青物横丁 丸富で鰻串を楽しむ。

公開日: : 最終更新日:2020/05/18 一人飲み, 東京散歩

ジュネーヴ平和通り

先日の品川散歩の続きです。
駅前を横切る通りの名はご覧の通り妙にハイカラ。青物横丁になぜ突然ジュネーヴ?と思ったら

参考 ジュネーヴ平和通り(しながわ観光協会)

品川寺の梵鐘(はんしょう)を通じて品川区と友好都市提携を結んだジュネーヴ市(スイス)から、”Avenue de la Paix”(フランス語で「平和通り」)の標識が送られた。

ほう、ジュネーヴと品川は友好都市でしたか。

青物横丁で鰻の串焼きを楽しむ

青物横丁 丸富

品川から歩いている時にやたらと鰻屋が目に入ってきました。

特別鰻屋が多い、というわけでもないのでしょうが、私が単に鰻好きなんです。好物、と言っても過言ではありません。

関連 好物は何かと問われれば鰻と答えたい。 銀座 『ひょうたん屋』。

頭の片隅と鼻腔の奥にほんのりと鰻を忍ばせていたらジュネーブ平和通りに鰻の文字を発見。

aomonoyokocho

これは入らないわけにはいかないでしょう。

aomonoyokocho11

鰻のお店、丸富。
コの字カウンターのみ10席ほどの小さな店内、お昼は飯もののみ、夜は鰻の串焼きで一杯呑めるお店のようです。ちなみに昼はお酒は出ないみたい。健全ランチ仕様ですね。

早速カウンターの中腹に陣取り、熱燗とひれ、きも、えり、串焼きと一通り注文してしばし待ちます。

うなぎ丸富串焼き

久しぶりの鰻串、美味い!
鰻重も好きだけど、鰻の串焼きもまた大好物なのです。べったりと甘すぎないタレで酒が進んでしかたない。やかんから直に注がれる熱燗の気取らなさもいいですね。

うなぎ丸富メニュー

品書きの下に

「スマホ利用お断り」

の文字があってギョッとしたのですが、写真を撮ってもいいかとお願いすると快く許可して下さいました。席数の少ない人気店だから、ランチの忙しい時間にスマホを見ながら休憩しないで後の人に席を譲って欲しいってことなのかな?ちなみにこの日、飯ものはお昼の営業のみで売り切れていました。

いえ、私はそれでいいんですけどもね。

丸富頭焼き

頭焼きも追加。かなり骨ばった部位なので苦手な人もいるかもだけど、私はこのごつごつとした歯ごたえも好き。

aomonoyokocho5

こちらはサービスで出して下さいました。

これだけ食べてコップになみなみ注がれた熱燗を2杯呑んでお会計は2,000円弱。あれ?計算間違ってんじゃないの?って思ったけど、お品書きみたらちゃんと合ってた。なんと良心的な価格設定なんでしょうか。

丸富持ち帰りメニュー

こちらはお持ち帰りメニュー。

aomonoyokocho8

一人呑みはさくっと食べてささっと退店が正解。
席数は少ないけど居心地いいし、旨いし、常連さんが多いけど一見が入りにくい感じの雰囲気でもないし、いやいや、いいお店でした。近所にあったら足繁く通うわ。羨ましいぞ青物横丁住人!

ごちそうさまでした。

================
うなぎ丸富
東京都品川区南品川3-6-2
03-3474-4382
================

帰りも品川まで歩こうかと思ったのだけど、せっかく熱燗で温まったことだし、ここはおとなしく京急に乗りましょう。

aomonoyokocho12

aomonoyokocho15

aomonoyokocho13

aomonoyokocho16

品川に着いてから気が付いたのだけど、京急の品川駅、馴染みがある。私、昔に何回か品川から京急乗ってるな…。でも、いつ、どこへ行くために使っていたのか全くもって思い出せない。なぜなのだ。

まあいいか。

年内最後の東京散歩は好物の鰻付きで締めくくりました。23区制覇までまだあと半分残ってるし、来年もこんな風に地味で愉快な散歩を楽しむこととします。

 




関連記事

巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区

近くの旅でも旅は旅。 ということで突如近場散歩に目覚めたこの夏。 参考 東京散歩。近場の旅で

記事を読む

都電散歩、そして庚申塚駅で呑む。東京散歩・豊島区

前回の続きです。 参考 巣鴨地蔵通り商店街から庚申塚へ。東京散歩・豊島区 ノープ

記事を読む

カキフライには瓶ビール。銀座 「三州屋」

今日から年末年始休暇の方が多いでしょうか。 年内にやろうと決めていたことを実行するため

記事を読む

新橋ときそば

お湯割りの向こう側。

先週末だったか、ちょっと寒くなった日があったじゃないですか。 午前中はカラッと晴れてい

記事を読む

イカゲソ兄弟とおじさんと私。

ある週末の夕刻、近所の居酒屋のカウンターで飲んでいると、すぐ後ろのテーブル席にファミリーの姿

記事を読む

赤羽一番街を無作為に歩く 東京散歩・北区

近くの旅でも旅は旅。 ということで、ということで東京都内各所を改めて歩いてみるというお遊び

記事を読む

江戸東京博物館はゆっくり見たい 東京散歩・墨田区

前回の江戸川区散歩から少し間が空いてしまいましたが続いています、東京散歩。 関連 東京

記事を読む

ほとんど埼玉?成増駅を歩く 東京散歩・板橋区。

近くの旅でも旅は旅。 ということで東京23区内を改めて練り歩くお遊びを細々と続けており

記事を読む

大田黒公園で少し遅めの紅葉狩り。東京散歩・杉並区

杉並散歩の続きです。 関連 西荻窪から住宅街を抜け荻窪へ。東京散歩・杉並区 せっ

記事を読む

栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出ては来ず、すべての接客を内側か

記事を読む

Comment

  1. ちゅーなー より:

    crispy様
    初めまして。ちゅーなーと申します。
    常夜鍋小松菜 でここに来ました笑
    私も40代…男です。
    憧れる生き方されていて羨ましいです。
    少しずつ見習いますm(__)m

    • crispy-life より:

      ちゅーなー様

      コメントありがとうございました。

      全く憧れられるような生き方ではありませんが、楽しそうだなと思っていただけたなら嬉しいです。
      そして実際、楽しいです!

      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  2. やま えみ より:

    初めまして。仕事納めの電車の中です。この一年、毎日のように読ませていただきました。年代、一人飲み、物少なく。勝手ながら、似ている安心感もあり。また、へえ~と感心や刺激もいただきました。お礼のありがとうと、共に、来年もよろしくお願いします。

    • crispy-life より:

      やま えみさん

      コメントありがとうございます。現在は冬休み中でしょうか、今年も1年おつかれさまでした。
      いつもお読みいただいているとのことで嬉しく思います。

      こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。どうぞよいお年を!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑