だし巻きしらすおろし、春菊のごま和えで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること ,




だし巻きしらすおろし献立

つい先日、近所の居酒屋で生しらすおろしをオーダーしました。

生しらす、いいよねえ。にこにこで熱燗をいきつつご飯にのっけて卵の黄身落としてワシワシいくなんてのもいいよねえなどと考える。

最近はどこのスーパーでも見かけるようになった生しらす。よって家飲みにも投入できるのだけれど一人で一気に食べられる量じゃないよなあと毎回二の足を踏んでしまうのです。

というわけで本日は生ではないけれど、しらすにしました。

だし巻きしらすおろし、春菊のごま和えで晩酌

161202ienomi_1

  • 白菜漬け
  • 鶏豆腐
  • 春菊のごま和え
  • だし巻きしらすおろし

鶏豆腐

鶏豆腐

こちらは先日の残り物。鶏豆腐、と言っても鶏も豆腐も少量しか入っておらず完全に出汁メインです。

春菊のごま和え

春菊のごま和え

茹でて5cm程度の長さに切った春菊をすりゴマ、しょうゆ、ごま油、マヨネーズを合わせた和え衣で和えました。これが食べたくて久しぶりにマヨネーズを購入。期限までに使い切らねば。

だし巻きしらすおろし

だし巻きしらすおろし

卵を割りほぐし鰹節と昆布で取った出汁、塩、酒で調味して焼いた出汁巻き卵にしらすおろしをたっぷりのせてしょうゆで。

出汁巻きもしらすおろしもそれだけで十分一品として成り立つというのに合わせて味わおうなんてどういう風の吹きまわしでしょうか。贅沢すぎますね。そうでもないですか。

春菊被りも甚だしく色味に乏しい寒々とした献立ですが、だし巻き飲みはいつ何時も私を裏切らない。しらすを卵液に入れ込んで一緒に焼き上げるかどうかでしばし悩んだのですが、これでよかったな。

日本酒にあうおつまみレシピ

なぜか春菊のごま和えにだけはマヨネーズを使いたい派なので久々にマヨネーズを購入しました。確認してみると初夏にようやっと使い切っていた前回のマヨネーズ。その昔は冷蔵庫に絶対あるべきと思い込んでいた調味料でしたが、気づけばあまり使わなくなっていました。特に冬場はね、日本酒ばっかりだし、和食過多だし。今回も一番小さいサイズにしたことだしせっかくだから意識していろいろ使ってみるとしましょうか。

あ、しまった。また暫く家空けるんだった。朝ごはんにもフル活用するとしてもそんな短期間では使い切れないなあ。春菊のごま和え食べたさにうっかりミスをしてしまったわ。

マヨネーズの消費期限は開封後1ヶ月が目安らしい…けど、まあ大丈夫でしょう。大丈夫か。とりあえずポテトサラダでも作るかな。

 




関連記事

佐賀の酒 天吹

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

こんにちは九州、どうぞよろしくお願いします。 牛歩に次ぐ牛歩でのろのろと駒を進めてきた

記事を読む

なべしぎ

なすとピーマンのしょうが味噌炒め、おつまみ奴で晩酌。

先日迷って却下した方のメニューをうっすらとスライド。 関連 肉豆腐、なすと三つ葉のサラ

記事を読む

鶏と水菜の酒蒸し 献立

鶏と水菜の酒蒸し、トマト納豆。

今日は珍しく遅いランチで、おまけにデザートまでしっかり食べちゃったものだからお腹が減らず。

記事を読む

レンコン肉巻きの梅蒸し、せりのおひたし献立。

レンコンは好きでよく使うけれどすりおろしてどうこう、は最近やっていないなあとふと思う。

記事を読む

セロリと豆腐の炒めもの

セロリと豆腐の炒めもの、キャベツのおかか和え献立。

なんか最近この手の作戦が多めだけど、残りもの一掃献立。 先日作った豆腐炒めものが妙に旨

記事を読む

にら玉献立

にら玉、新玉ねぎと釜上げえびの和えもの献立。

偏食に拍車がかかりそうです。 元々野菜至上主義者ではあったのですが、頼りにしていたご近

記事を読む

焼きかぶのトマト和え

焼きかぶトマト和え、キャベツとしょうがのスープ献立。

毎度のことながら、食材使い切り週間の献立は珍妙さが増しますね。 焼きかぶのトマト和え、

記事を読む

ベーコンとキャベツの蒸し煮

キャベツとベーコンの蒸し煮、いり卵で晩酌。

先日使ったベーコンが余っていたので同じく余っていたキャベツと蒸し煮に。 買い出しに行か

記事を読む

1人暮らしの晩ご飯 8/29 2色ピーマンの炒め物。

うーん…今日も肌寒い1日でしたねえ…。 ここ数年、日本の気候はあきらかにおかしくなっていると感

記事を読む

レタスしゃぶしゃぶ献立

レタスしゃぶしゃぶ、トマトと卵のスープ献立。

レタスの鍋が好きです。 土鍋にたっぷりの酒と水、出汁昆布を入れたものをグツグツしながら

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
残酷な真実と、壁の血のり。

営業再開したいつものカフェに入ると、パンがまだ焼けていないのだとい

マスクを外す、その日が怖い。

「オンラインミーティングなのに、マスクつけてる女の子いるよね、あれ、

もうどうでもいいわという投げやりな態度で。

奥さん、6月です。そろそろ開いてる店も増えてきたので、修理に出すタ

おばさんのモーニングルーティン。

2週間が経過しました。 2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

→もっと見る

PAGE TOP ↑