埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。

181022_ienomi_7

先日埼玉・川越へ出かけておりまして、自分土産に日本酒を購入してまいりました。

蔵造りの街 小江戸川越を歩く。日本散歩・埼玉県

そうそう、今夜はあれを開けましょうねそうしましょう。と、袋から出してみてびっくり。

なんとまったく身に覚えのない、選んだ記憶にない酒が出てきたのです。



埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒

181022_ienomi_1

袋から出てきたのはなんと「社長の酒」なる吟醸酒。

売り場に日本酒がずらりと並んでいたので、割とどれにしようかなで適当に選んでパパッと買いました。

買いましたけど、多分、隣にあったものと間違って手に取ってる。意識して選んでいたらこの名称、嫌でも記憶に残っているはずだし。だいたいなんだよ、社長の酒って。

帝松 吟醸 社長の酒 (松岡醸造)

元々鑑評会出品酒で、社長しか飲むことができなかったためこのような名前が付きました。
今では出世酒として多くのお客様に親しまれております。

簡潔にまとまった解説で誠によろしいのですが、私の読解力のなさでしょうか、いまいち意味を測りかねております。鑑評会出品酒、はわかる。しかし社長って、誰。鑑評会は社長しか出席できないのか。そうだとして、それはどこの社長なのか。それとも素人には窺い知れない何か特別なルールがあるのか。

謎は深まるけれど、一番の謎は私がなぜこの酒を無意識のうちに選んだかということ。出世か。出世願望なのか。実は潜在意識下では地位や名誉を欲しているのか。そして同出世酒シリーズとして「部長の宝」という商品もあることをお伝えしておきます。実は社長より部長の方がハードル高いよね。私、なろうと思えばすぐにでも社長になれる立場だけれど、部長は無理だもの。

ところで純米じゃない吟醸酒って久しぶりに飲んだような。思った以上に辛口で華やかな香りと裏腹にガツンとパンチのある味わいは、ヨッ、さすが社長!といったところでしょうか。

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒 データ

蔵元  松岡醸造(埼玉県・比企郡)
種類  吟醸酒
精米歩合  60%
日本酒度  +3
酸度  1.5
アルコール度  15度

秋刀魚の梅昆布蒸し、たたききゅうりで晩酌

秋刀魚の梅昆布蒸し、たたききゅうりで晩酌

  • ほうれん草の味噌汁
  • ぬか漬け
  • たたききゅうり
  • 秋刀魚の梅昆布蒸し

ほうれん草の味噌汁

ほうれん草の味噌汁

ほうれん草と白ねぎをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布と秋刀魚の頭。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツとにんじん。

たたききゅうり

たたききゅうり

荒く叩き割ったきゅうりをごま油、粗塩、胡椒で和えたもの。

秋刀魚の梅昆布蒸し

秋刀魚の梅昆布蒸し

秋刀魚は頭とお腹をとって筒切りにし、塩を振ってしばらくおいてから出た水分を拭き取っておきます。フライパンに出汁昆布を引き秋刀魚と梅干しを並べて酒を回しかけ、蓋をして蒸し煮に。秋刀魚に火が通ったらうつわに盛り、大根おろしを添えます。

新しい酒を開けた日のつまみが魚だと妙にうれしい。うまい具合に語呂合わせ(?)の出世魚を持ってくることはできませんでしたが、好物の秋刀魚はこれで今季6尾目となかなかいいペースです。

秋刀魚を使ったレシピと献立

さて、本日の味噌汁の出汁は秋刀魚の頭とちょっと恐ろしいことを言っておりますが、以前鯵を食べた時のことを思い出してのこと。

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

秋刀魚の頭も出汁にしちゃえばいいんじゃないの?と思いつくも、鯵ならともかく秋刀魚はさすがに生臭くなるのではないかどうしたものかとしばし逡巡しました。

が、よくよく考えてみれば食べられないほどひどい仕上がりになることはありえないのだし、思い立ったが吉日、果敢に冒険してこその我がデタラメ人生、ということで秋刀魚あら出汁にトライ。熱湯をかけて臭みを抜いた秋刀魚の頭を煮出してみれば、ちゃんと美味しい味噌汁が出来上がって拍子抜けしたのでした。そりゃそうか。

ああ秋刀魚旨いよ秋刀魚。今年はあと何回食卓に上るかな。

 




関連記事

砂ずりのガーリックソテー

砂肝のにんにく炒め、蕪の煮浸し。

いやー、春っぽい。 出掛けに上着はいらないかな、と思ったものの帰り寒いのがイヤで結局着

記事を読む

okinaan_2

上野 翁庵で年越し蕎麦。

蕎麦が好きなので年がら年中食べたいのですが、だからということでもなく年越し蕎麦が食べたい派で

記事を読む

141220d

家飲み献立 12/20 塩手羽大根、なめこ湯豆腐。

今朝改めてカレンダーを確認してびっくり。思わず二度見。 なんと、もう20日とは! 12月も

記事を読む

豚肉の肉吸い

肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので晩酌。

肉吸い、という食べものをご存知でしょうか。平たく言えば肉うどんのうどんぬきスープ。蕎麦屋にお

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。 本日は、生で食べます。

記事を読む

砂肝ポン酢漬け 家飲み

一人家飲みメニュー 3/19 砂肝のポン酢漬け、こんにゃくステーキ。

そろそろ献立のバランスよりも家を空けるまでに食材をいい感じに使い切る、ということに注力し始め

記事を読む

141018d2

家飲み献立 10/18 ローズマリーチキンに赤ワイン。

料理に合わせて楽しんでいたワインセットもラスト1本になってしまいました。 空ける順序をあれ

記事を読む

蒸し鶏献立

蒸し鶏ねぎソース、白菜サラダ献立。

しっかりとした肉をモリモリいきたい。そんな気分の時は結構な確率で鶏むね肉を選びます。

記事を読む

カレイのゆず昆布蒸し

カレイのゆず昆布蒸し、キャベツの梅おかか和えで晩酌。

ゆず、ゆずなあ。 昔地元に豚肉と白菜をゆず風味で蒸した料理が名物の店があって、それはす

記事を読む

140819d2.min

お家で簡単サムギョプサル 1人暮らしの晩ご飯。 

今夜は訳あって早めに夕食を済ませなければなりませんでした。 ゆえに、ささっと簡単調理。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

PAG_1
40代の冬の服、可愛いと若作りの間で。

眠らせてしまいがちなアイテムの活用に成功している今秋。

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

→もっと見る

PAGE TOP ↑