せせり塩焼き、モロヘイヤのおひたし献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

せせり塩焼き献立

今ではすっかり希少食材となってしまったせせり。以前は頻繁に食べてたんだけどなあ。

家飲み献立 鶏すき。

現在の住まい周辺には肉屋やらスーパーやら、食材を調達できる店がうじゃうじゃあるというのに、なぜだかせせりを売っている店がない。

よって久しく登場していなかったせせり。確認してみるとなんと2年ぶりでした。

せせり塩焼き、モロヘイヤのおひたしで晩酌

180827_ienomi_8

  • 焼きなすの味噌汁
  • ぬか漬け
  • モロヘイヤのおひたし
  • せせり塩焼き

焼きなすの味噌汁

焼きなすの味噌汁

大きめに切った焼きなすをどかんと入れた味噌汁。出汁はいりこ、青みはねぎ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはゴーヤとにんじん。

モロヘイヤのおひたし

モロヘイヤのおひたし

ゆでたモロヘイヤをポン酢と鰹節で食べる簡単おひたし。

せせり塩焼き

せせり塩焼き

やや強めに塩を振ったせせりを、油を引かないフライパンで焼きます。途中でねぎを加えて一緒に焼き、うつわに盛ってキャベツとレモン、柚子胡椒を添えました。

さっと塩焼きにするだけで濃厚な鶏肉の旨味が堪能できるせせり。それなりに脂っぽさもあるので山盛り焼いて食べるようなものでもないけど、酒のつまみにはうれしい。この品揃えだと日本酒でもいいなと迷いつつ、喉を潤したくてビールを選択しました。

ビールのおつまみ

家で作る焼き鳥はどう頑張ってもお店のそれには遠く及ばない。炭火でもないし、串打ちテクも焼きテクもないからね。

焼き鳥、白菜としめじの酒粕煮献立。

が、このフライパン焼きせせりは家つまみとして立派に成立している気がするのです。平たい話が、好きなのです。焼いたせせりから出た脂で野菜を炒めたり、炒飯を作ったりするとこれまた美味なのです。じゃあせせり野菜炒めにすればいいのかというと、それはまた方向性が違うのです。

今回はたまたま出先のスーパーで確保したけど、わざわざせせりを買いに遠出するのもアレだし、そろそろ近所の店でも取り扱ってほしいなあ。

 




関連記事

しめじと大根の味噌汁 ぬか漬け しらたき明太 なすのにんにく炒め

なすにんにく炒め、しめじと大根の味噌汁献立。

我慢ならずに今日はなす。 憧れ?のなすのにんにく炒めです。 妄想で作り上げる、大

記事を読む

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要になる節約料理にはてんで疎いので

記事を読む

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンで貝やネムヌォンを満喫。

ベトナム一人旅の食記録、ニャチャン編です。 ホーチミン一人旅、ビール片手に食べたもの。 海沿

記事を読む

青菜と豚肉のからし和え

豚肉と青菜のからし和え、焼きししとう献立。

はいみなさん、お写真撮りますから並んで並んで。 という段階になって、ああまた緑だらけの

記事を読む

葱油の温かいポテトサラダ。

寒くなったからかどうなのか、近頃無性にお腹が空きます。食欲の秋ってやつでしょうか。 よ

記事を読む

かぼちゃと豚肉のにんにく蒸し

かぼちゃと豚肉のにんにく蒸し、小松菜としめじのおひたし献立。

先日に引き続き坊ちゃんかぼちゃの登場です。 関連 白菜と油揚げの卵とじ、ベビーリーフの

記事を読む

嵐のよるに。

40年以上生きていれば否が応でもいろんな経験をしてしまうもの。長く生きていればその分災害に合

記事を読む

西營盤のバーと夜食と坂道と 香港一人旅で食べたもの その2

香港一人旅の食記録、第二弾です。 関連 海老ワンタン麺の食べ比べ、香港一人旅で食べたも

記事を読む

かぶの葉の味噌汁献立

休肝日ごはん にんじんしりしり、かぶの葉の味噌汁献立。

食材をキレイに使い切ってしまいたいタイミングに入ったので、小かぶを投入します。 実の部

記事を読む

豚肉のフライパンロースト

ワインで家飲み 豚肉と野菜のフライパンロースト。

冷え性対策の意味もあり、寒くなってからは夜に家でビールを呑まなくなりました。 よって、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑