埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。

181022_ienomi_7

先日埼玉・川越へ出かけておりまして、自分土産に日本酒を購入してまいりました。

蔵造りの街 小江戸川越を歩く。日本散歩・埼玉県

そうそう、今夜はあれを開けましょうねそうしましょう。と、袋から出してみてびっくり。

なんとまったく身に覚えのない、選んだ記憶にない酒が出てきたのです。

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒

181022_ienomi_1

袋から出てきたのはなんと「社長の酒」なる吟醸酒。

売り場に日本酒がずらりと並んでいたので、割とどれにしようかなで適当に選んでパパッと買いました。

買いましたけど、多分、隣にあったものと間違って手に取ってる。意識して選んでいたらこの名称、嫌でも記憶に残っているはずだし。だいたいなんだよ、社長の酒って。

帝松 吟醸 社長の酒 (松岡醸造)

元々鑑評会出品酒で、社長しか飲むことができなかったためこのような名前が付きました。
今では出世酒として多くのお客様に親しまれております。

簡潔にまとまった解説で誠によろしいのですが、私の読解力のなさでしょうか、いまいち意味を測りかねております。鑑評会出品酒、はわかる。しかし社長って、誰。鑑評会は社長しか出席できないのか。そうだとして、それはどこの社長なのか。それとも素人には窺い知れない何か特別なルールがあるのか。

謎は深まるけれど、一番の謎は私がなぜこの酒を無意識のうちに選んだかということ。出世か。出世願望なのか。実は潜在意識下では地位や名誉を欲しているのか。そして同出世酒シリーズとして「部長の宝」という商品もあることをお伝えしておきます。実は社長より部長の方がハードル高いよね。私、なろうと思えばすぐにでも社長になれる立場だけれど、部長は無理だもの。

ところで純米じゃない吟醸酒って久しぶりに飲んだような。思った以上に辛口で華やかな香りと裏腹にガツンとパンチのある味わいは、ヨッ、さすが社長!といったところでしょうか。

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒 データ

蔵元  松岡醸造(埼玉県・比企郡)
種類  吟醸酒
精米歩合  60%
日本酒度  +3
酸度  1.5
アルコール度  15度

秋刀魚の梅昆布蒸し、たたききゅうりで晩酌

秋刀魚の梅昆布蒸し、たたききゅうりで晩酌

  • ほうれん草の味噌汁
  • ぬか漬け
  • たたききゅうり
  • 秋刀魚の梅昆布蒸し

ほうれん草の味噌汁

ほうれん草の味噌汁

ほうれん草と白ねぎをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布と秋刀魚の頭。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツとにんじん。

たたききゅうり

たたききゅうり

荒く叩き割ったきゅうりをごま油、粗塩、胡椒で和えたもの。

秋刀魚の梅昆布蒸し

秋刀魚の梅昆布蒸し

秋刀魚は頭とお腹をとって筒切りにし、塩を振ってしばらくおいてから出た水分を拭き取っておきます。フライパンに出汁昆布を引き秋刀魚と梅干しを並べて酒を回しかけ、蓋をして蒸し煮に。秋刀魚に火が通ったらうつわに盛り、大根おろしを添えます。

新しい酒を開けた日のつまみが魚だと妙にうれしい。うまい具合に語呂合わせ(?)の出世魚を持ってくることはできませんでしたが、好物の秋刀魚はこれで今季6尾目となかなかいいペースです。

秋刀魚を使ったレシピと献立

さて、本日の味噌汁の出汁は秋刀魚の頭とちょっと恐ろしいことを言っておりますが、以前鯵を食べた時のことを思い出してのこと。

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

秋刀魚の頭も出汁にしちゃえばいいんじゃないの?と思いつくも、鯵ならともかく秋刀魚はさすがに生臭くなるのではないかどうしたものかとしばし逡巡しました。

が、よくよく考えてみれば食べられないほどひどい仕上がりになることはありえないのだし、思い立ったが吉日、果敢に冒険してこその我がデタラメ人生、ということで秋刀魚あら出汁にトライ。熱湯をかけて臭みを抜いた秋刀魚の頭を煮出してみれば、ちゃんと美味しい味噌汁が出来上がって拍子抜けしたのでした。そりゃそうか。

ああ秋刀魚旨いよ秋刀魚。今年はあと何回食卓に上るかな。

 




関連記事

塩手羽大根

塩手羽大根、揚げかまぼこで晩酌。

塩手羽大根。 こういう汁っぽい出汁っぽいものが食べたくなるのは秋が来た証拠でしょうか。

記事を読む

鳥豆腐献立

鶏豆腐、蕪の温サラダ献立。

冬の定番鶏豆腐。この冬2度目の登場です。 関連 宮崎の酒 千徳清酒カップで晩酌 鶏豆腐

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/1 蒸し鶏、きつねチーズ焼き。

By: Iryna Yeroshko[/caption] 8月もうーんと自炊生活を楽しむ所存です

記事を読む

五人娘

千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生わかめ炒め。

なんだか肉っけが続いていた先週。 休肝日明けの献立はちょっと軽めに組んでみました。注文

記事を読む

秋刀魚のしょうが煮

秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全てクリアしたいよね。ということで

記事を読む

チキンソテー ワイン

ワインで家飲み 鶏もも肉のソテー、小松菜のオイル蒸し。

今日はアレが食べたいだのコレが呑みたいだの、食べることに気が回るのは元気な証拠。 と常

記事を読む

あさりと白ねぎライム塩

あさりと白ねぎライム塩、ベトナムなます献立。

ちょうど旅の食記録を書いている最中に、ベトナムで仕入れた調味料を使った献立の順番が回ってきて

記事を読む

蒸し鶏のニラソース

蒸し鶏のニラソース、モロヘイヤときのこの梅ポン酢。

少々食材を買い足して、あれはこうしてこれはこう、などと頭の中で組み立てながら帰宅した夕方。

記事を読む

照り焼きごぼうハンバーグ、水菜の煮びたし献立。

誰しも一生に一度ぐらいはハンバーグに情熱を傾ける時期があるのではないでしょうか。 私も

記事を読む

にじますのぬか漬けタルタル

にじますのぬか漬けタルタルソース添え、蒸しなす献立

古漬けをタルタルソースに使う。これ、結構好きなリメイク手法なのです。 といっても、前

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

岡本太郎展
本職?人間だ。

東京都美術館で開催中の岡本太郎展に行ってきました。 岡

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

初心者 瞑想
もっとラクに生きる方法と、無意識の恐ろしさ。

その後も目の前のことに集中することを心がけながら過ごしていま

→もっと見る

PAGE TOP ↑