごと芯まで柔らかくなるまで蒸します。うつわに盛り付けバターといかの塩辛をのせたら完成。

じゃがいもの皮が破れかぶれなのは、芽を取ったからです。なんか痛々しい見た目になってしまいましたが、ぼっくぼくのじゃがいもにバターのコクと塩辛の塩っけが…なんて、説明するまでもないですね。おなじみ酒飲み仕様じゃがバターのすごく美味しいヤツです。

日本酒にあうおつまみレシピ

以前、初めて入ったとある居酒屋で、朗らかなおかみさんにおすすめを聞くと

「じゃがバターがおいしいわよぅ」

と意外な答えが返ってきたのです。

「じゃがバターなんてどこでも食べられると思うでしょ?でも、ホントに美味しいから!ちょっと違うの!」

自信満々な様子に、そこまでいうならとオーダーしたそれは、本当に旨かった。あれは確か、蒸し焼き?うん、ちょっとだけ「焼き」が入ってたような気がする。

なにこれ旨い!と喜んでいると、おかみさんはじゃがいもが違う、なんとかこがねとかいう、北海道のじゃがいもを使っているとおっしゃる。

先日いただいた北海こがねなるじゃがいも、これこそが、あの店自慢のじゃがいもではなかろうか?と考えてのじゃがバターなわけです。

そりゃ旨い。旨いですよ、塩辛までのせちゃったんだし。でも焼きが入って皮がパリっとしたあのじゃがバターには及ばず。

そりゃそうですわね。家でできない美味しいものは、そのうちまた外でいただくことにします。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

鶏つくねとキャベツの煮物

家飲み献立 5/26 鶏団子とキャベツの煮物、わかめと油揚げの酢の物。

気分は何故だか肉団子。 ということで豚ひき肉を目当てに買い物に行ったら私は到底手が出せ

記事を読む

里芋のねぎ塩炒め

里芋のねぎ塩炒め、キャベツのおかか和え献立。

小ぶりな里芋が手に入った時は絶対にこれ! そろそろ定番料理になりつつある、里芋のねぎ塩

記事を読む

家飲み一人鍋 1/12 豚肉と葱のしゃぶしゃぶ

東京に戻りました。 よって、久しぶりの家飲み記事。 ...なのですが、またすぐ家を空

記事を読む

鰺のたたき

鰺のたたき、きくらげとザーサイの冷奴で日本酒。

今夜は冷しゃぶにでもしようかな。 と思いつつ鮮魚売り場も念のため巡回していると、まるっ

記事を読む

きぬかつぎ

白菜と蒸し鶏の梅和え、きぬかつぎ献立。

白菜が幅をきかせてまいりました。 白菜愛好家としては何かと捗るこの季節。どかんと大きい

記事を読む

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め

ピーマンとちくわのしょうゆ炒め、ブラウンえのきの梅和え献立。

ちくわ。久しぶりに登場しました。 こういうものって、たまにやたらと食べたくなる。「たま

記事を読む

トマトとオクラのサラダ キャベツとアンチョビのスパゲティ

抜歯で休肝日の食事、キャベツとアンチョビのスパゲティ。

抜歯で休肝日。妙なタイトルをつけてしまいましたが、まんまその通りです。 関連 40過ぎ

記事を読む

鶏レバーのしっとり煮。

人間、歳を取ると食の好みが変わるといいます。確かに幼少の頃に好んだ料理を40歳過ぎても食べ続

記事を読む

肉団子と大根の味噌汁

肉団子と大根の味噌汁、レタス炒め献立。

先日の鯖水煮缶と同じパターンです。 鯖納豆、豆苗と豆腐の炒めもの献立。 鯖サラダ

記事を読む

ガサエビの紹興酒漬け

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

酒のつまみを自分で作る際はあまり手をかけ過ぎず、素材そのものをシンプルに味わいたい派です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑