埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒で晩酌 秋刀魚の梅昆布蒸し。




181022_ienomi_7

先日埼玉・川越へ出かけておりまして、自分土産に日本酒を購入してまいりました。

蔵造りの街 小江戸川越を歩く。日本散歩・埼玉県

そうそう、今夜はあれを開けましょうねそうしましょう。と、袋から出してみてびっくり。

なんとまったく身に覚えのない、選んだ記憶にない酒が出てきたのです。

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒

181022_ienomi_1

袋から出てきたのはなんと「社長の酒」なる吟醸酒。

売り場に日本酒がずらりと並んでいたので、割とどれにしようかなで適当に選んでパパッと買いました。

買いましたけど、多分、隣にあったものと間違って手に取ってる。意識して選んでいたらこの名称、嫌でも記憶に残っているはずだし。だいたいなんだよ、社長の酒って。

帝松 吟醸 社長の酒 (松岡醸造)

元々鑑評会出品酒で、社長しか飲むことができなかったためこのような名前が付きました。
今では出世酒として多くのお客様に親しまれております。

簡潔にまとまった解説で誠によろしいのですが、私の読解力のなさでしょうか、いまいち意味を測りかねております。鑑評会出品酒、はわかる。しかし社長って、誰。鑑評会は社長しか出席できないのか。そうだとして、それはどこの社長なのか。それとも素人には窺い知れない何か特別なルールがあるのか。

謎は深まるけれど、一番の謎は私がなぜこの酒を無意識のうちに選んだかということ。出世か。出世願望なのか。実は潜在意識下では地位や名誉を欲しているのか。そして同出世酒シリーズとして「部長の宝」という商品もあることをお伝えしておきます。実は社長より部長の方がハードル高いよね。私、なろうと思えばすぐにでも社長になれる立場だけれど、部長は無理だもの。

ところで純米じゃない吟醸酒って久しぶりに飲んだような。思った以上に辛口で華やかな香りと裏腹にガツンとパンチのある味わいは、ヨッ、さすが社長!といったところでしょうか。

埼玉の酒 帝松 社長の酒 吟醸酒 データ

蔵元  松岡醸造(埼玉県・比企郡)
種類  吟醸酒
精米歩合  60%
日本酒度  +3
酸度  1.5
アルコール度  15度

秋刀魚の梅昆布蒸し、たたききゅうりで晩酌

秋刀魚の梅昆布蒸し、たたききゅうりで晩酌

  • ほうれん草の味噌汁
  • ぬか漬け
  • たたききゅうり
  • 秋刀魚の梅昆布蒸し

ほうれん草の味噌汁

ほうれん草の味噌汁

ほうれん草と白ねぎをたっぷり入れた味噌汁。出汁は昆布と秋刀魚の頭。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはキャベツとにんじん。

たたききゅうり

たたききゅうり

荒く叩き割ったきゅうりをごま油、粗塩、胡椒で和えたもの。

秋刀魚の梅昆布蒸し

秋刀魚の梅昆布蒸し

秋刀魚は頭とお腹をとって筒切りにし、塩を振ってしばらくおいてから出た水分を拭き取っておきます。フライパンに出汁昆布を引き秋刀魚と梅干しを並べて酒を回しかけ、蓋をして蒸し煮に。秋刀魚に火が通ったらうつわに盛り、大根おろしを添えます。

新しい酒を開けた日のつまみが魚だと妙にうれしい。うまい具合に語呂合わせ(?)の出世魚を持ってくることはできませんでしたが、好物の秋刀魚はこれで今季6尾目となかなかいいペースです。

秋刀魚を使ったレシピと献立

さて、本日の味噌汁の出汁は秋刀魚の頭とちょっと恐ろしいことを言っておりますが、以前鯵を食べた時のことを思い出してのこと。

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

秋刀魚の頭も出汁にしちゃえばいいんじゃないの?と思いつくも、鯵ならともかく秋刀魚はさすがに生臭くなるのではないかどうしたものかとしばし逡巡しました。

が、よくよく考えてみれば食べられないほどひどい仕上がりになることはありえないのだし、思い立ったが吉日、果敢に冒険してこその我がデタラメ人生、ということで秋刀魚あら出汁にトライ。熱湯をかけて臭みを抜いた秋刀魚の頭を煮出してみれば、ちゃんと美味しい味噌汁が出来上がって拍子抜けしたのでした。そりゃそうか。

ああ秋刀魚旨いよ秋刀魚。今年はあと何回食卓に上るかな。

 




関連記事

セロリと卵の炒めもの

セロリと卵の炒めもの、なすとツナのサラダ献立。

ちょっと久しぶり?にセロリと卵の炒めものを作ってみたらば、セロリ葉が大量すぎてまるで立派なか

記事を読む

晩酌 おつまみ

1人暮らしの家飲みメニュー オクラ豆腐、青梗菜のオイル蒸し。

豚とか鶏とか肉料理の割合が多い我が家の家飲み献立。 肉好きだから、ということもあるので

記事を読む

柿の白和え、れんこんハンバーグおろし添え献立。

柿です。 ぶどうや桃など夏から秋にかけて出てくる果物には好きなものが多いですが、柿には

記事を読む

川鶴純米吟醸wisdom

香川の酒 川鶴 純米吟醸 wisdomで晩酌 牛肉と大根の塩煮、わかめと揚げのぬた。

進んでいます、進んでいます。とうとう香川県までやってまいりました。 関連 勝手に日本酒

記事を読む

ぶりとわかめのしょうが蒸し献立

ぶりとわかめのしょうが蒸し、新玉ねぎの海苔サラダ献立。

わかめをもモサモサ頬張りたくて、わかめの相方を探す旅に出る。 魚とわかめを蒸す。いい。

記事を読む

トマトとオクラのサラダ キャベツとアンチョビのスパゲティ

抜歯で休肝日の食事、キャベツとアンチョビのスパゲティ。

抜歯で休肝日。妙なタイトルをつけてしまいましたが、まんまその通りです。 関連 40過ぎ

記事を読む

オイルサーディン 食べ方

野菜スープ、缶ごとオイルサーディン、レトロドール。

3月らしい暖かい日だったので、なんだか白ワインが呑みたくなりました。 最近ずっと熱燗ば

記事を読む

手羽元黒酢煮

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

先日久しぶりに黒酢を導入しまして。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立

記事を読む

蒸し鶏 柚子胡椒

蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え、豆苗の炒め物。

現在タンパク質積極摂取期間中です。 高タンパク食材ってささみとか胸肉を思い浮かべがちで

記事を読む

ホタルイカときのこのしょうゆ炒め献立

ホタルイカときのこのしょうゆ炒め、蕪とツナの煮もの献立。

ボイルホタルイカをパックで購入したら、思った以上に量がありました。 あら、うれしい。う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

生きていくために必要な最低限のものが揃ってさえいれば。

そういうことらしいので、久しぶりに電車に乗る。 早朝の東京は薄曇りで

折り返し地点で山動く。お腹ぶよぶよ大作戦。

すくすくと育った腹回りの肉に退去を迫る2週間、お腹ぶよぶよ大作戦。

もう増やさないルールを破り、新しくカードを作った理由。

ポイントカードやメンバーズカード、そしてクレジットカードはもう増やさ

ニャチャンでネムノンを食べる
戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約

2週間でウエストマイナスんcm、お腹ぶよぶよ大作戦2020。

「お腹ぶよぶよ大作戦」とは、これからお腹をぶよぶよにするぞという意気

→もっと見る

PAGE TOP ↑