いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

いわしの塩焼き献立

おりょうりいちねんせい。

そんなタイトルに変更すればいかがですかと提案したくなる画像をご覧に入れております。

魚を、そのまま、丸ごと焼くだけ。

シンプルな作業でも、さらには自炊歴がいくら長かろうとも、事件は起こりうる。ということを身を以て証明しようではありませんか。

いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダで赤ワイン

いわしの塩焼きじゃがいも添え、トマトサラダ

  • トマトサラダ
  • いわしの塩焼きじゃがいも添え

トマトサラダ

トマトサラダ

レモン汁、しょうゆ、オリーブオイルを合わせたドレッシングで、ちぎって水に放ちパリッとさせたレタスとくし形に切ったトマト、千切りの大葉を和えます。

いわしの塩焼きじゃがいも添え

いわしの塩焼きじゃがいも添え

うろこを取ったいわしに塩を振りしばらくおき、水分を拭き取ってから粗塩を振って丸ごと焼きます。蒸したじゃがいも、ラディッシュと共に皿に盛り付け、オリーブオイルをまわしかけ、レモンを絞っていただきます。彩の緑はにんじんの葉。

丸ごと塩焼きにして、盛り付けるだけ。それがなぜこうなった。いや、味は全く問題なく、赤ワインにとってもよく合うことには変わりないんですけども。

ワインを飲む日の晩ご飯

昨年の夏あたりに初めて試して以来、すっかり気に入ってしまったポルトガル風いわしの塩焼き。魚の塩焼きとなると白ワインがぴったりきそうなものだけど、この一品に関しては、案外赤がしっくりくることは既に検証済みであります。

で、なぜ今回見るも無残なお姿になったのかという話。

前回この料理の記事を書くにあたって写真を眺めていて、やや焼きが足りないかな、もうちょい強めに焼くのもありかもしれん、と思ったのです。

いわしの塩焼き、ほうれん草のサラダで赤ワイン。

刺身でも食べられるいわしだから別にいいんだけど、なんかちょっと、もうひと焼き!って感じ、しませんか?

このビジュアルが頭に残っていたので、今回は張り切ってこんがり焼き色つけちゃうぞー、と焼き始めたら、張り切りすぎて焼きすぎたの巻き。

焦げ焦げの焼き魚ってのは、古来より料理初心者の失敗作ビジュアル筆頭ですが、確かにねえ。皮を破らず、美味しそうな焼き色をつけるタイミングを逃さないって、難しいのかも。

今回の敗因は火加減云々もありますが、調理中に他のことに気を取られ目を離してしまったこと、そのせいで腹が破れてワタが流出してしまったことなどです。

残念無念。しかしやはりすこぶる旨いいわしの塩焼きと赤ワイン。

次回こそ、上手に焼いてやる。まってろ、いわし。

 




関連記事

大分の酒 西の関 手作り純米

大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

手持ちの札(酒屋)を何軒か見回って、ようやく大分の酒を発見しました。 残すターゲット県

記事を読む

海老と卵の炒めもの献立

紹興酒で晩酌 海老と卵の炒めもの、大根とにんじんのなます。

紹興酒があるのにうっかり日本酒ばっかり飲んでたわ。 そう気がついたので本日はやや中華に

記事を読む

出羽桜 つや姫

山形の酒 出羽桜 つや姫 純米吟醸で晩酌。鶏むね肉とエリンギのしょうが炒め、長芋明太子和え献立。

鶏むね肉を食べるとなると、蒸し鶏になるパターンが多い。 蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献

記事を読む

鍋ひとつで料理 8/17 塩豚とキャベツのポットロースト

夏休みも今日で終わり。 明日から通常運転という方が多いのでしょうか。 毎日が仕事で毎日が休み

記事を読む

家飲み献立 9/22 鶏胸肉のバジル炒め、しめじとわかめの温奴、他全5品。

いやー、くしゃみと鼻水が止まりません。 風邪引いたわけじゃなくて、花粉症っぽいぐしゅぐしゅ

記事を読む

晩酌 おつまみ 秋刀魚の生姜蒸し、焼きレンコン。

この秋秋刀魚も3匹目。 日本人が食べる秋刀魚の量は平均すると3匹程度らしいのですが、あれ?な

記事を読む

海鮮塩炒め

海鮮塩炒め、焼きなすと春雨のサラダで紹興酒。

先日のロールイカの残りに海老を加えて海鮮炒めにしようと思い立ち組み合わせる青みを考える。

記事を読む

焼き厚揚げ

晩酌献立 焼き厚揚げ、白菜のサラダ。

先日油揚げの魅力について熱く語りましたが同様に厚揚げも大好きです。豆腐周りはヘルシー志向の味

記事を読む

銀座 泰明庵で、清く正しい蕎麦屋酒。

今日は夕方銀座で終了だったので 「明日は絶対蕎麦を食べるんだ」 と、昨日のうちか

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑