きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2017/10/05 家飯, 食べること ,

きつね納豆で晩酌

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。

油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これまではやや厚みがあり豆腐成分高めの油揚げが好きで長らく使い続けてきました。

しかし、本日のきつね納豆のようになんらかの具材を入れ込むには袋状にしやすいタイプの油揚げのほうがラクなのではと考え、近頃は薄め軽めタイプを常備しています。

油揚げをそのまま焼くならば厚みのあるタイプがいいけれど、コク出しのために味噌汁に入れる場合もこの薄めタイプでいけるなと。登場頻度の高い油揚げについて、まだまだいろいろ考え中。

きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌

きつね納豆、ほうれん草のごま和えで晩酌。

  • 大根のポン酢漬け
  • きのこと新玉ねぎの味噌汁
  • ほうれん草のナムル
  • きつね納豆

きのこと新玉ねぎの味噌汁

きのこと新玉ねぎの味噌汁

本日の味噌汁はエリンギと新玉ねぎ、いりこ出汁。新玉ねぎは最後に入れてさっと火を通すだけに止め、ほのかな辛味を楽しみます。

ほうれん草のナムル

ほうれん草のナムル

色よく茹でたほうれん草を塩、ごま油、すりゴマで和えます。

きつね納豆

きつね納豆

小口に切ったネギをたっぷり加えた納豆を袋状に開いた油揚げに詰め、口を楊枝で止めてフライパンで両面こんがりと焼きます。薬味にはおろししょうがと大根おろしを添えてしょうゆで。

酒器の代わりに白ご飯を添えればうっかり朝ごはんに見えてしまう晩酌献立。おじいちゃんおばあちゃんが喜んで食べてくれそうな品揃えですね。もちろん私もよろこんで飲みますけどね。

日本酒にあうおつまみレシピ

さて、大根おろしが食べたくなり頑張っておろした、はいいけれど、盛り付けるギリギリまでどう使おうか迷いました。ほうれん草とあわせておろしポン酢和えにしようか、それともきつね納豆の薬味に添えようかと。

きつねが焼き上げるまで迷いに迷って結局は薬味に落ち着きましたが、どっちでもよかったなと。ほうれん草をおろしポン酢で食べたならば、きつね納豆には塩を添えて味かぶりを避ければよかったんだしね。

そう、きつね納豆の味付けは何といってもしょうゆ味がスタンダートですが、塩味も結構イケる。豆腐、厚揚げ、油揚げ、この辺りは塩味もイケる。

と、強く思うのは私がこのところめっきり塩味派になったからでしょうか。

なんだかついついしょうゆ味のおかずばっかりになっちゃうんだよなあというしょうゆ派のみなさまも、たまには塩のことを思い出して下さい。必ずやお役に立てることでしょう、と塩が言っているような気がするので一応お伝えしておきます。

 




関連記事

蓬莱小町桜

岐阜の酒 蓬莱小町桜で晩酌 蒸し鶏のネギザーサイ和え、焼き大根。

東海地方に入りました。 ここまで来るとものすごく進んだ気がしてしまいます。 関連

記事を読む

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

レタスチャーハン

休肝日ごはん レタスチャーハン、ねぎのしょうゆスープ献立。

いずれも非常に家庭的な葉野菜である、レタスとキャベツ。 両方好きだけど、我が家の購入及

記事を読む

家飲み献立 12/14 野菜たっぷりの蒸し鍋。

今日は衆議院選挙投票日でした。 みなさん投票行きましたか? 夕方は東京でも雪が降った

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

おろし梅納豆そうめん

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん。

週の初めは休肝日。「飲酒は週5」を、細々と守り続けています。 さて、先日は妙なそうめん

記事を読む

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエ、ナッツ入りサラダで赤ワイン。

ここのところずっと、日本酒ばっかり。たまにはこう、こっくりしたオーブン料理なんかで赤ワインを

記事を読む

おやつに素焼きアーモンド。

すみません、嘘つきました。 正しくは「おつまみに素焼きアーモンド」です。 随分前

記事を読む

焼き大根献立

焼き大根、梅わかめ納豆献立。

先日大根使い回しについて述べました。 豚汁、きのこおろし和え献立。 調理法の頻度

記事を読む

妄想で作り上げる、大人の高度なお遊び。

文字からの情報しか得ていない食べもの。つまり、写真や映像では確認していない料理に対して、ひど

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑